研究課題

藤井 多久磨 教授

  1. 子宮頸部腫瘍発生におけるHPV感染の果たす役割
  2. 婦人科腫瘍の診断および治療に有用なマイクロRNAに関する研究

廣田 穰 教授

  1. 腹腔鏡下手術の基礎と臨床
  2. 内視鏡技術開発と教育制度の確立

関谷 隆夫 教授

  1. 3次元超音波検査の臨床応用
  2. 産婦人科検診における超音波検査の活用法
  3. 産婦人科造影超音波検査の臨床応用
  4. 経腟超音波検査における子宮頸管熟化の評価

西澤 春紀 教授

  1. 不育症の遺伝子解析
  2. 妊娠高血圧症候群と胎児発育不全における遺伝子発現プロファイルの比較検討
  3. 妊娠高血圧腎症の血清と胎盤におけるpregnancy-associated plasma protein-A2の発現レベル
  4. 腹腔鏡/ロボット手術の適応と術式の確立
  5. 超音波ドプラ法による妊娠高血圧腎症と胎児発育不全の評価法の確立

研究内容について

 

 当院では、診療の過程で得られた患者様方の症例や検査データ等を、医学の発展ならびに研究のために活用(利用)しています。例えば、定期的に検討会を行い、その経過と治療法について詳細な分析を行っております。また、各関連学会の登録施設に加盟しており、参加する多施設で各症例のデータを集積・解析する場合もあります。さらに、今後の診断や治療において有益、重要な情報をもたらすと判断された場合には学会等の場で発表することもあります。症例の登録や学会発表においては、患者様が特定されないよう匿名化するほか、患者様全員のプライバシーには十分配慮いたします。患者様あるいは臨床検体 (血液や組織など)を用いる全ての研究は、その必要性や実施概要などについて「藤田保健衛生大学 倫理審査委員会」が厳重な審査を行い、許諾されたもののみが実施されております。これらは医師からの口頭および文書による説明を受けられた患者様のうち、善意により同意いただいた方のみに行われます。ただし、調査研究 (過去の臨床データのみを使用した研究で、患者様ご本人や臨床検体を使用しないもの)についてはその限りではありませんが、それらを含め、同意・署名後であっても研究に用いられたくない旨をお伝えいただいた場合は研究に使用いたしません。また、研究のより詳しい内容をお知りになりたい場合は、他の患者さんの個人情報保護やこの研究の独創性確保に支障がない範囲で、研究計画書や資料を閲覧していただくことが可能ですので、ご希望される場合は担当研究者にお申し出下さい。

「日本産科婦人科学会婦人科腫瘍委員会 婦人科悪性腫瘍登録事業及び登録情報に基づく研究」
「日本産科婦人科学会周産期委員会 周産期登録事業への参加」
「日本産科婦人科内視鏡学会への登録事業に基づく産婦人科内視鏡手術の研究」

研究業績(2013年〜2016年)

原著論文(英文)

