研究・業績

研究情報

当診療科では以下の研究を実施しています。

小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの原因遺伝子解析とそれに対応する小麦品種の探索

平成29年度 基盤研究(C) 17K00938

本研究では発症予測マーカーを探索し、患者らが摂取可能な小麦種を探索することを目的とする。申請者らは既に全ゲノム関連解析により世界初となる加水分解小麦アレルギー疾患感受性遺伝子の同定に成功しており、WDEIAについても同様に全ゲノム関連解析により疾患感受性遺伝子を同定することが可能であると考える。疾患感受性遺伝子が同定された場合には、遺伝子型による発症リスク予測法の開発を行う。さらに、HLAに特徴があった場合には、HLAと小麦遺伝子の結合性をコンピューターシミュレーションにより解析し、WDEIA患者でも摂取可能な(発症前であれば発症予防に繋がる)小麦種の開発基盤を作る。

医薬品等の安全性評価に関するin vitro 試験(代替法)の開発、国際標準化及び普及促進に関する研究

(16mk0101051j0001)医薬品等規制調和・評価研究事業

皮膚毒性評価ガイダンス作成を目指し、皮膚刺激性を検討している。

医薬部外品及び化粧品配合成分の安全性確保のための規格等に関する研究

AMED医薬品等規制調和・評価研究事業

加水分解コムギアレルギー患者の事後経過観察や、その他の化粧品等に含有されるタンパク質成分によるアレルギー発症事例の調査・診断法の検討することにより、加水分解コムギアレルギー患者の予後規定因子が明らかになり、患者予後を改善するための手法や、的確かつ迅速なアレルギー発症例診断法の確立につながる。

皮膚適用の医薬品等成分による有害事象の機序解明・予測手法の開発のための研究

AMED医薬品等規制調和・評価研究事業

皮膚適用の医薬品等成分による有害事象の機序を解明し、予測手法の開発、安全性試験の設定ならびに市販後安全対策において早期発見と原因究明方法の設定を目的とする。

プロテオミクス手法による各種アレルギー疾患の要因解析

承認番号:HM16-371

様々なアレルギー疾患を対象とし、独自性を持った最新のプロテオミクス手法により、世界に先駆けて原因抗原を網羅的かつ詳細に解析することを試みる。より具体的には、患者さんから得た血液等を用い、イムノブロット法、二次元電気泳動法、質量分析法等の手法を組み合わせ、様々なアレルギー疾患の原因抗原を詳細に特定することを行う。得られた研究結果は、統計学的手法により各症例の臨床情報と相関解析される。臨床情報をより安全に取扱い、研究結果とより効率的に相互解析するため、最新のITシステムを活用する。

ヘアカラーの皮膚アレルギー試験(セルフテスト)実施率向上に関する検討

承認番号:HM16-384

ヘアカラーによる皮膚障害が、毎年度200件程度、消費者庁の事故情報データバンクに登録されている。酸化染料でのアレルギー性接触皮膚炎が早急な対応課題であり、これは、皮膚アレルギー試験(セルフテスト)を実施することで予防できるものと考えられる。よって本研究では、サロンを対象に、セルフテストの実施率を向上させることを目的に、以下の項目について検討する。①メールによりセルフテストの時期を知らせることが有効か。②定期的に対象者のメールアドレスにセルフテストの説明サイトや関連データを送信することが有効か。③セルフテストの判断を、写真データなどで保存し、皮膚科医からアドバイスすることが有効か。

ロドデノール誘発性脱色素斑に関する調査研究

承認番号:HM16-363

本研究では、ロドデノール含有製品により脱色素斑を生じた患者を対象に、治療と予後をアンケート調査し、収集した患者情報から新しい治療法の可能性があるか調査する。また、文献、学会発表等で報告された治療法に関する情報を専門家の見地で吟味評価し、以上をまとめ、有用な情報として、医療従事者には学会誌への投稿、患者には独自のFAQとして、情報を提供する事を目標とする。

業績

当診療科の業績は以下の通りです。

英文

Outbreak of immediate-type hydrolyzed wheat protein allergy due to a facial soap in Japan

Yagami A, Aihara M, Ikezawa Z, Hide M, Kishikawa R, Morita E, Chinuki Y, Fukutomi Y, Urisu A, Fukushima A, Itagaki Y, Sugiura SI, Tanaka H, Teshima R, Kato Z, Noguchi E, Nakamura M, Saito H, Matsunaga K.

J Allergy Clin Immunol. 2017 May 16. pii: S0091-6749(17)30574-2. doi: 10.1016/j.jaci.2017.03.019. [Epub ahead of print]

Occupational fish allergy caused by percutaneous sensitization with α-actinin-3

Shimojo N, Yagami A, Nakamura M, Nagai A, Matsunaga K.

