セミナートップ  今後の予定  過去の一覧  会則について 

七栗リハビリテーションセミナー

 七栗リハビリテーション研究会では、リハビリテーションに関するセミナー (講演)を年3回程度行い(無料)、さらに藤田医科大学保健衛生学部リハビリテーション学科卒後研修会と共催でADL講習会を開催しています(有料)。

趣旨

 七栗リハビリテーション研究会は医療職に対するリハビリテーション医療レベル向上を目的にしています。

 2000年から活動を開始し、これまで全国から講師をお呼びしてお話しを伺うことで、知識の供給、啓発活動を行ってきました。今後も講演スタイルを継続するつもりです。

 さらに、当院も指導的立場にいるADL評価法(FIM等) の研修を行うのも我々の役割であろうと考え、ADL講習会も2007年から共催を開始しました。

 

参加方法

2020年度より新しい生活様式に対応して聴講の機会を増やすために、会場参加と、同時にzoomを用いたインターネット配信を行う

ハイブリッドオンラインセミナー形式を採用しております。

聴講は会場参加もオンラインセミナーでの参加も事前登録制となっております。詳細は上記の「今後の予定」よりご確認下さい。

 

ADL講習会は事前申込制ですので、ADL講習会(FIMを中心に)のホームページより、予約申込をお願いします。

共催

 2000年当初、富山化学工業株式会社に共催を戴いていました。2002年より、住友製薬株式会社、三共株式会社、大塚製薬株式会社の三社持ち回りで七栗リハビリテーション研究会との共催システムとなりました。その後、三社は大日本住友製薬株式会社、第一三共株式会社、株式会社大塚製薬工場と名称変更・移行しております。

 


<2021.7.31> 

                                                                  

 

    

↑ PAGE TOP