研究・業績

研究情報

当診療科では以下の研究を実施しています。

金属アレルギーの新規管理法の確立に関する研究

厚生労働科学研究費補助金[免疫・アレルギー疾患政策研究事業]

医薬品等の安全性評価に用いる動物試験代替法の開発、評価及び標準化に関する研究

日本医療研究開発機構(AMED)研究費[医薬品等規制調和・評価研究事業]

医薬品等の含有成分によるアレルギー発症防止のための評価手法開発に関する研究

日本医療研究開発機構(AMED)研究費[医薬品等規制調和・評価研究事業]

食物経口負荷試験の標準的施行方法の確立と普及を目指す研究

厚生労働科学研究費補助金[免疫・アレルギー疾患政策研究事業]

GRPが関与する果物アレルギーの病態解析

文部科学省 科学研究費助成事業[基盤研究(C)]

アトピー性皮膚炎に対しデュピクセントを使用する患者を対象としたプロスペクティブ観察研究
アレルギー疾患における臨床症状と検査結果の網羅的解析
医療連携パスによるアレルギー診療の質・患者満足度向上に関する検討
アトピー性皮膚炎患者の治療効果と指導の有用性評価
免疫関連疾患および形質の免疫応答遺伝子の解析
小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの原因遺伝子解析とそれに対応する小麦品種の探索
プロテオミクス手法による各種アレルギー疾患の要因解析
医薬品等の安全性評価に関するin vitro 試験(代替法)の開発、国際標準化及び普及促進に関する研究(終了)

AMED 医薬品等規制調和・評価研究事業

皮膚毒性評価ガイダンス作成を目指し、皮膚刺激性を検討している。

医薬部外品及び化粧品配合成分の安全性確保のための規格等に関する研究(終了)

AMED医薬品等規制調和・評価研究事業

加水分解コムギアレルギー患者の事後経過観察や、その他の化粧品等に含有されるタンパク質成分によるアレルギー発症事例の調査・診断法の検討することにより、加水分解コムギアレルギー患者の予後規定因子が明らかになり、患者予後を改善するための手法や、的確かつ迅速なアレルギー発症例診断法の確立につながる。

皮膚適用の医薬品等成分による有害事象の機序解明・予測手法の開発のための研究(終了)

AMED医薬品等規制調和・評価研究事業

皮膚適用の医薬品等成分による有害事象の機序を解明し、予測手法の開発、安全性試験の設定ならびに市販後安全対策において早期発見と原因究明方法の設定を目的とする。

ヘアカラーの皮膚アレルギー試験(セルフテスト)実施率向上に関する検討(終了)

承認番号:HM16-384

ヘアカラーによる皮膚障害が、毎年度200件程度、消費者庁の事故情報データバンクに登録されている。酸化染料でのアレルギー性接触皮膚炎が早急な対応課題であり、これは、皮膚アレルギー試験(セルフテスト)を実施することで予防できるものと考えられる。よって本研究では、サロンを対象に、セルフテストの実施率を向上させることを目的に、以下の項目について検討する。①メールによりセルフテストの時期を知らせることが有効か。②定期的に対象者のメールアドレスにセルフテストの説明サイトや関連データを送信することが有効か。③セルフテストの判断を、写真データなどで保存し、皮膚科医からアドバイスすることが有効か。

ロドデノール誘発性脱色素斑に関する調査研究(終了)

承認番号:HM16-363

本研究では、ロドデノール含有製品により脱色素斑を生じた患者を対象に、治療と予後をアンケート調査し、収集した患者情報から新しい治療法の可能性があるか調査する。また、文献、学会発表等で報告された治療法に関する情報を専門家の見地で吟味評価し、以上をまとめ、有用な情報として、医療従事者には学会誌への投稿、患者には独自のFAQとして、情報を提供する事を目標とする。

業績

当診療科の業績は以下の通りです。

英文

Patch testing with the Japanese baseline series 2015: A 4-year experience.

Ito A, Suzuki K, Matsunaga K, Yagami A, Ito T, Tamagawa-Mineoka R, Adachi A, Sugiura M, Miyazawa H, Kato A, Nakada T, Nishioka K, Kubota Y, Matsukura S, Watanabe Y, Asada H, Kanto H.

Contact Dermatitis. 2022 Mar;86(3):189-195.

Fish collagen as a potential indicator of severe allergic reactions among patients with fish allergies.

Shimojo N, Yagami A, Ohno F, Tsurumi Y, Nakamura M, Suzuki K, Kuwabara K, Futamura K, Ohno S, Yokogawa T, Horiguchi T, Matsunaga K.

Clin Exp Allergy. 2022 Jan;52(1):183-187.