  • Torii Y, Fujii T, Kukimoto I, Saito M, Iwata T, Takahashi H, Ichikawa R, Kawai S, Otani S, Aoki D. Comparison of methods using paraffin-embedded tissues and exfoliated cervical cells to evaluate human papillomavirus genotype attribution. Cancer Sci. 107(10):1520-1526, 2016
  • Miyazaki J, Nishizawa H, Kambayashi A, Ito M, Noda Y, Terasawa S, Kato T, Miyamura H, Shiogama K, Sekiya T, Kurahashi H, Fujii T. Increased levels of soluble corin in pre-eclampsia and fetal growth restriction. Placenta. 48:20-25 2016
  • Kawai S, Ichikawa R, Ueda T, Urano M, Kuroda M, Fujii T. Ovarian clear cell adenocarcinoma revealed in a young patient during hormone therapy: a case report. Fujita Medical Journal. 2(4): 77-79, 2016
  • Ueda T, Murayama K, Nishizawa H, Fujii T, Toyama H. Preoperative magnetic resonance imaging findings of myoma as risk factors for bleeding during laparoscopic myomectomy. Fujita Medical Journal. 2(3):59-61, 2016
  • Takaiso N, Nishizawa H, Nishiyama S, Sawada T, Hosoba E, Ohye T, Sato T, Inagaki H, Kurahashi H. Mutation analysis of the JUNO gene in female infertility of unknown etiology. Fujita Medical Journal. 2(3): 59-61, 2016
  • Suzumori N, Ebara T; Japan NIPT consortium (Nishizawa H). Fetal cell-free DNA fraction in maternal plasma is affected by fetal trisomy. J Hum Genet. 61(7):647-52, 2016
  • Yotsumoto J, Sekizawa A, Suzumori N, Yamada T, Samura O, Nishiyama M, Miura K, Sawai H, Murotsuki J, Kitagawa M, Kamei Y, Masuzaki H, Hirahara F, Endo T, Fukushima A, Namba A, Osada H, Kasai Y, Watanabe A, Katagiri Y, Takeshita N, Ogawa M, Okai T, Izumi S, Hamanoue H, Inuzuka M, Haino K, Hamajima N, Nishizawa H, Okamoto Y, Nakamura H, Kanegawa T, Yoshimatsu J, Tairaku S, Naruse K, Masuyama H, Hyodo M, Kaji T, Maeda K, Matsubara K, Ogawa M, Yoshizato T, Ohba T, Kawano Y, Sago H and Japan NIPT Consortium. A survey on awareness of genetic counseling for non-invasive prenatal testing: the first year experience in Japan. J Hum Genet 61(12):995-1001, 2016
  • Fujii T. Changing state of gynecologic oncologist specialty in Japan. J Obstet Gynaecol Res. 42(5):481-488, 2016
  • Kasuga Y, Nishio H, Miyakoshi K, Sato S, Sugiyama J, Matsumoto T, Tanaka K, Ochiai D, Minegishi K, Hamatani T, Iwata T, Morisada T, Nakamura M, Fujii T, Kuji N, Aoki D, Tanaka M. Pregnancy Outcomes After Abdominal Radical Trachelectomy for Early-Stage Cervical Cancer: A 13-Year Experience in a Single Tertiary-Care Center. Int J Gynecol Cancer. 26(1):163-8, 2016.
  • Miyazaki J, Ito M, Nishizawa H, Kato T, Minami Y, Inagaki H, Ohye T, Miyata M, Boda H, Kiriyama Y, Kuroda M, Sekiya T, Kurahashi H, Fujii T. Intragenic duplication in the PKHD1 gene in autosomal recessive polycystic kidney disease. BMC Med Genet. 16:98, 2015.
  • Matsumoto K, Maeda H, Oki A1, Takatsuka N, Yasugi T, Furuta R, Hirata R, Mitsuhashi A, Kawana K, Fujii T, Iwata T, Hirai Y, Yokoyama M, Yaegashi N, Watanabe Y, Nagai Y, Yoshikawa H; Japan HPV and Cervical Cancer (JHACC) Study Group. Human leukocyte antigen class II DRB1*1302 allele protects against cervical cancer: At which step of multistage carcinogenesis? Cancer Sci. 106(10):1448-1454, 2015.
