橋渡し研究支援人材統合教育・育成センター

センター長 飯島 祥彦

 橋渡し研究支援人材統合教育・育成センターは、これまで医学部、医療科学部、及び大学院内で実績をあげてきた橋渡し研究支援を実施する専門人材の教育・育成機能を、教育推進本部に設置されている他組織と連携しながら、本機関はもとより、本機関外の同機関等にも人材を輩出することを目指す組織として、2022年8月に設立いたしました。
 ここでは2022年4月に開講した「臨床研究・開発教育学」が育成対象とする臨床研究(アカデミアのゴールになる医療の質の向上)と臨床開発(商品化のゴールになる製品開発と実用化)の両方のマインドを持つ医師の他、医師以外の橋渡し研究支援人材をトータルで教育・育成してまいります。
 特に、研究プロセスの支援として学部生や大学院生等にearly exposureを実施し臨床研究リテラシーの向上を図るとともに、開発プロセスの支援として橋渡し研究支援人材の登用を進める計画としています。