Q&A

共通

(1)高校卒業~大学入学について

  • 1.高校時代に化学(もしくは生物、物理)を履修していませんが大丈夫でしょうか?
    大丈夫です。
    多くの入学生が必ず一つ以上は履修しないで入学します。また、理科基礎のみの履修で入学する学生もいます。
    未履修科目については授業の理解に、より多くの努力をすることが必要ですが、入学後の教員のサポート等により多くの学生が単位を修得しています。

(2)大学生活について

  • 1.授業・実習は何時から何時までですか?
    平日の講義は1コマ90分で1日4コマ実施されています。
    時間は午前9時から午後4時10分までです。
    実習は17時50分に終了する場合もありますが、実習によっては時間内に終了できない場合もあります。
  • 2.土曜日にも講義がありますか?
    土曜日には、自由選択科目以外の講義をすることは原則としてありません。自由選択科目の講義時間は午前9時から午後0時10分までです。
  • 3.プログラム選択は希望通りに選択できるのですか?定員はありますか?
     3年生への進級前に本人の希望を尊重し、どちらかのプログラムを選択します。従って、定員はありません。
  • 4.2つの国家資格は卒業時に同時に取得できますか?
    取得できません。どちらか一方です。 
  • 5.授業・実習は何時から何時までですか?
    平日の講義は1コマ90分で1日4コマ(4限)実施されています。時間は午前9時から午後4時10分までです。
    自由選択科目の講義時間は午前9時から午後0時10分までです。
    実習は5限目(午後5時50分に終了)まである場合があります。また、実習はその日の課題がすべて終了するまで帰宅できませんので、場合によっては時間内に終了できない場合もあります。
     
  • 6.土曜日にも講義がありますか?
     土曜日には、自由選択科目以外の講義をすることは原則としてありません。
  • 7.卒業後は地元で働きたいと思っています。東海地区の出身ではありませんが、 地元での就職は可能ですか?
    求人は全国より大学に届きます。東海地区の出身の学生が最も多いですが、北は北海道から南は沖縄まで、全国各地の出身者が卒業しています。そして多くの学生が地元の病院や企業に就職し、活躍しています。 
  • 8.学生募集要項・入試ガイドには記載されていない、その他の必要経費(学納金 及び委託徴収金以外)を教えてください。
    「1年次・2年次」
    教科書代について
    昨年の実績で、1年次・2年次とも6~7万円が必要です。
    ノートパソコンについて
    講義、実習でノートパソコンを使用しますので、持っていない学生には担当教員が最新の機種を紹介しています。しかし、医療検査学科での一括注文は行っていません。
    白衣代について
    実習で使用するため、1年次(ロングタイプ:1着約4,000円)と2年次に(ケーシータイプ:1着約10,000円)白衣代が必要です。
    「臨床検査技師養成プログラム」
    教科書代について
    昨年の実績で、3年次は実習が多くなるため2万円前後です。4年次では卒業論文が中心になりますので、殆ど必要ありません。
    「臨床工学技士養成プログラム」
    教科書代について
    昨年の実績で、3年次に約2~3万円が必要です。4年次では学内実習、臨床実習、卒業研究が中心になりますので、殆ど必要ありません。

臨床検査技師養成プログラム

(2)大学生活について

  • 1.他大学とは異なる「臨床検査技師養成プログラム」の魅力は何ですか?
    1. 本学は臨床検査技師教育においては歴史と伝統があり、大規模施設への就職に結びつけることができます。全国で2番目(西日本では初)に設立された4年制の学科であり卒業生は5,000名を超えます。卒業生は全国の病院、企業、大学等において重要な役職で活躍しており、本学科の学生は在学中から卒業生の話を聞いたり、アドバイスをもらうことにより卒後の進路を検討することができます。
    2. 他大学に先駆けた独自の教育プログラムがあります。「臨床検査技師教育指定校」ではない本学科は、独自のプログラムで教育することが可能です。平成28年度から行われているカリキュラムでは医療現場だけでなく社会全体で活躍するべく新手法も用い コミュニケーション力や応用力、そして考える力を養います。(カリキュラムについては後述)
    3. 研究内容や環境が充実しています。4年次に全員が約5か月の卒業研究を行います。その研究内容は専門学会での発表や、専門誌への投稿も可能なほどハイレベルなものであり、大学院進学はもちろんのこと、卒後も続く研究活動を支える基盤となっています。
     