  • Sago H, Sekizawa A; Japan NIPT consortium. Nationwide demonstration project of next-generation sequencing of cell-free DNA in maternal plasma in Japan: one-year experience. Prenat Diagn. 35:1-6, 2015
  • Iwata T, Fujii T, Morii K, Saito M, Sugiyama J, Nishio H, Morisada T, Tanaka K, Yaguchi T, Kawakami Y, Aoki D. Cytokine profile in cervical mucosa of Japanese patients with cervical intraepithelial neoplasia. Int J Clin Oncol. 20(1):126-33, 2015
  • Minami Y, Sekiya T, Nishizawa H, Miyazaki J, Noda Y, Ishii R, Yasue A, Nishio E, Udagawa Y, Fujii T. Relationship between detection of the cervical gland area during the late third trimester and necessity for induction of labor to prevent post-term delivery. J Med Ultrasonics. 41(4):463-471, 2014
  • Komatsu H, Yagasaki K, Shoda R, Chung Y, Iwata T, Sugiyama J, Fujii T. Repair of the threatened feminine identity: experience of women with cervical cancer undergoing fertility preservation surgery. Cancer Nursing. 37(1): 75-82, 2014
  • Ichikawa R, Torii Y, Oe S, Kawamura K, Kato R, Hasegawa K, Udagawa Y. Retrospective comparative study of irinotecan and pegylated liposomal doxorubicin for platinum-resistant or -refractory epithelial ovarian and primary peritoneal carcinoma. Arch Gynecol Obstet. 290(5):979-84, 2014
  • Fujii T, Saito M, Hasegawa T, Iwata T, Kuramoto H, Kubushiro K, Ohmura M, Ochiai K, Arai H, Sakamoto M, Motoyama T, Aoki D. Performance of p16INK4a/Ki-67 immunocytochemistry for identifying CIN2+ in atypical squamous cells of undetermined significance and low-grade squamous intraepithelial lesion specimens: a Japanese Gynecologic Oncology Group study. Int J Clin Oncol. 20(1):134–142, 2014
  • Nakamura M, Fujii T, Imanishi N, Jinzaki M, Yamada M, Kuribayashi S, Aoki D. Surgical anatomy imaging associated with cervical cancer treatment: A cadaveric study. Clin Anat. 27(3):503-10, 2014
  • Tsutsumi M, Fujiwara R, Nishizawa H, Ito M, Kogo H, Inagaki H, Ohye T, Kato T,Fujii T, Kurahashi H. Age-related decrease of meiotic cohesins in human oocytes. PLoS One. 7;9(5):e96710, 2014
  • Torii Y, Kato R, Minami Y, Hasegawa K, Fujii T, Udagawa Y. ERCC1 expression and chemosensitivity in uterine cervical adenocarcinoma cells. Anticancer Res. 34(1):107-15, 2014.
  • Fujii T, Takatsuka N, Nagata C, Matsumoto K, Oki A, Furuta R, Maeda H, Yasugi T, Kawana K, Mitsuhashi A, Hirai Y, Iwasaka T, Yaegashi N, Watanabe Y, Nagai Y, Kitagawa T, Yoshikawa H: Association between carotenoids and outcome of cervical intraepithelial neoplasia : a prospective cohort study. Int J Clin Oncol, 2013;18(6): 1091-101
  • Satoh T, Matsumoto K, Fujii T, Sato O, Gemma N, Onuki M, Saito H, Aoki D, Hirai Y, Yoshikawa H: Rapid genotyping of carcinogenic human papillomavirus by loop-mediated isothermal amplification using a new automated DNA test ( Clinichip HPVTM ). J Virol Methods, 188(1-2) : 83-93, 2013
