藤田医科大学 医学部
微生物学講座・感染症科

Department of Microbiology / Department of Infectious Diseases,
Fujita Health University School of Medicine

河合 聡人 / Akito Kawai, Ph.D.

略歴

  • 2004年 3月 
     熊本大学薬学部薬科学科 卒業
  • 2004年 6月 
     薬剤師免許 取得
  • 2006年 3月 
     熊本大学大学院薬学教育部博士前期課程 修了
  • 2006年 4月 
     崇城大学薬学部薬学科 助手
  • 2013年 1月 
     博士(薬学)取得(熊本大学)
  • 2014年 4月 
     崇城大学薬学部薬学科 助教
  • 2018年 4月 
     藤田医科大学医学部 助教

研究テーマ

(1)好熱性古細菌Sulfolobus tokodaiiをモデル生物としたゲノム安定性に関わるタンパク質の構造生物学的研究

 DNAクランプとそれに相互作用する酵素との複合体構造決定を中心に研究を進めています。
DNAクランプは、DNA複製や修復・組換え、転写に関わる多くの酵素と相互作用し、その働きを調節しています。多くの生物種にコードされているDNAクランプは、ホモ二量体やホモ三量体を構成することで機能性複合体を形成していますが、好熱性古細菌Sulfolobus tokodaiiがコードするDNAクランプはヘテロ三量体で構成されています。このヘテロ三量体を形成する特徴に注目して、DNAクランプが酵素の働きを調節する仕組みを、立体構造に基づき解明する研究を進めています。