  • 2.臨地実習はどのようなところに行くのですか?
    全員が必ず本学大学病院と他施設の両方でおこないます。他施設では、大学が指定した東海4県の病院(約90施設から1か所)で実習をおこないます。その際には、新たにアパートを借りたり、高額な交通費が必要になることはありません。なお、春や夏の休暇を利用して、自分の希望する地元の病院などで実習・見学をおこなうこともできます。

(3)資格について

  • 1.細胞検査士の資格は大学時代に取得可能ですか?
    本学を卒業後(臨床検査技師国家試験合格が条件)に細胞検査士を養成する施設に入学(修業期間:7~9ヶ月間)、細胞検査士養成プログラムを有する大学院へ進学、もしくは病院勤務1年以上の実務経験を経て受験資格が取得できます。
  • 2.超音波検査士の資格は大学時代に取得可能ですか?
    本学を卒業後(臨床検査技師国家試験合格が条件)、日本超音波医学会に3年以上在籍すると受験資格が取得できます。

(4)卒業後の進路(就職)について

  • 1.短大・専門学校でも国家資格取得はできますが、違いはありますか?
    国家資格自体に違いはありませんが、卒業後の進路の幅が広がります。
    短大・専門学校と大学に届く求人では施設規模や給与待遇が異なり、大学卒では大学病院、地域の基幹病院、市職や県職などの公務員等、比較的大きな規模の施設に就職する割合が多いです。また、大学では「臨床検査」の知識や技術とともに幅広い医学知識と、再生医療、遺伝子を扱う分子生物学など最先端の科学技術も学ぶことができるため、食品・化粧品・薬品などの企業、胚培養士、警察の科学捜査研究所や鑑識、検疫所等多様な分野で活躍することが可能です。
    さらに、大学では卒業研究も充実しており、その経験から研究の道に進むことをめざす学生もいます。最先端の科学技術をさらに深く研究したい場合に大学院に進学することも可能です。
     
  • 2.卒業するとどのようなフィールドで活躍できますか?
    ・病院(大学病院、基幹病院、民間病院、クリニック)
     
    ・公務員(市民病院、県立病院、保健所など)
     
    ・検査センター:クリニックや病院から集められた検体を検査する施設
     
    ・検診センター:健康診断を専門に行う施設
     
    ・公衆衛生研究所:臨床検査、食品衛生、感染対策、環境衛生等の業務
     
    ・企業:新薬モニター、治験コーディネーター、アプリケーションスペシャリスト
        薬品・食品・化粧品・再生医療分野の研究や商品開発など
     
    ・大学教員
     
    ・胚培養士(不妊治療)
     
    ・臓器移植コーディネーター
     
    ・警察(科学捜査研究所、鑑識、法医学等)、自衛隊、検疫所
  • 3. 将来、検査の機械化・自動化によって臨床検査技師の仕事がなくなると言われましたが本当ですか?
    検査の機械化・自動化により迅速・正確に検査を行うことができるようになってきました。しかし医療の高度化・細分化や予防医学が進展していく中で、検査依頼数・新規検査項目は増え続けています。また、機械化・自動化が進んでも検査の精度管理や検査機器の運用管理には臨床検査技師が必要です。さらに、患者さんへの検査説明、検体採取、手術室や救命救急センター内での迅速検査、血管造影検査での診療支援、病院内での感染症対策、不妊治療における胚培養、遺伝カウンセリング、疾患の予防教室参画などの機械には置き換えられない新たな役割も増加の一途を辿っています。このように臨床検査の高い専門性を有する臨床検査技師は、今後も医療現場で欠かすことのできない重要な存在であり、医療現場の多くのフィールドで更なる活躍が期待される職種です。
  • 4. 臨床検査技師は就職難でしょうか?
    本学の求人状況は安定しており、就職難とは言い難いです。毎年、卒業予定者に対して約14倍の臨床検査技師の求人が届いており、100%の就職率を保っています。本学科の学生は内定獲得までに平均2.8件のエントリー数であり、一般的な大学の就活生が平均30.6社エントリーを行う(2017年3月卒に対するマイナビ調査)ことと比較すれば、就職のしやすさがお分かりいただけると思います。またその就職先は、地域の基幹病院・民間病院に41%、大学病院に20%、公務員(県立病院、市民病院、保健所など)15%、検査センター・健診センターに9%、企業・研究職9%、進学6%でした。比較的大きな施設に就職していることも特徴です。今後も安定した状態が続くでしょう。