  • Nishio H, Fujii T, Sugiyama J, Kuji N, Tanaka M, Hamatani T, Miyakoshi K, Minegishi K, Tsuda H, Iwata T, Tanaka K, Fukuchi T, Takehara Y, Yoshimura Y, Aoki D: Reproductive and obstetric outcomes after radical abdominal trachelectomy for early-stage cervical cancer in a series of 31 pregnancies. Hum Reprod, 28(7): 1793-98, 2013
  • Nishio S, Fujii T, Nishio H, Kameyama K, Saito M, Iwata T, Kubushiro K, Aoki D: P16(INK4a) immunohistochemistry is a promising biomarker to predict the outcome of low grade cervical intraepithelial neoplasia: comparison study with HPV genotyping. J Gynecol Oncol, 24(3): 215-21, 2013
  • Kataoka F, Nomura H, Nogami Y, Arima H, Sawano Y, Banno K, Fujii T, Aoki D: Evaluation of clinical usefulness of a medizal monitor equipped with an Oorganic electroluminescence panel in comparison with liquid crystal display monitors. J Minim Invasive Gynecol, 20(4): 522-28, 2013
  • Murakami I, Fujii T, Dan K, Saito M, Ohno A, Iwata T, Aoki D: Methylation of human papillomavirus-52 and -58 is a candidate biomarker in cervical neoplasia. J Clin Virol, 58(1): 149-54, 2013
  • Chen Y, Miyazaki J, Nishizawa H, Kurahashi H, Leach R, Wang K. MTA3 regulates CGB5 and Snail genes in trophoblast. Biochem Biophys Res Commun 433:379-384, 2013
  • Achiwa Y, Hasegawa K, Udagawa Y. Effect of ursolic acid on MAPK in cyclin D1 signaling and RING-type E3 ligase (SCF E3s) in two endometrial cancer cell lines. Nutr Cancer. 65(7):1026-33, 2013.
  • Hasegawa K, Minami Y, Inuzuka H, Oe S, Kato R, Tsukada K, Udagawa Y, Kuroda M. Female pseudohermaphroditism associated with maternal steroid cell tumor, not otherwise specified of the ovary: a case report and literature review. Clin Exp Obstet Gynecol. 40(4):591-5, 2013.
  • Kato R, Hasegawa K, Ishii R, Owaki A, Torii Y, Oe S, Hirasawa H, Kobayashi Y, Udagawa Y: Human epidermal growth factor receptor-2 overexpression and amplification in metastatic and recurrent high grade or type 2 endometrial carcinomas. Onco Targets Ther. 6: 1065-1071, 2013.
  • Inuzuka H. Nishizawa H. Inagaki A, Suzuki M, Ota S, Miyamura H, Miyazaki J, Sekiya T, Kurahashi H, Udagawa Y: Decreased expression of apelin in placentas from severe pre-eclampsia patients. Hypertens Pregnancy. 32(4):410-21, 2013.
  • Ota S, Miyamura H,Nishizawa H, Inagaki H, Inagaki A, Inuzuka H, Suzuki M, Miyazaki J, Sekiya T, Udagawa Y, Kurahashi H. Contribution of fetal ANXA5 gene promoter polymorphisms to the onset of pre-eclampsia. Placenta. 34(12):1202-1210, 2013.
  • Hasegawa K, Ishikawa K, Kawai S, Torii Y, Kawamura K, Kato R, Tsukada K, Udagawa Y. Overcoming paclitaxel resistance in uterine endometrial cancer using a COX-2 inhibitor. Oncol Rep. 30(6):2937-44, 2013.
  • Kotsuji F, Nishijima K, Kurokawa T, Yoshida Y, Sekiya T, Banzai M, Minakami H, Udagawa Y: Transverse uterine fundal incision for placenta praevia with accreta, involving the entire anterior uterine wall: a case series. BJOG. 120(9): 1144-1149, 2013.