Anaphylaxis in a pectin- and cashew nut-allergic child caused by a citrus bath.

Washio K, Nakamura M, Sato N, Hori M, Matsubara K, Ogura K, Oda Y, Fukunaga A, Yagami A, Matsunaga K.

Allergol Int. 2022 Jan;71(1):155-157.

Contact dermatitis caused by a disposable paper napkin containing colophonium.

Suzuki K, Futamura K, Kawakami T, Numata M, Sasaki K, Matsunaga K, Yagami A.

Contact Dermatitis. 2021 Sep;85(3):377-379.

Genome-wide association study reveals an association between the HLA-DPB1∗02:01:02 allele and wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis.

Fukunaga K, Chinuki Y, Hamada Y, Fukutomi Y, Sugiyama A, Kishikawa R, Fukunaga A, Oda Y, Ugajin T, Yokozeki H, Harada N, Suehiro M, Hide M, Nakagawa Y, Noguchi E, Nakamura M, Matsunaga K, Yagami A, Morita E, Mushiroda T.

Am J Hum Genet. 2021 Aug 5;108(8):1540-1548.

Rhododendrol-induced leukoderma update II: Pathophysiology, mechanisms, risk evaluation, and possible mechanism-based treatments in comparison with vitiligo.

Inoue S, Katayama I, Suzuki T, Tanemura A, Ito S, Abe Y, Sumikawa Y, Yoshikawa M, Suzuki K, Yagami A, Masui Y, Ito A, Matsunaga K.

J Dermatol. 2021 Jul;48(7):969-978.

Antigen analysis of patients with gastrointestinal symptoms resulting from immediate allergic reactions to mushrooms.

Sato N, Suzuki K, Yagami A, Futamura K, Kobayashi T, Nakamura M, Matsunaga K.

Allergol Int. 2021 Jul;70(3):382-385.

Rhododendrol-induced leukoderma update I: Clinical findings and treatment.

Matsunaga K, Suzuki K, Ito A, Tanemura A, Abe Y, Suzuki T, Yoshikawa M, Sumikawa Y, Yagami A, Masui Y, Inoue S, Ito S, Katayama I.

J Dermatol. 2021 Jul;48(7):961-968.

Adult-Onset Sheep's Milk Allergy in a Patient Without Cow's Milk Allergy.

Suzuki K, Futamura K, Hasegawa E, Aoki Y, Nakamura M, Matsunaga K, Yagami A.

J Investig Allergol Clin Immunol. 2021 Jun 22;31(3):273-274.

Contact urticaria caused by carmine-containing eyeshadows; the causative allergen is carminic acid rather than CC38K.

Suzuki K, Futamura K, Sato N, Nakamura M, Matsunaga K, Yagami A.

Contact Dermatitis. 2021 Jun;84(6):468-469.

Multicenter 1-month follow-up study of the patch-test reaction to the gold sodium thiosulfate of the TRUE Test and its association with piercings and dental metal history.

Suzuki K, Matsunaga K, Ito A, Yagami A, Ito T, Miyazawa H, Sugiura M, Adachi A, Kubota Y, Watanabe Y, Kato A, Nishioka K, Fukunaga A, Mochizuki M, Ikezawa Y, Tsunoda T, Takayama K, Washizaki K, Yokozeki H, Ishihara T, Asada H, Kanto H.

Contact Dermatitis. 2021 Aug;85:154-163.

Two cases of fermented soybean (natto) allergy diagnosed using the skin prick test and enzyme linked immunosorbent assay for poly-γ-glutamic acid.

Suzuki K, Futamura K, Sato N, Nakamura M, Matsunaga K, Yagami A.

J Dermatol. 2020 Dec;47(12):e429-e430.

Genome-wide association study identifies CDH13 as a susceptibility gene for rhododendrol-induced leukoderma.

Okamura K, Abe Y, Naka I, Ohashi J, Yagami A, Matsunaga K, Kobayashi Y, Fukai K, Tanemura A, Katayama I, Masui Y, Ito A, Yamashita T, Nagai H, Nishigori C, Oiso N, Aoyama Y, Araki Y, Saito T, Hayashi M, Hozumi Y, Suzuki T.

Pigment Cell Melanoma Res. 2020 Nov;33(6):826-833.

A case of hen's egg-dependent exercise-induced immediate-type allergy.

Onoda Y, Aoki Y, Nagai A, Hasegawa E, Nakamura M, Suzuki K, Futamura K, Hirosima M, Horiguchi T, Matsunaga K, Yagami A.

Allergol Int. 2020 Jul;69(3):476-477.

Case of anaphylaxis due to lotus root.

