グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 看護学科  > 大学院修士課程 保健学研究科 看護学領域  > 【大学院】保健学研究科看護学領域急性期・周術期分野は、 文科省「職業実践力育成プログラム」として認定されました

【大学院】保健学研究科看護学領域急性期・周術期分野は、
文科省「職業実践力育成プログラム」として認定されました

「職業実践力育成プログラム(BP)」は、大学等におけるプログラムの受講を通じた社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的として文部科学省が認定する制度です。
看護学領域急性期・周術期分野は、平成29年度に認定されました。
 
急性期・周術期分野の出願資格として、看護師免許を有し、入学時で5年以上の実務経験を有することが必要です。本分野は看護師の能力向上として診療看護師(NP)を育成しています。
急性期・周術期分野を修了すると、修士の学位と同時に「特定行為に係る看護師の研修制度」に定められた全21特定行為区分、38特定行為の研修修了証が授与されます。研修制度の教育基準に適合するカリキュラムは担当医師と藤田診療看護師(FNP)が主体となって教育を行います。実習は同施設内の大学病院で行います。


職業実践力育成プログラム(BP)様式


急性期・周術期分野履修概要

講義の様子

PICC挿入演習の様子