原著論文(和文)

  • 河合智之、鳥居 裕、大谷清香、市川亮子、植田高弘、藤井多久磨:当院における腹腔鏡下子宮体癌手術の術前診断の精度.日本婦人科腫瘍学会雑誌,35(1):1-7,2017
  • 寺澤すみれ、鳥居裕、宮崎純、大脇晶子、小川千紗、坂部慶子、野田佳照、大谷清香、伊藤真友子、市川亮子、宮村浩徳、西澤春紀、西尾永司、藤井多久磨:当院での子宮頸部円錐切除術術後出血に関する検討.東海産科婦人科学会雑誌,53:293-297,2017
  • 廣田穰、河合智之、野田佳照、伊藤真友子、宮村徳浩、西尾永司、西澤春紀、藤井多久磨:良性子宮疾患に対するTwo-step total laparoscopic hysterectomyとその派生術式について.東海産婦人科内視鏡手術研究会雑誌,4:51-56,2016
  • 宮村徳浩、廣田穰、秋田絵里、大脇晶子、會田訓子、野田佳照、河合智之、伊藤真友子、西尾永司、西澤春紀、藤井多久磨:腹腔鏡手術術後に卵巣機能不全となりホルモン補充療法中に再燃した稀少部位子宮内膜症の1例.東海産婦人科内視鏡手術研究会雑誌,4:117-122,2016
  • 廣田穰、大脇晶子、秋田絵理、河合智之、野田佳照、伊藤真友子、宮村浩徳、藤井多久磨、酒向隆博、塚田和彦、寺澤すみれ、加藤智子: Two-step total laparoscopic hysterectomyのコツ.東海産婦人科内視鏡手術研究会雑誌,4:63-70,2016
  • 廣田 穰、坂部慶子、宮崎 純、河合智之、伊藤真友子、石井梨沙、岡本治美、酒向隆博、塚田和彦、西尾永司、西澤春紀、多田 伸、関谷隆夫、藤井多久磨:気腹針およびトロカール穿刺に起因する合併症の解析とその予防.東海産婦人科内視鏡手術研究会雑誌, 3:66-71,2015
  • 廣田 穰、野田佳照、坂部慶子、河合智之、伊藤真友子、宮村徳浩、西尾永司、藤井多久磨:【手術手技】高度ダグラス窩癒着症例に対する手術手法-.東海産婦人科内視鏡手術研究会雑誌,3:84-89,2015
  • 會田訓子、西尾永司、大脇晶子、須田梨沙、伊藤真友子、鳥居 裕、西澤春紀、廣田 穰、村田康隆、藤井多久磨:卵巣温存術後の生殖補助医療により増大したperitoneal inclusion cystの1例.東海産科婦人科学会雑誌,52:261-267,2015
  • 秋田絵理、伊藤真友子、坂部慶子、河合智之、鳥居 裕、西尾永司、西澤春紀、藤井多久磨、廣田 穣:腹腔鏡を用いて造膣術を行った子宮頸部形成不全・全膣欠損症の1例-術後管理と短期予後-.東海産科婦人科学会雑誌,52:303-307,2015
  • 加藤智子、坂部慶子、石井梨沙、伊藤真友子、西尾永司、西澤春紀、塚田和彦、廣田 穰、藤井多久磨:腹腔鏡手術後の抗菌剤投与の個別化について-手術部位感染からの検討-.日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,30(2):404-408,2015
  • 大脇晶子,関谷隆夫,野田佳照,宮崎 純,石井梨沙,岡本治美,宮村浩徳,南 元人,西尾永司,西澤春紀,藤井多久磨:当院における妊娠28週未満の超早産例の臨床的検討.東海産科婦人科学会雑誌,51:99-107,2015
  • 鈴木紀子,清水三紀子,多田 伸:非侵襲的ヘモグロビン測定器を用いた妊娠貧血検査の可能性.日本母性衛生学会誌,55:808-812,2015
  • 浅野真希、長谷川清志、塚田和彦、多田 伸、溝口良順、今枝義博、池田美奈、河村京子、藤井多久磨:再発を繰り返しながら長期生存している卵巣癌肉腫の1例.癌と化学療法,41:1031-1036,2014