Nishimura-Tagui M, Hayama K, Fujita H, Sato N, Nakamura M, Yagami A, Matsunaga K, Terui T.

J Dermatol. 2020 Jun;47(6):e227-e228.

Novel mutation in the KITLG gene in familial progressive hyperpigmentation with or without hypopigmentation.

Kato M, Yagami A, Tsukamoto T, Shinkai Y, Kato T, Kurahashi H.

J Dermatol. 2020 Jun;47(6):669-672.

In vitro basophil activation is reduced by short-term omalizumab treatment in hydrolyzed wheat protein allergy.

Chinuki Y, Yagami A, Adachi A, Matsunaga K, Ugajin T, Yokozeki H, Hayashi M, Katayama I, Kohno K, Shiwaku K, Morita E.

Allergol Int. 2020 Apr;69(2):284-286.

Long-term dynamics of omega-5 gliadin-specific IgE levels in patients with adult-onset wheat allergy.

Hamada Y, Chinuki Y, Fukutomi Y, Nakatani E, Yagami A, Matsunaga K, Oda Y, Fukunaga A, Adachi A, Hiragun M, Hide M, Morita E.

J Allergy Clin Immunol Pract. 2020 Mar;8(3):1149-1151.

Allergic contact dermatitis caused by tetrahydrofurfuryl acrylate in the adhesive of clip-on earrings.

Suzuki K, Matsunaga K, Sasaki K, Yagami A.

Contact Dermatitis. 2020 Feb;82(2):131-133.

HLA-DQ and RBFOX1 as susceptibility genes for an outbreak of hydrolyzed wheat allergy.

Noguchi E, Akiyama M, Yagami A, Hirota T, Okada Y, Kato Z, Kishikawa R, Fukutomi Y, Hide M, Morita E, Aihara M, Hiragun M, Chinuki Y, Okabe T, Ito A, Adachi A, Fukunaga A, Kubota Y, Aoki T, Aoki Y, Nishioka K, Adachi T, Kanazawa N, Miyazawa H, Sakai H, Kozuka T, Kitamura H, Hashizume H, Kanegane C, Masuda K, Sugiyama K, Tokuda R, Furuta J, Higashimoto I, Kato A, Seishima M, Tajiri A, Tomura A, Taniguchi H, Kojima H, Tanaka H, Sakai A, Morii W, Nakamura M, Kamatani Y, Takahashi A, Kubo M, Tamari M, Saito H, Matsunaga K.

J Allergy Clin Immunol. 2019 Nov;144(5):1354-1363.

New findings, pathophysiology, and antigen analysis in pollen-food allergy syndrome.

Yagami A, Ebisawa M.

Curr Opin Allergy Clin Immunol. 2019 Jun;19(3):218-223.

Positive reactions to gold sodium thiosulfate in patch test panels (TRUE Test) in Japan: A multicentre study.

Suzuki K, Yagami A, Ito A, Kato A, Miyazawa H, Kanto H, Matsunaga K.

Contact Dermatitis. 2019 Feb;80(2):114-117.

Case of anaphylaxis caused by black ginger in a dietary supplement.

Hayashi E, Sowa-Osako J, Fukai K, Natsumi A, Yagami A, Sato N, Shimojo N, Nakamura M, Matsunaga K, Tsuruta D.

J Dermatol. 2019 Feb;46(2):e56-e57.

Cochineal dye-induced immediate allergy: Review of Japanese cases and proposed new diagnostic chart.

Takeo N, Nakamura M, Nakayama S, Okamoto O, Sugimoto N, Sugiura S, Sato N, Harada S, Yamaguchi M, Mitsui N, Kubota Y, Suzuki K, Terada M, Nagai A, Sowa-Osako J, Hatano Y, Akiyama H, Yagami A, Fujiwara S, Matsunaga K.

Allergol Int. 2018 Oct;67(4):496-505.

Evaluation of serum IgE in peach-allergic patients with systemic reaction by using recombinant Pru p 7 (gibberellin-regulated protein).

Mori Y, Okazaki F, Inuo C, Yamaguchi Y, Masuda S, Sugiura S, Fukuie T, Nagao M, Tsuge I, Yosikawa T, Yagami A, Matsunaga K, Fujisawa T, Ito K, Narita H, Kondo Y; Fruits Allergy Component Study Group, Japan.

Allergol Immunopathol (Madr). 2018 Sep-Oct;46(5):482-490.

Food-induced anaphylaxis in two patients who were using soap containing foodstuffs.

Tamagawa-Mineoka R, Masuda K, Yagami A, Nakamura M, Sato N, Matsunaga K, Katoh N.

Allergol Int. 2018 Jul;67(3):427-429.

