医療科学部医療検査学科 カリキュラム

4年間のプロセス

1年次(共通)

1年次および2年次に全員、共通プログラムとして医学的・科学的な基盤となる知識と技術について修得します。2年次では専門基礎知識習得をスムーズに行うとともに、基礎医学を充分に学んだ上で3年次進級時に「臨床検査技師養成プログラム」もしくは「臨床工学技士養成プログラム」選択を自ら行います。

どんな授業をしている?

分子生物学

DNAやRNAの構造や遺伝子ゲノム、遺伝情報の流れやそのメカニズムなど、細胞のさまざまな営みを分子レベルで学びます。

医療コミュニケーション演習I

主体的に良好な人間関係を築いていけるように、コミュニケーションの基礎について学び、基本的なスキルを身に付けます。

2年次(共通)

どんな授業をしている?

病理学

病(やまい)を理(おさめる)学問です。病気になった部位を正常な部位と比べその変化や原因や解き明かす方法を学びます。

臨床微生物学実習

培地の使用法と判定法、臨床現場で汎用される固定キットの正しい使用法を学び、主要な病原菌の同定方法を習得します。

3~4年次(臨床検査技師養成プログラム)

臨床検査技師養成プログラムでは国家試験に必須なカリキュラムだけでなく、疾患を臓器別に学ぶ臨床病態学や、最先端の再生医療を学ぶ再生医療技術学など医療の高度化に対応した独自の充実したカリキュラムも学びます。

どんな授業をしている?

臨床生化学実習

生体成分を化学的な測定原理に従って分析します。試薬の調整からおこない、実習を繰り返すことで測定技術の向上をめざします。

臨床免疫学実習

古典的な試験管での沈降反応、凝集反応、溶血反応から、標識抗体法にいたるまでの免疫学的手法について実習をおこないます。

臨床生理機能実習(臨床生理検査学実習)

病院と同じ高性能の装置を使用し、心電図検査、脳波検査、呼吸機能検査、超音波検査などに必要な技術と知識を学びます。

臨床病態学演習

臨床で行われるCPC(症例検討)にもとづいて情報収集をおこない、各自が症候と検査データから病態を推測します。

3~4年次(臨床工学技士養成プログラム)

臨床工学技士養成プログラムでは、医工学的視点から医療機器の操作において定量的かつ客観的分析手法を実践するために必要な基礎工学を学びます。

どんな授業をしている?

生体計測装置学実習II

臨床でおこなわれる生体計測から臨床工学技士が関連する項目を取り上げ、実際に測定を経験することで正しい測定技術を修得します。

医用治療機器学実習

手動式除細動器、自動体外式除細動器(AED)、心臓ペースメーカ、電気メス、輸液ポンプの原理、構成、特徴について学びます

代謝機能代行技術学実習

血液透析装置を操作して、その原理や構造を確認。精度点検をおこなうと同時に、細菌汚染に対する清浄度検査に取り組みます。

臨床工学特論

3年生までに学んだ臨床工学の集大成として、人工心肺装置、血液透析装置、人工呼吸器などの重要ポイントにしぼった講義をおこないます。

実習先について

臨床検査技師養成プログラム・臨床工学技士養成プログラムの主な実習先

愛知県
  • 藤田医科大学病院
  • 藤田医科大学 ばんたね病院
  • 名古屋市立大学病院
  • 愛知県がんセンター中央病院
  • 名古屋市立東部医療センター
  • 名古屋第二赤十字病院
  • 豊橋市民病院
  • 岡崎市民病院
  • 半田市立半田病院
  • 刈谷豊田総合病院
  • 安城更生病院
  • 江南厚生病院
  • 小牧市民病院

岐阜県
  • 岐阜大学医学部附属病院
  • 大垣市民病院
  • 木沢記念病院

三重県
  • 市立四日市病院
  • 済生会松阪総合病院

静岡県
  • 浜松医科大学医学部附属病院
  • 静岡厚生病院
 
※臨床工学技士養成プログラムの実習は藤田医科大学病院・藤田医科大学 ばんたね病院となります。

医学部との合同講義

全ての患者さんに寄り添って正確な診断と最適の治療を

患者さんに『安心』『安全』な医療を提供することが『医療人』の役割です。そして、患者さんの願いを叶えるために必要なものが『チーム医療』です。本学科では『チーム医療』に必要な意識や能力を『アセンブリ』『総合講座』などを通して学びます。

アセンブリI・II・III

アセンブリIは、医療科学部と医学部の1、2年生による合同活動です。
スポーツ、芸術、学術、文化など様々な領域のグループに分かれて学部、学科の隔たりなく活動し『チーム医療』に必要な連帯意識を育みます。さらに、アセンブリII,IIIでは、医療科学部と医学部の上級学年が合同して実施する“チームベースドラーニングを用いた多職種連携医療人教育の充実”プログラムです。

総合講座

総合講座は、臨床検査学科2年生と医学部1年生による合同講義です。
緩和医療、尊厳死、在宅看護、生殖補助医療、エイズ、白血病、ハンセン病などについて、メディカルスタッフや元患者さんなどの講義を聴き、小グループに分かれて『病と死の人間学』を学びます。