Contact Dermatitis 76:322-323,2017

One-year safety and efficacy study of bilastine treatment in Japanese patients with chronic spontaneous urticaria or pruritus associated with skin diseases

Yagami A, Furue M, Togawa M, Saito A, Hide M.

J Dermatol. 44:375-385,2017

Efficacy and safety of bilastine in Japanese patients with chronic spontaneous urticaria: A multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled, parallel-group phase II/III study

Hide M, Yagami A, Togawa M, Saito A, Furue M.

Allergol Int. 66:317-325,2017

A multi-institutional joint study of contact dermatitis related to hair colouring and perming agents in Japan

Ito A, Nishioka K, Kanto H, Yagami A, Yamada S, Sugiura M, Yasunaga C, Yoshii K, Kobayashi H, Adachi A, Ikezawa Y, Washizaki K, Inui S, Miyazawa H, Oiso N, Nakata T, Matsunaga K.

Contact Dermatitis 77:42-48,2017

Efficacy and safety of omalizumab in Japanese and Korean patients with refractory chronic spontaneous urticaria

Hide M, Park HS, Igarashi A, Ye YM, Kim TB, Yagami A, Roh J, Lee JH, Chinuki Y, Youn SW, Lee SK, Inomata N, Choi JH, Fukunaga A, Wang J, Matsushima S, Greenberg S, Khalil S.

J Dermatol Sci. 87:70-78,2017

Effects of different base agents on prediction of skin irritation by sodium lauryl sulfate using patch testing and repeated application test

Horita K, Horita D, Tomita H, Yasoshima M, Yagami A, Matsunaga K.

Toxicology 382:10-15,2017

Case of allergic contact dermatitis caused by sorbitan derivatives included in an over-the-counter topical medicament

Yokoi A, Suzuki K, Takahashi M, Yagami A, Matsunaga K.

J Dermatol. 44:e113-e114,2017

Mucous membrane pemphigoid reactive only with BP230

Inoue T, Yagami A, Iwata Y, Ishii N, Hashimoto T, Matsunaga K.

J Dermatol. 43:1228-1229,2016

Microorganisms inhabiting follicular contents of facial acne are not only Propionibacterium but also Malassezia spp.

Akaza N, Akamatsu H, Numata S, Yamada S, Yagami A, Nakata S, Matsunaga K.

J Dermatol. 43:906-911,2016

Evaluation of the cross-reactivity of antigens in Glupearl 19S and other hydrolysed wheat proteins in cosmetics

Nakamura M, Yagami A, Hara K, Sano-Nagai A, Kobayashi T, Matsunaga K.

Contact Dermatitis 74:346-352,2016

Age-related decrease in CD271(+)cells in human skin

Akamatsu H,Hasegawa S,Yamada T,Mizutani H,Nakata S, Yagami A,Matsunaga K.

J Dermatol. 43:311-313,2016

Case of immediate hypersensitivity to beer

Inoue T, Yagami A, Shimojo N, Hara K, Nakamura M, Matsunaga K.

J Dermatol. 43:690-692,2016

A patient with giant rippled-pattern seaceoma in the occipital region

TakahashiM, Arima M,Iwata Y, Suzuki K, Mizoguchi Y, Kuroda M, Matsunaga K

Case Rep Dermatol. 8:107-111,2016

Anaphylactic augmentation by epicutaneous sensitization to acid-hydrolyzed wheat protein in a guinea pig model

Matsunaga K, Kuroda Y, Sakai S, Adachi R, Teshima R, Yagami A, Itagaki H.

J Toxicol Sci. 40:745-752,2015

Immediate allergy due to raw garlic (Allium sativum L.)

Yagami A, Suzuki K, Sano A, Iwata Y, Arima M, Moriyama T, Matsunaga K.

J Dermatol. 42:1026-1027,2015

Drugs causing severe ocular surface involvements in Japanese patients with Stevens-Johnson syndrome/toxic epidermal necrolysis

Kaniwa N, Ueta M, Nakamura R, Okamoto-Uchida Y, Sugiyama E, Maekawa K, Takahashi Y, Furuya H, Yagami A, Matsukura S, Ikezawa Z, Matsunaga K, Sotozono C, Aihara M, Kinoshita S, Saito Y.

Allergol Int. 64:379-381,2015

Development of a simple genotyping method for the HLA-A*31:01-tagging SNP in Japanese

Maekawa K, Nakamura R, Kaniwa N, Mizusawa S, Kitamoto A, Kitamoto T, Ukaji M, Matsuzawa Y, Sugiyama E, Uchida Y, Kurose K, Ueta M, Sotozono C, Ikeda H, Yagami A, Matsukura S, Kinoshita S, Muramatsu M, Ikezawa Z, Sekine A, Furuya H, Takahashi Y, Matsunaga K, Aihara M, Saito Y,Japan Pharmacogenomics Data Science Consortium.