Laminin-332 regulates differentiation of human interfollicular epidermal stem cells.

Yamada T, Hasegawa S, Miyachi K, Date Y, Inoue Y, Yagami A, Arima M, Iwata Y, Yamamoto N, Nakata S, Matsunaga K, Sugiura K, Akamatsu H.

Mech Ageing Dev. 2018 Apr;171:37-46.

Localization of collagen type 5 in the papillary dermis and its role in maintaining stem cell functions.

Hasebe Y, Hasegawa S, Date Y, Nakata S, Yagami A, Iwata Y, Sugiura K, Akamatsu H.

J Dermatol Sci. 2018 Feb;89(2):205-207.

Outbreak of immediate-type hydrolyzed wheat protein allergy due to a facial soap in Japan.

Yagami A, Aihara M, Ikezawa Z, Hide M, Kishikawa R, Morita E, Chinuki Y, Fukutomi Y, Urisu A, Fukushima A, Itagaki Y, Sugiura SI, Tanaka H, Teshima R, Kato Z, Noguchi E, Nakamura M, Saito H, Matsunaga K.

J Allergy Clin Immunol. 2017 Sep;140(3):879-881.

A multi-institutional joint study of contact dermatitis related to hair colouring and perming agents in Japan.

Ito A, Nishioka K, Kanto H, Yagami A, Yamada S, Sugiura M, Yasunaga C, Yoshii K, Kobayashi H, Adachi A, Ikezawa Y, Washizaki K, Inui S, Miyazawa H, Oiso N, Nakata T, Matsunaga K.

Contact Dermatitis. 2017 Jul;77(1):42-48.

Efficacy and safety of omalizumab in Japanese and Korean patients with refractory chronic spontaneous urticaria.

Hide M, Park HS, Igarashi A, Ye YM, Kim TB, Yagami A, Roh J, Lee JH, Chinuki Y, Youn SW, Lee SK, Inomata N, Choi JH, Fukunaga A, Wang J, Matsushima S, Greenberg S, Khalil S.

J Dermatol Sci. 2017 Jul;87(1):70-78.

Case of allergic contact dermatitis caused by sorbitan derivatives included in an over-the-counter topical medicament.

Yokoi A, Suzuki K, Takahashi M, Yagami A, Matsunaga K.

J Dermatol. 2017 Jun;44(6):e113-e114.

Occupational fish allergy caused by percutaneous sensitization with α-actinin-3.

Shimojo N, Yagami A, Nakamura M, Nagai A, Matsunaga K.

Contact Dermatitis. 2017 May;76(5):322-323.

Effects of different base agents on prediction of skin irritation by sodium lauryl sulfate using patch testing and repeated application test.

Horita K, Horita D, Tomita H, Yasoshima M, Yagami A, Matsunaga K.

Toxicology. 2017 May 1;382:10-15.

One-year safety and efficacy study of bilastine treatment in Japanese patients with chronic spontaneous urticaria or pruritus associated with skin diseases.

Yagami A, Furue M, Togawa M, Saito A, Hide M.

J Dermatol. 2017 Apr;44(4):375-385.

Efficacy and safety of bilastine in Japanese patients with chronic spontaneous urticaria: A multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled, parallel-group phase II/III study.

Hide M, Yagami A, Togawa M, Saito A, Furue M.

Allergol Int. 2017 Apr;66(2):317-325.

邦文

【食物アレルギー:診療の基本と最新情報】(Part2.)成人の食物アレルギー(topics 1) 花粉-食物アレルギー症候群(PFAS)

二村 恭子, 矢上 晶子

Visual Dermatology21巻1号 Page53-55(2021.12)

【食物アレルギー:診療の基本と最新情報】(Part3.)食物アレルギーの診断法(解説2) 皮膚テスト

二村 恭子, 矢上 晶子

Visual Dermatology21巻1号 Page66-70(2021.12)

【小児疾患診療のための病態生理2 改訂第6版】アレルギー疾患 ラテックスアレルギー

矢上 晶子

小児内科53巻増刊 Page830-833(2021.12)

ガイドラインのワンポイント解説 蕁麻診療ガイドライン2018 改定のポイント

矢上 晶子

アレルギー70巻10号 Page1351-1357(2021.12)

【接触皮膚炎の最近の話題】ジャパニーズベースラインシリーズ(JBS)2015

鈴木 加余子

アレルギーの臨床41巻11号 Page947-950(2021.10)

【花粉-食物アレルギー症候群(PFAS)って、なに?】PFASの診断

矢上 晶子

チャイルド ヘルス24巻9号 Page659-662(2021.09)