臨床工学技士養成プログラム

(2)大学生活について

  • 1.臨床工学科では何を学ぶのですか?
    本学科では、臨床現場において患者さんの病態を理解する力、客観的論理思考を培うための工学的な知識、病態改善に向けた様々な治療機器の操作技術、そして、ヒトとの対話技術(コミュニケーションスキル)が重要と考えています。
    このため、まず、医療人としての教養、品格を備えられるよう学習します。そして、上述の知識・技術が身につけられるよう学びます。
  • 2.他大学とは異なる「臨床工学技士養成プログラム」の魅力は何ですか?
    1. 歴史と伝統のある臨床工学教育を行っています。東海地方の臨床工学技士養成大学としては最も長い歴史があります。前身の短大専攻科から受け継がれる歴史と伝統ある教育を行っています。専攻科の卒業生は全国の病院等で重要な役職につき活躍をしています。
    2. 充実した教育環境があります。臨床工学科は医学部・大学病院を持つ医療系総合大学にあります。東海地方では唯一です。本学科学生は隣接する大学病院で臨床実習を行います。そこでは、手術用支援ロボット「ダヴィンチ」をはじめとする高度先進医療に必要な最新医療機器、先端治療支援技術を学ぶことができます。大学病院に勤務する臨床工学技士は、本学出身者です。後輩である本学科の学生を、マンツーマンに近い形で時にやさしく、あるときは厳しく指導してくれます。安心して実習を行うことができます。
    3. 少人数グループによる臨床工学教育を行っています。臨床工学領域の実習は1クラスを複数グループに分けて行います。学生個々の学びを確認しながら臨床工学の知識・技術を身に付けます。 

(3)資格について

  • 1.臨床工学技士は、どんなことをする職業ですか?
    臨床工学技士は厚生労働大臣の免許を得て、医師の指示のもとに生命維持管理装置の操作および保守点検をおこなう医療技術者です。これは1987年に初めて国家資格として認められた最も新しい医療職種の一つです。人の生命を維持する上で欠かすことのできない機能を代行または補助する人工呼吸器、人工心肺装置、血液浄化(人工透析)装置、人工ペースメーカ、高気圧酸素治療装置などの医療機器を操作できる職業です。また、これらを保守点検し、人の生命維持や治療に対し重要な役割を担います。近年の医療機器の高度化によって複雑となった機器が、安全かつ効果的に働くように保守点検をおこないます。
  • 2.臨床工学技士に向いている人はどのような人ですか?
    臨床工学技士は医療機器のスペシャリストですので、機械を触ることが好きな人に向いている職業といえます。
    臨床工学技士は医療機器の操作が主ですが、ただ医療機器と向き合っていればいいというわけではありません。医療機器の操作は患者さんの治療の一つですので、「なんとかしてこの人を助けたい」という思い・情熱が必要となります。また、治療現場で働くことから患者さんと直接接することも多くなり、必然的に医師、看護師などの医療スタッフと綿密にコミュニケーションをとりながら業務することになります。
    従って、スペシャリストとして、医療・工学的知識と同じくらい重要な能力として、コミュニケーション能力が求められます。
  • 3.臨床工学技士と他の医療職との違いはなんですか?
    臨床工学技士は、治療に直接関わる専門職種で、医学の深い知識・技術と工学の知識・技術、論理思考力を併せ持ち、生命維持管理装置などの医療機器の操作のみならず、保守点検や開発にまで携わります。

(4)卒業後の進路(就職)について

  • 1.短大・専門学校でも国家資格取得はできますが、違いはありますか?
    国家資格自体に違いはありませんが、卒業後の進路の幅が広がります。
    大学病院、地域の基幹病院、市職や県職などの公務員等、比較的大きな規模の施設では高度化する医療に対応するため、大学卒以上の臨床工学技士が求められています。また、短大・専門学校卒と給与待遇も異なります。
     
  • 2.臨床工学技士は就職難でしょうか?
    平成28年度(平成29年3月まで)4年生在籍定員40名に対し、臨床工学技士として求人のあった件数は325件、求人数は785人です。就職内定率は100%(45名内定/45名)です。
    近年は、医療の安全が社会的にクローズアップされ、臨床工学技士に寄せられる期待は、大きくなってきていると考えます。高度化・複雑化する医療機器の進歩に伴い平成22年に「臨床工学技士基本業務指針2010」が公表され、臨床工学技士の業務内容が拡大されたことにより、今後の求人数も堅調に推移すると考えられます。
    また、平成26年度からは、一定条件を満たす病院で専任の臨床工学技士が、常時、院内に勤務している場合には、診療報酬加算が認められるなど、臨床工学技士のニーズはより一層高まっています。