Pharmacogenomics 16:1689-1699,2015

Rhododendrol-induced leukoderma accompanied by allergic contact dermatitis caused by a non-rhododendrol skin-lightening agent, 5,5'-dipropylbiphenyl-2,2'-diol

Yagami A, Suzuki K, Sano A, Takahashi M, Kobayashi T, Morita Y, Ando A, Iwata Y, Matsunaga K.

J Dermatol.,42:739-740,2015

Two cases of occupational contact urticaria caused by percutaneous sensitization to parvalbumin

Sano A, Yagami A, Suzuki K, Iwata Y, Kobayashi T, Arima M, Kondo Y, Yoshikawa T, Matsunaga K.

Case Rep Dermatol. 7:227-232,2015

Occupational food allergy due to parvalbumin and phaseolin induced by epicutaneous sensitization

Yagami A, Suzuki K, Nakamura M, Sano A, Kobayashi T, Iwata Y, Arima M, Hara K, Matsunaga K.

Allergol Int. 64:287-288,2015

Case of anaphylactic reaction to soy following percutaneous sensitization by soy-based ingredients in cosmetic products

Yagami A, Suzuki K, Nakamura M, Sano A, Iwata Y, Kobayashi T, Suzuki M, Hara K, Teshima R, Matsunaga K.

J Dermatol. 42:917-918,2015

邦文

パッチテストパネル(S)

鈴木加余子

臨床皮膚科 71:165-168,2017

白斑:ロドデノール誘発性脱色素斑 up to date 1.疫学調査その1 臨床症状と検査結果

鈴木加余子

日本皮膚科学会雑誌 127:137-144、2017

手湿疹に必要な検査

矢上 晶子

Derma.248:27-33,2016

ラテックス-フルーツ症候群

矢上 晶子, 松永 佳世子

Derma.245:22-28,2016

アレルギー疾患各論 口腔アレルギー症候群、ラテックスアレルギー ラテックスアレルギー

矢上 晶子, 松永 佳世子

日本医師会雑誌 145特別1:S258-S259,2016

湿疹、皮膚炎 接触皮膚炎

矢上 晶子, 松永 佳世子

小児内科 48:468-472,2016

最近の新薬について その他 パッチテストパネル(S)

矢上 晶子

皮膚科の臨床 58:950-953,2016

アレルギー性疾患 蕁麻疹 刺激誘発型蕁麻疹 接触蕁麻疹

矢上 晶子, 松永 佳世子

日本臨床 別冊免疫症候群II:71-74,2016

アレルギー性疾患 香粧品によるアレルギー

矢上 晶子, 松永 佳世子

日本臨床 別冊免疫症候群II:438-442,2016

パッチテストパネル(S)-2(case 12) p-tert-ブチルフェノール-ホルムアルデヒド樹脂

安部千佳, 鈴木加余子, 松永佳世子.

Visual Dermatology 15:262-263,2016

某県の歯科と市中病院2施設でのラテックスアレルギー意識調査

川井 学, 近藤 康人, 岡本 薫, 大高 早希, 森 雄司, 大久保 悠里子, 山脇 一夫, 田中 健一, 犬尾 千聡, 鈴木 聖子, 中島 陽一, 鶴田 京子, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 山田 緑, 柘植 郁哉

日本ラテックスアレルギー研究会会誌 19:71-78, 2015

大豆アレルギー患者におけるGly m 4特異的IgE抗体測定の有用性の臨床的検討

白田 阿美子, 猪又 直子, 松倉 節子, 三宅 健, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 落合 豊子, 吉岡 詠理子, 片岡 葉子, 足立 厚子, 堀川 達弥, 原田 晋, 北村 薫, 中山 哲, 相原 道子

日本ラテックスアレルギー研究会会誌 19:60-61, 2015

医療従事者に生じたゴム加硫促進剤によるアレルギー性接触皮膚炎の1例

佐野晶代, 矢上晶子, 森田雄介, 松永佳世子

日本ラテックスアレルギー研究会会誌 19:93-96, 2015

ラテックスアレルギーの現状と対策2015 ラテックスアレルギーの発生状況2015(原著論文)

近藤 康人, 川井 学, 矢上 晶子, 相原 道子, 池澤 善郎, 大矢 幸弘, 北林 耐, 斎藤 博久, 柴田 留美子, 内藤 徹, 萩原 敬彦, 原田 晋, 秀 道広, 松永 佳世子, 宮坂 勝之, 赤澤 晃, 日本ラテックスアレルギー研究会

日本ラテックスアレルギー研究会会誌 19:41-43, 2015

ラテックスアレルギーの感作経路

矢上 晶子(藤田保健衛生大学 医学部皮膚科学), 松永 佳世子

日本ラテックスアレルギー研究会会誌 19:19-22,2015

新生児期・乳児期の皮膚疾患 接触皮膚炎

矢上 晶子, 松永 佳世子

小児科診療 78:1463-1466,2015

術前にきちんと知っておこう!ハイリスク患者とその対応策は?