【増えている大人の消化管アレルギー】食物アレルギー その他の成人にみられる食物アレルギー

矢上 晶子

診断と治療109巻7号 Page929-933(2021.07)

【診察室での患者さんの質問に答えます】慢性蕁麻疹 もう飲まなくても大丈夫のように思うので,試しに飲むのを止めて様子をみたいと思うのですが,いかがでしょうか

矢上 晶子

皮膚科の臨床63巻6号 Page810-812(2021.06)

【食物アレルギー-変わる常識と新たなクリニカルパール】食物アレルゲン別の診療のコツ エビ、カニ、イカ、貝類

矢上 晶子

小児内科53巻6号 Page988-990(2021.06)

【蕁麻疹と蕁麻疹に似た疾患-病型鑑別からはじめよう】(Part2)刺激誘発型の蕁麻疹(case16) 接触蕁麻疹

矢上 晶子

Visual Dermatology20巻6号 Page602-603(2021.05)

【日常診療にこの1冊!皮膚アレルギー診療のすべて】接触皮膚炎 パッチテストパネル(S)の活用法

矢上 晶子

Derma. 307号 Page121-128(2021.04)

【口腔アレルギー症候群-診断と治療-】ラテックス-フルーツ症候群

矢上 晶子

ENTONI254号 Page37-43(2021.02)

【外来で出会うアレルギー疾患-Total Allergist入門】知っておくべきアレルギー疾患とその周辺疾患 花粉-食物アレルギー症候群

矢上 晶子

Medicina 58巻2号 Page273-278(2021.02)

【接触皮膚炎のマネージメント】接触皮膚炎の原因を見抜くために Japanese Standard Allergen Series(Japanese Baseline Series)とは

鈴木 加余子

皮膚科の臨床 62巻13号 Page1784-1794(2020.12)

化粧品パッチテスト2015年のまとめ

小野田 裕子, 矢上 晶子, 永井 晶代, 岩田 洋平, 鈴木 加余子, 松永 佳世子

日本皮膚免疫アレルギー学会雑誌3巻3号 Page391-402(2020.10)

歯根管消毒薬中のホルムアルデヒドによりアナフィラキシーショックを呈した1例

熊野 友華, 永井 晶代, 鈴木 加余子, 岡部 光邦, 杉浦 一充

日本皮膚免疫アレルギー学会雑誌 3巻3号 Page420-424(2020.10)

【皮疹はこう見る,こう表現する】よく見る皮膚疾患を発疹レベルで理解する 皮膚炎・蕁麻疹など 接触皮膚炎

矢上 晶子

Medicina 57巻11号 Page1866-1867(2020.10)

【皮膚科医必携!外用療法・外用指導のポイント】外用薬と外用療法の基礎知識 外用薬による接触皮膚炎

矢上 晶子

Derma. 300号 Page39-44(2020.09)

【アナフィラキシーと遺伝性血管性浮腫の新たな知見】ラテックス-フルーツ症候群の新たな知見

矢上 晶子

臨床免疫・アレルギー科74巻2号 Page140-145(2020.08)

【化粧・香粧品による皮膚トラブルと患者指導】化粧・香粧品による接触皮膚炎のトレンド(日本の現状) みつけたらどう対応すればよいのか?被害救済と報告システムSSCI-Net

鈴木 加余子, 杉山 真理子

Derma. 299号 Page37-44(2020.08)

新・皮膚科セミナリウム 接触皮膚炎の基礎 JSAの陽性率から見る日本人の金属アレルギー

鈴木 加余子

日本皮膚科学会雑誌 130巻8号 Page1801-1804(2020.07)

【まるわかり皮膚科生体検査 診断ツールを完全マスター】(Part.2)皮膚の機能を評価しよう アレルギー検査 皮膚貼布試験

鈴木 加余子

Visual Dermatology 19巻臨時増刊号 Page102-107(2020.06)

【付属器疾患 その疑問にお答えします!-ニキビから巻き爪までQ&A50-】(第I章)毛 (Q13)ヘアカラー(毛染め)による健康被害について教えてください(Q&A/特集)

矢上 晶子

皮膚科の臨床62巻6号 Page747-750(2020.05)

【付属器疾患 その疑問にお答えします!-ニキビから巻き爪までQ&A50-】(第IV章)爪 (Q49)ジェルネイルによる健康被害について教えてください(Q&A/特集)

鈴木 加余子

皮膚科の臨床 62巻6号 Page996-1000(2020.05)

薬剤師のための特別講義!専門医が教える薬疹、薬剤性皮膚障害(第7回) 薬剤による接触皮膚炎(解説)

矢上 晶子

調剤と情報 26巻6号 Page1098-1101(2020.05)