  • 浜谷敏生,佐藤 卓,杉山重里,西尾 浩,田中京子,久慈直昭,進 伸幸,藤井多久磨,吉村泰典,青木大輔:第54回日本婦人科腫瘍学会学術講演会記録 シンポジウム(1)婦人科腫瘍のoncofertility 1.子宮癌の子宮温存療法後の妊孕能と生殖補助医療.日本婦人科腫瘍学会雑誌,32(2):111-116,2014
  • 増山 寿,寺尾泰久,藤井多久磨,正岡直樹,小西郁夫生,平松祐司,塩田 充:開腹手術,腹腔鏡下手術およびロボット支援下手術の割合に関する全国調査(2012年).産婦人科手術.25:135-141,2014
  • 山城絵里,西澤春紀,野田佳照,坂部慶子,伊藤真友子,石井梨沙,西尾永司,廣田 穰,藤井多久磨.卵巣チョコレート嚢胞における腹腔鏡手術後の卵巣機能不全の規定因子の解析.日本エンドメトリオーシス学会会誌.35:223-7,2014
  • 小田川寛子,飯谷友佳子,廣中昌恵,石川尚武,神谷典男,西澤春紀,塚田和彦,廣田 穰:思春期に発症した卵巣子宮内膜症性嚢胞の一例.東海産婦人科内視鏡手術研究会雑誌.2:33-36,2014
  • 伊藤真友子,河村京子,西澤春紀,河合智之,安江 朗,西尾永司,塚田和彦,廣田 穰,藤井多久磨:術前にPolypoid endometriosisが疑われ、腹腔鏡手術により治療し得た1例.日本産科婦人科内視鏡学会雑誌.29(2):489-493,2014.
  • 可兒知加子,渡辺真一,上畑みな子,森田大,石川孝之,伊東雅子,宮村浩徳,桑波田暁子,越知正憲,堀内俊孝:ピエゾ・バイオプシによるマウス8細胞期胚の割球採取: HB-EGF添加が胚発生と胚盤胞の細胞数に及ぼす影響.日本受精着床学会雑誌.30(1) :89-95,2013.
  • 河合智之,南 元人,伊藤真友子,宮村浩徳,安江 朗,西尾永司,西澤春紀,塚田和彦,関谷隆夫,廣田 穰,藤井多久磨,桐山諭和,黒田 誠:腹腔鏡下子宮亜全摘術後に発症した臍部子宮内膜症の3例.日本産科婦人科内視鏡学会雑誌.29(1):189-194, 2013.
  • 伊藤真友子,廣田 穰,河合智之,南 元人,安江 朗,西尾永司,西澤春紀,塚田和彦,藤井多久磨:腹腔鏡手術で治療し得た子宮憩室の一例.東海産科婦人科学会雑誌.50: 299-302, 2013.
  • 宮村浩徳,南 元人,伊東雅子,市川亮子,大江収子,河村京子,加藤利奈,長谷川清志,宇田川康博:子宮内膜間質肉腫の病理学的分類に関する考察.東海産科婦人科学会雑誌.49:201-207,2013.
  • 加藤真希,西澤春紀,松岡美杉,磯部ゆみ,加古哲治,岡本治美,酒向隆博,安江 朗,吉田耕一郎,多田 伸,宇田川康博:重症妊娠悪阻の入院管理中に発症した腫瘤形成性多発性硬化症合併妊娠の一例.東 海産科婦人科学会雑誌.49:115-120,2013.
  • 磯部ゆみ,西澤春紀,岡本治美,加藤真希,酒向隆博,松岡美杉,安江 朗,多田 伸,宇田川康博:当院における高齢妊娠と難産に関する検討.東海産科婦人科学会雑誌.49:121-126,2013.
  • 坂部慶子,市川亮子,河合智之,野田佳照,伊藤真友子,木下孝一,大江収子,加藤利奈,塚田和彦,関谷隆夫,長谷川清志,宇田川康博,平澤 浩,黒田 誠:子宮頸部細胞診 AGC の後方視的検討.東海産 科婦人科学会雑誌.49:183-188,2013.
  • 宮﨑 純,加藤利奈,大脇晶子,小川千紗,河合智之,石井梨沙,犬塚悠美,鳥居 裕,南 元人,大江収子,河村京子,西尾永司,塚田和彦,長谷川清志,関谷隆夫,宇田川康博:若年子宮頸癌の臨床的特 徴.東海産科婦人科学会雑誌.49:229-236,2013.
  • 小川千紗,大江収子,坂部慶子,南 元人,河村京子,安江 朗,加藤利奈,関谷隆夫,長谷川清志,新里康尚,鈴木清明,宇田川康博:妊娠に合併した子宮頸部上皮内病変の管理に関する検証.東海産科婦人科学会雑誌.49:195-199,2013.

