藤田保健衛生大学産婦人科研修プログラムの概要


はじめに

 一般社団法人日本専門医機構は、『新たな専門医の認定・更新基準や養成プログラム・研修施設の基準を作成し、専門医の認定と養成プログラムの評価・認定を統一的に行うこと』を目的に平成 26 年5月に設立されました。こうした中、平成29年度には日本産科婦人科学会主導の新専門研修制度が暫定的に開始され,さらに平成30年度より日本専門医機構による統一的な新専門研修制度が実施されることに決定しました。
 新専門医制度では,専門医の養成を行うのは病院単体ではなく、大学病院等の基幹病院と地域の協力病院 等(診療所を含む)が研修施設群を構成して実施することになっています。当大学病院の産婦人科は,新制度による基幹施設に指定されており,他の連携施設とともに施設群を形成し、『藤田保健衛生大学産婦人科研修プログラム』に基づいて産婦人科専攻医研修を実施します。本専門研修プログラムでは、医師としてまた産婦人科医としての基本的な診療技術、幅広い知識を習得し、婦人科腫瘍、周産期、女性のヘルスケア、生殖医療、内視鏡手術、さらに医療過疎地における地域医療に特化した連携施設での研修により、幅広く、より高度な知識・技能を持つことが可能となります。研修終了後は、地域医療の担い手として希望する施設で就業することができるとともに、大学院への進学やサブスペシャリティ領域の専門医研修を開始する準備も整っているため、女性診療のgeneralistであると同時にspecialistをめざして個々のスキルアップを図ることが可能です。


 Subspeciality 専門医取得について

 産婦人科専門医を取得後は、さらに専門性の高いsubspecialty領域の医療技術習得を目指して研修を行うことが可能です。

<< 当大学にて取得可能なSubspeciality 専門医>>

  • 婦人科腫瘍専門医   (日本婦人科腫瘍学会)
  • 周産期(母体・胎児/新生児)専門医  (日本周産期・新生児医学会)
  • 生殖医療専門医    (日本生殖医学会)
  • 日本女性医学学会認定女性ヘルスケア専門医  (日本女性医学学会)
  • 細胞診専門医     (日本臨床細胞学会)
  • 超音波専門医     (日本超音波医学会)
  • 臨床遺伝専門医    (日本人類遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会)
  • 内分泌代謝科専門医(産婦人科) (日本内分泌学会)
  • 漢方専門医      (日本東洋医学会)
  • 内視鏡技術認定医   (日本産科婦人科内視鏡学会)
  • 日本がん治療認定医  (日本がん治療認定医機構)
  • 乳房疾患認定医    (日本産婦人科乳腺医学会)
  • 日本性感染症学会認定医  (日本性感染症学会)

応募について

 本プログラムへの応募を希望される方は、下記の『藤田保健衛生大学産婦人科研修プログラム応募申請書』および『履歴書』を産婦人科医局宛に郵送していただくか、医局へ電話またはe-mailでお問い合わせください。


応募書類


郵送・問合せ先

〒470-1192
愛知県豊明市沓掛町田楽ケ窪1番地98
藤田保健衛生大学産婦人科医局
藤井多久磨・医局長・秘書 宛
e-mail : obgy9294@fujita-hu.ac.jp(医局専用)
TEL : 0562-93-9294(医局専用)
Fax : 0562(95)1821(医局専用)

『藤田保健衛生大学産婦人科専門研修プログラム』や他の取り組みについては、臨床研修センターホームページ (http://www.fujita-hu.ac.jp/~kenshui/anaphase/45_579b0f34f3eee/index.html)もご参照ください。