(2)創薬を志向したタンパク質-低分子化合物の複合体立体構造に関する研究

 がん細胞での免疫寛容システムの阻害物質探索や血液製剤の安定化などに関して共同研究を行っています。

発表論文など

  1. Tsukamoto K, Shinzawa N, Kawai A, Suzuki M, Kidoya H, Takakura N, Yamaguchi H, Kameyama T, Inagaki H, Kurahashi H, Horiguchi Y, Doi Y.
    "The Bartonella autotransporter BafA activates the host VEGF pathway to drive angiogenesis"
    Nat. Commun., 11, 3571 (2020) [PubMed]
  2. "Structural basis of reduced susceptibility to ceftazidime–avibactam and cefiderocol in Enterobacter cloacae due to AmpC R2 loop deletion"
    Kawai A., McElheny C.L., Iovleva A., Kline E.G., Sluis-Cremer N., Shields R.K., Doi Y.
    Antimicrob. Agents Chemother., 64, e00198-20 (2020) [PubMed]
  3. "Clinical evolution of AmpC-mediated ceftazidime-avibactam and cefiderocol resistance in Enterobacter cloacae complex following exposure to cefepime."
    Shields R.K., Iovleva A., Kline E.G., Kawai A., McElheny C.L., Doi Y.
    Clin Infect Dis., in press [PubMed]
  4. "Analysis of the Binding of Aripiprazole to Human Serum Albumin: The Importance of a Chloro-Group in the Chemical Structure"
    Sakurama K., Kawai A., Chuang V.T.G., Kanamori Y., Osa M., Taguchi K., Seo H., Maruyama T., Imoto S., Yamasaki K., Otagiri M.
    ACS Omega., 3, 13790-13797 (2018) [PubMed]
  5. "Crystal structure analysis of human serum albumin complexed with sodium 4-phenylbutyrate"
    Kawai A., Yamasaki K., Enokida T., Miyamoto S., and Otagiri M.
    Biochem. Biophys. Rep., 13, 78-82 (2018) [PubMed]
  6. "Crystallographic analysis of the Ternary Complex of Octanoate and N-acetyl-L-methionine with Human Serum Albumin Reveals the Mode of their Stabilizing Interactions"
    Kawai A., Chuang V.T.G., Kouno Y., Yamasaki K., Miyamoto S., Anraku M. and Otagiri M.
    BBA - Proteins and Proteomics, 1865, 979-984 (2017) [PubMed]
  7. "Species Differences in the Binding of Sodium 4-Phenylbutyrate to Serum Albumin"
    Yamasaki K., Enokida T., Taguchi K., Miyamura S., Kawai A., Miyamoto S., Maruyama T., Seo H. and Otagiri M.
    J. Pharm. Sci., 106, 2860-2867 (2017) [PubMed]
  8. "Crystal structure of family 4 uracil-DNA glycosylase from Sulfolobus tokodaii and a function of tyrosine 170 in DNA binding"
    Kawai A., Higuchi S., Tsunoda M., Nakamura K.T., Yamagata Y. and Miyamoto S.
    FEBS Lett., 589, 2675-2682 (2015) [PubMed]
  9. "Purification, crystallization and preliminary X-ray analysis of uracil-DNA glycosylase from Sulfolobus tokodaii strain 7"
    Kawai A., Higuchi S., Tsunoda M., Nakamura K.T., and Miyamoto S.
    Acta Crystallogr. sect. F Struct. Biol. Cryst. Commun., 68, 1102-1105 (2012) [IUCr] [PubMed]
  10. "A novel heterotetrameric structure of the crenarchaeal PCNA2-PCNA3 complex"
    Kawai A., Hashimoto H., Higuchi S., Tsunoda M., Sato M., Nakamura K.T., and Miyamoto S.
    J. Struct. Biol., 174, 443-450 (2011) [PubMed]
  11. "Purification, crystallization and preliminary X-ray analysis of the PCNA2-PCNA3 complex from Sulfolobus tokodaii strain 7"
    Kawai A., Higuchi S., Tsunoda M., Nakamura K.T., and Miyamoto S.
    Acta Crystallogr. sect. F Struct. Biol. Cryst. Commun., 65, 1282-1284 (2009) [IUCr] [PubMed]
  12. "Structural studies of coenzyme Q10 inclusion complex with γ-cyclodextrin using chemical analyses and molecular modeling"
    Miyamoto S., Kawai A., Higuchi S., Nishi Y., Tanimoto T., Uekaji Y., Nakata D., Fukumi H., and Terao K.
    Chem-Bio Infomatics Journal, 9, 1-11 (2009) [JST]
  13. <その他>
  14. "Enterobacter cloacae Ent385臨床分離株由来AmpC β-ラクタマーゼのX線結晶構造解析"
    河合 聡人、土井 洋平
    Photon Factory Activity Report 2019 #37 No. 61 (2020) [KEK]
  15. "ヒト血清アルブミンとアリピプラゾール複合体のX線結晶構造解析"
    河合 聡人、山崎 啓之、小田切 優樹
    Photon Factory Activity Report 2018 #36 No. 66 (2019) [KEK]
  16. "ヒト血清アルブミンと4フェニル酪酸ナトリウム複合体のX線結晶構造解析"
    河合 聡人、山崎 啓之、小田切 優樹
    Photon Factory Activity Report 2017 #35 No. 35 (2018) [KEK]
  17. "立体構造に基づくオクタン酸ナトリウム及び N-アセチル-L-メチオニンのヒト血清アルブミン安定化効果に関する考察"
    河合 聡人、小田切 優樹
    Photon Factory Activity Report 2016 #34 No. 52 (2017) [KEK]
  18. "結晶構造から示唆されたロイコトリエンC4合成酵素の触媒メカニズム"
    河合 聡人
    ファルマシア, トピックス C・物理系薬学, 44, 563-564 (2008)
  19. "薬物の立体構造と標的構造に基づく薬物解析と設計"
    宮本 秀一,  河合 聡人, 樋口 成定
    医薬ジャーナル, 43, 1691-1697 (2007)

学会活動

  • 所属学会:日本蛋白質科学会、日本結晶学会、日本薬学会
  • 平成25年度 日本結晶学会年会 実行委員 および 若手の会 世話人
  • 日本薬学会第134年会 プログラム編成委員

個人的なメモ

リンク集

別ページ

アクセス

〒470-1192
愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98
藤田医科大学
詳細はこちら

リンク

ページのトップへ戻る