薬剤課

  

薬剤課の使命

「患者のため(for the patients)」
「病院のため(for the hospital)」
「医療のため(for the medical care)」

 

薬剤業務の特色

外来・入院調剤をはじめ、服薬指導、無菌調製、薬物血中濃度モニタリング、医薬品情報提供・管理、院内製剤、持参薬鑑別等に従事しています。

  

①調剤室

調剤室では、外来・入院処方箋の調剤を行っています。内服薬や注射薬をはじめ患者さん一人ひとりの薬歴を確認しながら調剤します。

②薬剤管理指導業務

入院患者さんには専任薬剤師が、入院時の持参薬から現在の服用状況を把握し、薬の重複処方、嚥下機能に最適な剤型、副作用リスクを回避した安全な薬物治療の支援に努めます。退院前には、地域の薬局と連携し、退院後も安心して薬物治療が受けられるよう支援します。

③医薬品情報管理室

  

 医薬品情報室では、医薬品が適正かつ安全に使われるように医薬品情報の収集・管理・発信を行います。厚生労働省、PMDA、最新の医薬品情報を収集・整理し、毎月DIニュース(Drug Information News)を発行します。

 

④無菌調整

 

無菌製剤室では、抗がん薬、医療用の麻薬を注射シリンジや携帯型持続注入ポンプに充填、栄養輸液全般の調製を行います。

 

⑤チーム医療

 

回復期リハビリテーション、緩和医療、栄養サポート、高齢者医療、感染対策、褥瘡対策において、チーム医療の一員として組織横断的に活動します。また、NST専門療法士研修施設として多くの研修生を受け入れています。

 

⑥薬学教育

 

薬学生の実務実習認定施設として定期的に薬学生を受け入れます。実践的な臨床対応能力を身に付ける参加体験型の実習を取り入れ、次世代の人材育成に貢献します。

 

⑦医薬品安全管理室

 

医薬品安全管理者は、医薬品安全管理手順書の改定及び周知することで、医薬品の安全使用に努めます。