トリベノシド・リドカイン軟膏によるアレルギー性接触皮膚炎および接触皮膚炎症候群の3例

良元 のぞみ, 永井 晶代, 鈴木 加余子, 杉浦 一充

日本皮膚免疫アレルギー学会雑誌3巻2号 Page355-361(2020.04)

日本皮膚科学会ガイドライン 接触皮膚炎診療ガイドライン2020

高山 かおる, 横関 博雄, 松永 佳世子, 片山 一朗, 相場 節也, 池澤 善郎, 足立 厚子, 戸倉 新樹, 夏秋 優, 古川 福実, 矢上 晶子, 乾 重樹, 池澤 優子, 相原 道子, 日本皮膚科学会接触皮膚炎診療ガイドライン改定委員会

日本皮膚科学会雑誌130巻4号 Page523-567(2020.04)

【"顔の赤み"鑑別・治療アトラス】接触蕁麻疹による顔の赤み

矢上 晶子

Derma. 294号 Page68-72(2020.04)

皮膚をみる人たちのための化粧品知識 化粧品が原因の皮膚トラブルの見分け方

矢上 晶子

日本香粧品学会誌44巻1号 Page36-45(2020.03)

【蕁麻疹の病態・診断・治療アップデート(ガイドラインを含む)】蕁麻疹の病勢の評価方法

矢上 晶子

アレルギーの臨床 40巻3号Page191-194(2020.03)

蕁麻疹のガイドライン2018 洗練されたエビデンスと行動とは 蕁麻疹ガイドライン

矢上 晶子

日本臨床皮膚科医会雑誌37巻1号 Page2-6(2020.01)

【日常に潜む接触皮膚炎】リストバンドによるアレルギー性接触皮膚炎

花谷 祐未, 村山 直也, 竹中 基, 室田 浩之, 河上 強志, 鈴木 加余子

皮膚病診療 42巻1号Page34-37(2020.01)

【重症アレルギー疾患の特徴】重症食物アレルギーの特徴

矢上 晶子

臨床免疫・アレルギー科72巻6号 Page634-641(2019.12)

専門医のためのアレルギー学講座 食物アレルギー(成人含む) 成人の診療の最新の進歩(OAS・FDEIA・その他)

矢上 晶子

アレルギー 68巻10号Page1174-1179(2019.12)

【吸入薬・局所治療薬の上手な使用】アトピー性皮膚炎の外用療法

鈴木加余子

アレルギーの臨床39巻Page1049-1052(2019.12)

【知らぬと見逃す食物アレルギー】茶のしずく石鹸による即時型小麦アレルギー

中村 政志, 矢上 晶子, 松永 佳世子

Derma. 289号Page21-30(2019.11)

【美容皮膚科医が知っておくべき化粧品の知識】化粧品障害

矢上 晶子

美容皮膚医学Beauty2巻7号 Page83-91(2019.07)

【変わりつつあるアトピー性皮膚炎の常識-最新の知識と治療の極意】(第II章)治療の極意 合併症への対応 ステロイド外用薬による接触皮膚炎への対応

矢上 晶子

皮膚科の臨床61巻6号Page 1020-1025(2019.05)

【耳鼻咽喉科医が頻用する内服・外用薬-選び方・上手な使い方-】他科専門医から耳鼻咽喉科医へ 耳鼻咽喉科医が知っておくべきアトピー性皮膚炎の内服・外用薬

矢上 晶子

ENTONI (1346-2067)231号Page 144-151(2019.04)

【金属アレルギー診療update】最近の金属パッチテスト陽性率

鈴木加余子

Derma. 282号Page 45-53(2019.04)

【季節に応じた正しいスキンケア[冬編]~健やかな肌を守るために~】スキンケア製品、乾燥時期の化粧品による皮膚障害を見逃さないために 皮膚障害早期発見の秘訣

矢上 晶子

美容皮膚医学Beauty2巻2号 Page 6-14(2019.02)

【アレルギー疾患update-最新の治療動向と展望-】アレルギー疾患別に見た治療の現状と展望 その他のアレルギー疾患 接触皮膚炎診療update

矢上 晶子

日本臨床77巻1号Page 143-147(2019.01)

【植物由来原料とバイオマテリアル開発の接点】植物由来成分とアレルギー

矢上 晶子

バイオマテリアル-生体材料-37巻1号Page 46-49(2019.01)

【赤ちゃんとお母さんのためのアレルギー読本】[お母さん]-その他 妊娠後、ネックレスをしたら首が痒くなりました。妊娠で金属アレルギーになってしまったのでしょうか。赤ちゃんに影響はありますか(Q&A/特集)

矢上 晶子

周産期医学48巻増刊Page 212-213 (2018.12)