著書(英文)

  • Nishizawa H, Kurahashi H: Recurrent Pregnancy Loss. Clinical Genomics: Practical Applications in Adult Patient Care, First Edition. (eds., Michael Murray, Mark Babyatsky, Monica Giovanni), 498-501, The McGraw-Hill Education, U.S.A., 2014.

著書(和文)

  • 藤井多久磨:ヒトパピローマウイルス(HPV)ジェノタイプ判定.臨床検査データブック LAB DATA 2017-2018(高久文麿 監修,黒川 清,春日雅人,北村 聖 編集)658-659,医学書院.2017
  • 藤井多久磨 他:女性のライフサイクル別Women’s Healthを阻害する疾患 Ⅱ性成熟期前半 3.子宮頸がん・子宮頸部異形成.女性医療のすべて.(大田博明編集)56-57, メディカルレビュー社.2016
  • 関谷隆夫:APRスコア.臨床検査ガイド2015年改訂版:662-664,文光堂・東京,2015
  • 廣田 穰,西澤春紀,西尾永司,安江 朗:ロボット支援下腹腔鏡下子宮亜全摘術.OGS NOW No.21 婦人科ロボット支援手術(平松祐司,小西郁生,櫻木範明,竹田省編):52-59,メディカルビュー社.東京.2015
  • 藤井多久磨:ヒトパピローマウイルス(HPV)ジェノタイプ判定.臨床検査データブック LAB DATA 2015-2016 (高久文麿監修,黒川 清,春日雅人,北村 聖編):663-664,医学書院・東京,2015
  • 鳥居 裕,藤井多久磨:第Ⅲ章-11-7 子宮(子宮体癌).女性医学ガイドブック更年期医療編 2014年度版.(日本女性医学学会編):172-176,金原出版・東京,2014
  • 鳥居 裕,藤井多久磨:第Ⅲ章-11-6 子宮(子宮頸癌).女性医学ガイドブック更年期医療編 2014年度版.(日本女性医学学会編):167-72,金原出版・東京,2014
  • 鳥居 裕,藤井多久磨:XV-2 子宮頸癌.診療ガイドライン UP-TO-DATE 2014-2015. (門脇孝,小室一成,宮地良樹監修):821-25,メディカルレビュー社・大阪,2014
  • 改訂コルポスコピースタンダードアトラス:日本婦人科腫瘍学会2014.(日本婦人科腫瘍学会編)中外医学社.東京,2014(コルポスコピー国際分類改訂小委員会委員)
  • 藤井多久磨,仲村 勝:Narrow Band Imagingは診断に有用ですか?.婦人科癌診療Q&A -一つ上を行く診療の実践-(鈴木 直,岡本愛光,井箟一彦編):46-48,中外医学社・東京,2014
  • 藤井多久磨:CIN/子宮頸がん・広汎性子宮頸部摘出術の適応と実際.婦人科診療ハンドブック(杉山 徹,大須賀穣,宮城悦子編):273-275,中央医学社・東京,2014
  • 藤井多久磨:ヒトパピローマウイルス〔HPV〕ジェノタイプ判定.臨床検査データブック LAB DATA 2013-2014,659-660,医学書院.東京.2013
  • 藤井多久磨、青木大輔:妊孕性温存療法として推奨される広汎性子宮頸部摘出術の適応と手技は?.EBM 婦人科疾患の治療2013-2014,254-257,中外医学社.東京.2013
  • 藤井多久磨、青木大輔:子宮頸がん検診においてHPV検査は有用か?.EBM 婦人科疾患の治療2013-2014,475-479,中外医学社.東京.2013
  • 田中京子、藤井多久磨:子宮頸がん.産科婦人科疾患 最新の治療2013-2015.(吉川史隆,倉智博久,平松祐司編):240-242,南江堂.東京.2013
  • 長谷川清 志, 宇田川康博: 卵 巣 癌・ 子 宮 癌 マ ー カ ー(CA125, CA602, CA130, CA546, CA72-4, STN, GAT).臨床検査ガイド 2013 〜 2014 ― これだけは必要な検査のすすめかた・データのよみかた ― .(和 田 攻,大久保昭行,矢崎義雄,大内尉義編):943-946,文光堂.東京.2013.
  • 長谷川清志,加藤利奈,宇田川康博:悪性胚細胞腫瘍に推奨される治療法は?.EBM 婦人科疾患の治療2013-2014.( 杉 山  徹, 苛 原  稔, 原 田  省, 鈴 木  直, 川 名  敬 編 ):439-449, 中 外 医 学 社. 東 京.2013.
  • 長谷川清志,宇田川康博:外陰の腫瘍・類腫瘍  ― Paget 病 ― .産科婦人科疾患最新の治療 2013-2015.(吉川史隆,倉智博久,平松祐司編):225-226,南江堂.東京.2013.

