藤田医科大学 医学部
微生物学講座・感染症科

Department of Microbiology / Department of Infectious Diseases,
Fujita Health University School of Medicine

藤田医科大学 救急総合内科・感染症科 内科専攻医研修プログラム


藤田医科大学病院救急総合内科・感染症科における内科専門医研修プログラムは、新内科専門医制度に合わせて、卒後3年目の先生を対象にしています。本プログラムのサブスペシャリティ重点コースでは(i) 感染症科重点コースもしくは、(ii) 救急総合内科重点コースを選択できます。また希望によって他の内科専門科をローテーションすることも可能です。感染症科重点コースは将来的に感染症専門医を目指す先生を対象にしています。一方で感染症は内科に限らず、さまざまな診療科で問題となる病態です。内科専攻医プログラムの期間中に一般的な内科の知識とともに、感染症の基礎、抗菌薬の使い方を学びたいという先生を対象に救急総合内科重点コースを設置しました。
  感染症診療においては、基礎的な内科全般の知識の習得が重要です。本プログラムでは、幅広い内科研修を行うために、救急総合内科をはじめとした各内科での研修が選択可能であり、不足なく各領域の症例の経験、登録ができます。当院救急総合内科では、一般病棟、ICUやERでの研修が可能であり、重症から軽症まで多種多様な病態、疾患を経験することができます。救急総合内科での研修については下記ホームページをご参照ください。
藤田医科大学病院救急総合内科

 また、研修の3年間の内、1年間は連携施設での研修を行います。ローテートの例を下記に示しますが、ローテート科やその期間は希望によって調整が可能です。

詳細は藤田医科大学の内科専攻医プログラムもご参照ください

以下当院感染症科の研修・診療の特徴です。

  1. 感染症科では他科からのコンサルト症例を中心に診療を行い、さらに血液培養陽性例や広域抗菌薬長期使用症例などへの診療支援も行っています。
  2. 地域の基幹病院として多様な市中感染症の経験を積むことができる一方で、悪性腫瘍・膠原病・臓器移植などを背景とした免疫不全患者の感染症にも多く接する機会があります。
  3. 感染症科に複数の指導医が在籍しており、医師ごとに専門研修を受けた医療機関(聖路加国際病院、テキサス大学ヒューストン校、ピッツバーグ大学医療センター、がん研有明病院など)や得意分野(市中感染症、免疫不全患者の感染症、耐性菌感染症など)が異なっており、幅広い考え方に触れることができます。
  4. 当院は日本感染症学会認定研修施設ですので、内科専攻医研修中に感染症科をローテートした期間を感染症専門医取得のための研修期間として算定可能です。
  5. 微生物検査室との密な連携を通じて、臨床微生物学の知識を深めることが可能です。
  6. 微生物学講座と定期的に合同セミナーを行っており、病原細菌の病原性や薬剤耐性菌に関わる研究についても身近な場所で学ぶことができます。

ローテートの一例:

横スクロールできます

感染症科
重点コース
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 救急総合内科(一般病棟 or ICU or ER) 感染症科
2年目 連携施設・特別連携施設による研修
3年目 感染症科 or 他内科 救急総合内科(一般病棟 or ICU or ER)
救急総合内科
重点コース
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 救急総合内科(一般病棟 or ICU or ER)
2年目 救急総合内科(一般病棟 or ICU or ER) 感染症科 or 他内科
3年目 連携施設・特別連携施設による研修
連携病院・特別連携施設 豊田地域医療センター、藤田医科大学ばんたね病院、藤田医科大学岡崎医療センター、協立総合病院、西伊豆健育会病院、名古屋市立西部医療センター、諏訪中央病院
他内科のローテーション ローテート科は循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、肝胆膵内科、腎内科、内分泌・糖尿病内科、血液内科、リウマチ内科、神経内科、臨床腫瘍科の11科より選択可能。
その他 大学院進学の場合も本研修プログラムで考慮される

お問い合わせ:

アクセス

〒470-1192
愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98
藤田医科大学
詳細はこちら
ページのトップへ戻る