【赤ちゃんとお母さんのためのアレルギー読本】[お母さん]-その他 妊娠中にヘアカラーをしても大丈夫ですか(Q&A/特集)

矢上 晶子

周産期医学48巻増刊Page 214-215 (2018.12)

【赤ちゃんとお母さんのためのアレルギー読本】[お母さん]-その他 知人がラテックスアレルギーで帝王切開術のときにショックになって大変だったと聞いて、自分がラテックスアレルギーかどうか心配です。どうやったらわかりますか(Q&A/特集)

矢上 晶子

周産期医学8巻増刊Page 216-217(2018.12)

日本皮膚科学会ガイドライン 蕁麻疹診療ガイドライン2018

秀 道広, 森桶 聡, 福永 淳, 平郡 隆明, 千貫 祐子, 猪又 直子, 益田 浩司, 谷崎 英昭, 中川 幸延, 矢上 晶子, 中原 剛士, 戸倉 新樹, 青島 正浩, 藤澤 隆夫, 中村 陽一, 堀川 達弥, 五十嵐 敦之, 日本皮膚科学会蕁麻疹診療ガイドライン改定委員会

日本皮膚科学会雑誌 128巻12号Page 2503-2624(2018.11)

【アレルギー診療 総合トレーニング!】《アレルギー診療トレーニング》 口腔アレルギー症候群

矢上 晶子

Modern Physician 38巻10号Page 1073-1074(2018.10)

ロドデノール誘発性脱色素斑調査研究報告2018

松永 佳世子, 鈴木 加余子, 鈴木 民夫, 澄川 靖之, 吉川 桃子, 伊藤 祥輔, 片山 一朗, 矢上 晶子, 伊藤 明子, 増井 由紀子, 種村 篤, 阿部 優子, 井上 紳太郎, ロドデノール誘発性脱色素斑に関する調査研究チーム(RD-Team)

日本皮膚科学会雑誌128巻11号Page 2255-2267(2018.10)

【スペシャリストに聞く 産婦人科でのアレルギー対応法】疾患各論 ラテックスアレルギー,ラテックス-フルーツ症候群

矢上 晶子

臨床婦人科産科72巻8号 Page 777-781(2018.08)

【皮膚科女性外来の実践】女性にみられる即時型アレルギー

矢上 晶子

Derma. 273号Page 9-14(2018.08)

【アレルギー負荷試験 アップデート】スキンプリックテスト

矢上 晶子

アレルギー・免疫25巻8号Page 994-1002(2018.07)

毛髪科学最前線 ヘアケアから再生医療まで ヘアケア製品(染毛剤、シャンプー、リンス)による皮膚障害

矢上 晶子

日本香粧品学会誌 42巻2号Page 104-108(2018.06)

【ヘアカラーリングを安全に行う基礎知識-医療現場と患者、理・美容師のために】 (Part3)症例提示(case1) 酸化染毛剤によるアレルギー性接触皮膚炎 重症例

鈴木加余子, 松永 佳世子

Visual Dermatology 17巻5号Page 460-461 (2018.04)

【皮膚アレルギー疾患のbreakthrough】食物アレルギーと口腔アレルギー症候群

矢上 晶子

Pharma Medica 36巻4号Page 20-24(2018.04)

【薬物アレルギーをめぐって】染毛剤をはじめとする香粧品によるアレルギー

矢上 晶子

アレルギー・免疫25巻5号Page658-664(2018.04)

日本皮膚科学会ガイドライン 手湿疹診療ガイドライン

高山 かおる, 片山 一朗, 室田 浩之, 佐藤 貴浩, 戸倉 新樹, 椛島 健治, 塩原 哲夫, 加藤 則人, 矢上 晶子, 足立 厚子, 横関 博雄, 日本皮膚科学会, 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 手湿疹診療ガイドライン委員会

日本皮膚科学会雑誌128巻3号 Page367-386(2018.03)

【アレルギー素因の最新の考え方】 接触皮膚炎の発症に関わる素因と生活スタイル

矢上 晶子

アレルギーの臨床38巻2号 Page138-141(2018.02)

【食物アレルギー~最近の話題・ガイドラインをふまえて~】 ラテックス-フルーツ症候群・花粉-食物アレルギー症候群

矢上 晶子

アレルギー・免疫25巻1号 Page56-64(2017.12)

【最新アレルギー予防・治療戦略-これからのアレルギーを考える-】 食物アレルギー 移行期・成人の食物アレルギー

矢上 晶子

小児科臨床70巻12号 Page1889-1893(2017.12)

