神経生理学部門

研究内容概略

私たちの研究室では、マウスをモデル動物とし、最先端の電気生理学的測定法や独自に開発した「X線光遺伝学」を用いて、嗜好(好き嫌い)を生み出す神経機構や嗜好に基づく動物行動の神経回路メカニズムを研究しています。特に触覚をターゲットとし、肌触りの良さなどの触感覚が嗜好につながる神経経路や、マウス同士の接触が重要な役割を持つ社会性行動の神経回路メカニズムに着目しています。

メンバー紹介

山下貴之

山下貴之 医学部生理学II講座 教授

2001年に東京大学農学部卒業、2007年に同医学系研究科にて博士号取得。スイス連邦工科大学ローザンヌ校研究員、名古屋大学准教授などを経て、2020年より現職。

檀上輝子

檀上輝子 医学部生理学II講座 助教

2005年に京都大学医学部卒業、2011年に同医学研究科にて博士号取得。理化学研究所脳科学研究センター研究員などを経て、2022 年より現職。

代表論文

  1. Matsubara T, Yanagida T, Kawaguchi N, Nakano T, Yoshimoto J, Sezaki M, Takizawa H, Tsunoda SP, Horigane S, Ueda S, Takemoto-Kimura S, Kandori H, Yamanaka A, Yamashita T. Remote control of neural function by X-ray-induced scintillation. Nature Communications 12, 4478, 2021.
  2. anjo T, Toyoizumi T, Fujisawa S. Spatial representations of self and other in the hippocampus. Science 359, 213-218, 2018.

  3. Yamashita T, Petersen CCH. Target-specific membrane potential dynamics of neocortical projection neurons during goal-directed behavior. eLife 5, e15798, 2016.
  4. Danjo T, Yoshimi K, Funabiki K, Yawata S, Nakanishi S. Aversive behavior induced by optogenetic inactivation of ventral tegmental area dopamine neurons is mediated by dopamine D2 receptors in the nucleus accumbens. PNAS 111, 6455-6460, 2014.
  5. Yamashita T, Pala A, Pedrido L, Kremer Y, Welker E, Petersen CCH. Membrane potential dynamics of neocortical projection neurons driving target-specific signals. Neuron 80, 1477-1490, 2013. 
  6. Yamashita T, Eguchi K, Saitoh N, von Gersdorff H, Takahashi T. Developmental shift to a mechanism of synaptic vesicle endocytosis requiring Ca2+ nanodomain. Nature Neuroscience 13, 838-844, 2010.
  7. Yamashita T, Hige T, Takahashi T. Vesicle endocytosis requires dynamin-dependent GTP hydrolysis at a fast CNS synapse. Science 307, 124-127, 2005.

インフォメーション

神経生理学部門(医学部 生理学II)

【所在地】
〒470-1192 愛知県豊明市沓掛町田楽ケ窪 1 番地 98 藤田医科大学1号館6階604号室
【問い合わせ先】
takayuki.yamashita(at)fujita-hu.ac.jp /0562-93-2465
※(at)を@に置き換えてください