総説(英文)

  • Kurahashi H, Kato T, Miyazaki J, Nishizawa H, Nishio E, Furukawa H, Miyamura H, Ito M, Endo T, Ouchi Y, Inagaki H, Fujii T. Preimplantation genetic diagnosis/screening by comprehensive molecular testing. Reprod Med Biol. 15(1):13-19, 2016.

総説(和文):学術誌および商業誌を含む

  • 西尾永司:中高年女性に多くみられる症候とその対策.産科と婦人科,83(4):367-371,2016
  • 藤井多久磨,大谷清香:産婦人科病態への血管の診断と治療【診断編】総論 電子内視鏡.産婦人科の実態,65(8):915-918,2016
  • 西尾永司:メタボリックシンドローム-内臓脂肪とエストロゲン-.日本女性医学学会雑誌,23(2):322-327,2016
  • 関谷隆夫、野田佳照、藤井多久磨:現代帝王切開学【母性の立場から】帝王切開術式の工夫 子宮切開法.周産期医学,46(9):1085-1090,2016
  • 塚田和彦、酒向隆博、多田 伸、廣田 穰、藤井多久磨:子宮筋腫の最前線 4.腹腔鏡下子宮全摘術:巨大子宮筋腫に対する工夫.産科と婦人科,83(11):1267-1275,2016
  • 廣田穰:良性疾患における腹腔鏡下子宮全摘術の省察.東海産科婦人科学会雑誌,53:1-10,2016
  • 藤井多久磨、市川亮子、鳥居 裕、河合智之:特集 子宮頸癌治療の新たな選択肢 子宮頸癌のトランスレーショナルリサーチ.産婦人科の実際,64(13):2057-2062,2015
  • 仲村 勝、西尾 浩、森定 徹、岩田 卓、田中京子、今西宣晶、陣崎雅弘、相磯貞和、藤井多久磨、青木大輔:CT画像より得られた膀胱側腔,直腸側腔の画像情報をもとに考察した広汎子宮全摘術.産婦人科手術,26:71-78,2015
  • 関谷隆夫、藤井多久磨:高齢女性の重症感染症の原因 子宮留膿症を中心に.救急医学,39(9):1102-1105,2015
  • 西澤春紀、廣田 穰、藤井多久磨:婦人科腹腔鏡手術の進歩と“落とし穴”腹腔鏡手術のピットフォール 子宮筋腫,子宮腺筋症.臨床婦人科産科,69(11):1046-1056,2015
  • 廣田 穰、小川千紗、本多真澄、奈倉裕子、川原莉奈、秋田絵里、大脇晶子、會田訓子、鳥居 裕、市川亮子、西尾永司、西澤春紀、藤井多久磨:【総説】婦人科良性疾患手術でのトロカール配置―単孔からロボット支援下手術まで.東海産婦人科内視鏡手術研究会雑誌,3:39-46,2015
  • 西尾永司、廣田 穰、藤井多久磨:特集 婦人科腹腔鏡手術の最前線 腹腔鏡手術における止血材・癒着防止材の使い方.産科と婦人科,82(11):1279-1283,2015
  • 関谷隆夫、須田梨沙、大脇晶子、西澤春紀、藤井多久磨:特集 子宮頸部と峡部-妊娠・分娩期の生理と病理-経腹的アプローチによる子宮頚管縫縮術.産婦人科の実際,64(12):1899-1905,2015
  • 藤井多久磨、市川亮子、鳥居 裕:第2章 婦人科腫瘍分野 A.子宮頸癌 HPV型判定検査.産科と婦人科 増刊号,82 suppl:162-163,2015
  • 藤井多久磨、市川亮子、鳥居 裕:第2章 婦人科腫瘍分野 A.子宮頸癌 HPVスクリーニング検査.産科と婦人科 増刊号,82 suppl:159-161,2015
  • 藤井多久磨,市川亮子,鳥居 裕:ゲノム時代の婦人科がん診療を展望する-がんの個性に応じたpersonalizationへの道【各論1】子宮頸がん HPVタイピングと子宮頸部病変取扱いの個別化.臨床婦人科産科,69(1):46-52,2015
  • 宮崎純、関谷隆夫:女性の腹痛(特集:すべてに物語がある 攻める問診~このフレーズで切り開け!!).レジデント2014年2月号.7(2):49-56,2014.
  • 廣田 穰,伊藤真友子,酒向隆博,塚田和彦.手術 Up to Date 単孔式腹腔鏡手術.産科と婦人科.81:337-341,2014.
  • 関谷隆夫、藤井多久磨:【産婦人科超音波診断-新しい技法とその臨床応用】3次元超音波検査の婦人科診断への応用.臨床婦人科産科.67(6):556-566,2013
  • 関谷隆夫:【CEUS Trend View 2013 造影超音波検査の有用性と適応のひろがり-肝腫瘍、乳腺腫瘍診断を中心に:他の領域への臨床応用の可能性も含めて-】産婦人科領域の造影超音波 造影超音波による卵管造影検査.Innervision.28(3):76-78,2013.
  • 関谷隆夫:【周産期の画像診断 第2版】 母体・胎児編 超音波診断 A.妊娠初期 妊娠初期の正常超音波像.周産期医学.43巻増刊:64-71,2013
  • 藤井多久磨、仲村 勝、青木大輔:【イラストでみる産婦人科診療】第16回手術に役立つ骨盤臨床解剖―膀胱側腔,直腸側腔,リンパ節編―.産科と婦人科.7(1):829-835,2013.
  • 藤井多久磨:“がん”早期発見の重要性 子宮頸がん―HPV感染を指標とした子宮頸がん早期発見のための検査法―.アニムス.77:3-10,2013.
  • 安江 朗,廣田 穰,河合智之,石井梨沙,伊藤真友子,磯部ゆみ,岡本治美,加藤真希,酒向隆博,松岡美杉,西尾永司,西澤春紀,塚田和彦, 宇田川康博,多田 伸:先進的腹腔鏡手術への取り組み 〜 TANKO から da Vinci まで〜.東海産科婦人科学会雑誌.49:31-38,2013.
  • 関谷隆夫,宇田川康博:子宮頸管粘液中顆粒球エラスターゼ(特集:検査値を読む).臨床雑誌「内科」2013 年 6 月増大号.111(6):1339,2013.
  • 関谷隆夫,宇田川康博:頸管腟分泌液中癌胎児性フィブロネクチン.(特集:検査値を読む).臨床雑誌「内科」2013 年 6 月増大号.111(6):1340,2013.
  • 関谷隆夫,宇田川康博:APR スコア.(特集:検査値を読む).臨床雑誌「内科」2013 年 6 月増大号.111(6):1341,2013.
  • 関谷隆夫,宇田川康博:腟分泌液中インスリン様成長因子結合蛋白-1.(特集:検査値を読む).臨床雑 誌「内科」2013 年 6 月増大号.111(6):1342,2013.