矢上 晶子, 松永 佳世子

オペナーシング 30:1189-1192,2015

基本を理解しよう!そもそもラテックスアレルギーってどうやって起こる?

矢上 晶子, 松永 佳世子

オペナーシング 30:1184-1188,2015

蕁麻疹が持続し、血清TARC/CCL17値が上昇したまま推移しているNon-episodic Angioedema with Eosinophiliaの1例

豊島あや,横井彩,真鍋求,梅林芳弘

皮膚科の臨床 57:1701-1704,2015

ロドデノール誘発性脱色素斑症例における三次全国疫学調査

伊藤明子、青山裕美、鈴木加余子、鈴木民夫、種村篤、錦織千佳子、伊藤雅章、片山一朗、伊藤祥輔、大磯直毅、深井和吉、船坂陽子、山下利春、松永佳世子

日本皮膚科学会雑誌 125:2401-2414,2015

プロテオミクス手法によるコチニール色素アレルギーの抗原解析

中村 政志, 矢上 晶子, 佐々木 和実, 西嶋 桂子, 安宅 花子, 竹尾 直子, 福冨 友馬, 三井 直弥, 原田 晋, 山口 正雄, 宇賀神 つかさ, 穐山 浩, 佐藤 奈由, 佐野 晶代, 松永 佳世子

日本ラテックスアレルギー研究会会誌 19:66-70, 2015

ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2008)の陽性率 2010年~2012年の推移

鈴木加余子、松永佳世子、矢上晶子、足立厚子、池澤優子、伊藤明子、乾重樹、上津直子、海老原全、大磯直毅、大迫順子、加藤敦子、河合敬一、関東裕美、佐々木和実、杉浦伸一、杉浦真理子、高山かおる、中田土起丈、西岡和恵、堀川達弥、宮澤仁、吉井恵子、鷲崎久美子

Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 9:101-109,2015

エアダスター吸入時に生じた皮膚障害の1例

村手和歌子、佐々木良輔、鈴木加余子、松永佳世子

皮膚の科学,14:110-114,2015

ジャパニーズスタンダードアレルゲン2008の活用方法

鈴木加余子

Derma.231:1-7,2015

経皮感作による食物アレルギー

松永 佳世子, 矢上 晶子

臨床免疫・アレルギー科,64:45-52,2015

最近経験したラテックスアレルギーの3例

佐野 晶代, 矢上 晶子, 山北 高志, 小林 束, 岩田 洋平, 有馬 豪, 鈴木 加余子, 山田 雅啓, 松永 佳世子

日本ラテックスアレルギー研究会会誌 18:42-47, 2015

花粉-食物アレルギー症候群の概念

矢上 晶子, 松永 佳世子

Derma.229:7-12,2015

ラテックスアレルギー安全対策ガイドライン2013改訂のポイント ゴム手袋に含まれる化学物質による遅延型アレルギーについて

矢上 晶子(藤田保健衛生大学 皮膚科), 松永 佳世子

日本ラテックスアレルギー研究会会誌 18:33-35,2015

化粧品(香粧品)による皮膚障害/接触皮膚炎の実態

矢上 晶子, 松永 佳世子

アレルギーの臨床 35:417-421,2015

皮膚障害を起こす日用品

矢上 晶子, 松永 佳世子

Derma.231:9-14,2015

香粧品パッチテスト2012年のまとめ

鈴木 加余子, 森田 雄介, 田中 紅, 佐野 晶代, 岩田 洋平, 有馬 豪, 矢上 晶子, 松永 佳世子

Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology,9:16-24,2015

アトピー性皮膚炎の病因に関する新知見と診断・治療(Q&A)

佐伯 秀久, 矢上 晶子

日本医事新報4733:55,2015

(Part1.)炎症性疾患(case 02) 接触蕁麻疹と接触蕁麻疹症候群

矢上 晶子, 松永 佳世子

Visual Dermatology 14:143-145,2015

アレルギーcommon diseaseの診断・治療・生活指導 接触皮膚炎の診断と治療

佐野晶代, 松永佳世子

Medicina 52:1955-1958,2015

back-to-top