緩和ケア病棟への入院

緩和ケア・外科入院案内

当院の方針

苦痛を伴う無理な延命治療は行わず、患者さまとご家族が穏やかで幸せな時間を過ごせるように、積極的な苦痛症状の緩和と、栄養療法を専門的に行っていきます。

入院対象

  1. 治療が困難ながん患者さま
  2. 患者さまが入院を希望されている場合、または患者さまが意思表示できないときは、そのご家族が入院を希望されている場合
  3. 紹介元の主治医が緩和ケアを必要とし、入院相談外来でも入院の必要性があると判断した場合 そのほかにも様々なケースの患者さまの入院をお受けしたします
  • 栄養状態の改善を目的とした入院
  • 疼痛のコントロール、医療用麻薬の導入などを目的とした入院
  • 腹水(胸水)濾過濃縮再静注法(CART)を目的とした入院
    CARTとは:腹水(胸水)を抜いて濾過し、中にあるたんぱく質を点滴にして再利用する処置です
  • レスパイト入院
    レスパイト入院とは:在宅介護などで介護者が疲れ切ってしまうことを防ぐための短期入院です

入院相談方法

入院相談をご希望の方は、現在の主治医からの診療情報提供書、患者さまご本人の健康保険証、病状のわかるレントゲン写真などをお持ちの上、総合受付窓口にお越しください。入院相談では、病気の経過、日常生活の状況、身体的・精神的な苦痛、社会的な問題、患者さまご家族のご要望などを担当医師・担当看護師が伺います。必要に応じて、医療ソーシャルワーカーとの面談もできます。緊急入院以外の入院日は予約制となります。

入院相談日   月曜日~金曜日
外来受付時間  8:45~11:30

患者さまご本人、もしくはご家族のみの受診でも可能です。
来院方法や入院手続きなど事務的なご相談は、事務部入院担当が対応致します。

電話059-252-1555     FAX059-252-1383

外来(家族相談)担当

副院長 医師 准教授 講師 医師 医師
東口髙志 中川理子 伊藤彰博 大原寛之 都築則正 阿波宏子

※代診となる場合もございます。

病棟

入院日は入院していただくお部屋の目途がたち次第、医事課入院担当よりご連絡いたします。
まずは、一般病棟(特別病室・個室・3人床・4人床)に入院をしていただき、病状、ご希望などをもとに緩和ケア病棟に転入していただきます。症状が落ち着かれている患者さまは療養病棟への転入をいただく場合もございます。患者さまの病状や厚生労働省の定めた病棟入院患者基準などにより、ご希望の病棟をお勧めできないこともあります。

セカンドオピニオン

がん全般、消化器疾患、栄養障害のセカンドオピニオンを予約制にて毎週火曜日に行っています。