【歯科と連携して治す皮膚疾患(3)】歯科・皮膚科連携を進めるにあたって必要なこと

押村 進, 松永 佳世子, 鈴木 加余子, 池戸 泉美, 押村 憲昭

Visual Dermatology16巻12号 Page1140-1148(2017.11)

【歯科と連携して治す皮膚疾患(3)】(Part4.)症例提示・皮膚科(case4) Archives 歯科治療が奏効した肉芽腫性口唇炎

佐々木 良輔, 鈴木 加余子, 林 哲平, 稲坂 博, 松永 佳世子

Visual Dermatology16巻12号 Page1196-1197(2017.11)

【歯科と連携して治す皮膚疾患(3)】(Part2.)金属アレルギーの臨床 金属パッチテストの実際と注意点

松永 佳世子, 鈴木 加余子

Visual Dermatology(2186-6589)16巻12号 Page1164-1168(2017.11)

【歯科と連携して治す皮膚疾患(3)】(Part2.)金属アレルギーの臨床 歯科から紹介された金属アレルギー 皮膚科の対応

鈴木 加余子

Visual Dermatology16巻12号 Page1170-1174(2017.11)

【歯科と連携して治す皮膚疾患(3)】(Part3.)実践編 歯科と皮膚科の連携 皮膚科から歯科へ 患者を紹介・連携するときの流れ・注意点

鈴木 加余子

Visual Dermatology16巻12号 Page1182-1185(2017.11)

化粧品パッチテスト2014年のまとめ

岩田 貴子, 矢上 晶子, 永井 晶代, 森田 雄介, 小林 束, 岩田 洋平, 松永 佳世子

Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology11巻4号 Page300-309(2017.10)

【接触皮膚炎~最近の動向~】外用薬による接触皮膚炎

鈴木 加余子

アレルギーの臨床37巻10号 Page943-946(2017.09)

【成人食物アレルギーUpdate】化粧品・日用品関連食物アレルギー

矢上 晶子

アレルギーの臨床(0285-6379)37巻9号 Page832-835(2017.08)

非典型的な皮膚症状を呈したChurg-Strauss症候群の1女児例

大脇 さよこ, 犬尾 千聡, 松本 祐嗣, 中島 葉子, 山本 康人, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 伊藤 哲哉, 吉川 哲史

小児科58巻8号 Page805-809(2017.08)

ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2008) 2013年度・2014年度陽性率

鈴木 加余子, 松永 佳世子, 矢上 晶子, 足立 厚子, 池澤 優子, 伊藤 明子, 乾 重樹, 上津 直子, 海老原 全, 大迫 順子, 加藤 敦子, 河合 敬一, 関東 裕美, 杉浦 真理子, 高山 かおる, 中田 土起丈, 西岡 和恵, 宮澤 仁, 吉井 恵子, 鷲崎 久美子

Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology11巻3号 Page234-247(2017.07)

【周術期・歯科治療時のアレルギー】周術期・歯科治療時におけるラテックスアレルギー

矢上 晶子

アレルギーの臨床37巻7号 Page619-623(2017.07)

蕁麻疹の最新治療 臨床におけるビラスチンの使いどころについて

矢上 晶子

APJHP: 愛知県病院薬剤師会雑誌(1340-8801)45巻1号 Page3(2017.07)

【口腔アレルギー症候群(OAS) アップデート】ヨモギ花粉症に合併するPFAS

矢上 晶子

アレルギー・免疫24巻8号 Page1041-1045(2017.07)

【機能からみた外来患者へのスキンケア指導】スキンケア製品、化粧品による皮膚障害を見逃さないために

矢上 晶子

Derma. 259号 Page71-78(2017.07)

【疾患別・知っておきたい 皮膚科の検査とその評価法】接触皮膚炎

矢上 晶子

皮膚科の臨床 59巻6号 Page695-702(2017.05)

【急増中!大人の食物アレルギー】食物アレルギー特殊型 ラテックスアレルギー

矢上 晶子

診断と治療 105巻5号 Page651-655(2017.05)

化粧品パッチテスト2013年のまとめ

安藤 亜希, 矢上 晶子, 鈴木 加余子, 森田 雄介, 小林 束, 永井 晶代, 岩田 洋平, 松永 佳世子

Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 11巻2号 Page110-120(2017.04)

【最近のトピックス2017 Clinical Dermatology 2017】皮膚科医のための臨床トピックス アレルゲンコンポーネント検査

矢上 晶子

臨床皮膚科71巻5号 Page162-164(2017.04)

【最近のトピックス2017 Clinical Dermatology 2017】皮膚科医のための臨床トピックス パッチテストパネル(S)

鈴木 加余子

臨床皮膚科71巻5号 Page165-168(2017.04)

back-to-top