医療科学部医療検査学科 学科概要

1年次から臨床現場に触れ 適性を見極めて、進路を選択

医療検査学科 学科長 市野 直浩

本学医療検査学科では、臨床検査技師と臨床工学技士のどちらをめざすかを2年次に選択し、3年次よりそれぞれの養成プログラムに進む、全国初となる独自の教育システムを採用しています(臨床検査と臨床工学の組合せとして全国初)。1年次から大学病院での見学実習などを通じて、自分の適性や興味をじっくり見極めたうえで自分にあった進路を決定できます。また、2年間の基礎医学を中心とした共通カリキュラムを受講することで、広い視野を持った臨床検査技師、臨床工学技士へ成長するための土台を築きます。講義や実習は、豊富な臨床経験を有する教員が丁寧に指導し、また、卒業研究は世界レベルの研究を行う研究室で行うこともできます。それらの学びを通して、問題発見・解決能力が磨かれ、さらに幅広い医学的知識に加え、高い分析能力も獲得することから、医療現場はもちろん、開発・研究を行う企業など多方面から求められる人材に成長できます。

アドミッション・ポリシー

求める学生像 

知識・技能
1) 臨床検査学あるいは臨床工学の専門知識を学ぶために必要な自然科学に関する基礎学力を有する人
2) 表現・コミュニケーションの基礎となる言語に関する基礎学力を有する人
 
思考力・判断力・表現力
3) さまざまな観点から物事を考え、まとめることができる人
4) 自らの考えを論理的にわかりやすく表現できる人
5) 知識を活かして多様な社会に貢献したいという意欲がある人

主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
6) 健康・医療や生命科学に強い関心があり、臨床検査学あるいは臨床工学を学ぶ意欲がある人
7) 周囲や他分野の人々とコミュニケーションを通じて良好な関係を築ける人
8) 考えや行動に責任をもち、ものごとに対して積極的に取り組む意欲と向上心を有している人

カリキュラム・ポリシー

医療検査学科では、臨床検査学ならびに臨床工学に精通した医療プロフェッショナルを養成する。
ディプロマ・ポリシーに掲げる5つの力を身につけるために基礎分野科目および専門分野科目を段階的・体系的に編成する。
専門分野科目の基礎医学系科目履修後、専門分野科目履修後にそれぞれ課題解決型学習(PBL:problem based learning)を配置し、横断的理解を図る。

1) 教育課程実施方針
・1年次から2年次前期は、基礎分野科目および一部の専門分野科目を学修する。「解剖学」「生理学」「生化学」「基礎医学実習」において人体の構造と仕組みを学び、並行して「臨床病態学総論」「臨床病態学」において、診療で取り扱う病態のメカニズム、検査、診断、治療等を学ぶ。「基礎医学PBL」により基礎医学系科目の知識の連携を図り、その後の臨床検査学ならびに臨床工学の学びにつなげる。
・2年次後期から3年次は、自ら選択したプログラムの科目を学修する。臨床検査学プログラムでは、検査法とその臨床的意義を学び、3年後期の「臨地実習」に接続する。
臨床工学プログラムでは、生命維持管理装置の操作管理法とその臨床的意義を学び、3年次後期の「臨床実習」に接続する。
・4年次前期には、1年次から3年次までに学修した科目の知識・技術を応用する卒業研究を実施して研究の基礎を学ぶ。また、次世代の医療や3年次までの学びをより深めるためプログラム横断科目を履修し、多様な社会での活動に活かす。
・4年次後期には、臨床検査学プログラムでは「生体成分分析PBL」「生理検査PBL」を、臨床工学プログラムでは「医用生体工学PBL」「安全管理学PBL」を配置して、それぞれの専門分野科目の知識を連携する。さらに「臨床医学PBL」により病態を軸に互いの専門性を理解、連携して4年間の学びを総合的に理解する。

2) 学修方法
・体系的に配置された専門分野科目の講義・演習・実習を通じて、臨床検査学あるいは臨床工学の論理的思考力、応用力、課題発見・解決力を育む。
・少人数グループのディスカッションやプレゼンテーション等を行うアクティブ・ラーニングでは、主体的に学ぶ力、協調性や自己表現力等のコミュニケーション能力を育む。
・CAP制を実施し、各年次における卒業要件科目の履修登録単位数に上限を設け、十分な学修時間を確保できるようにする。
・事前事後学修の内容と時間をシラバスに明示し、授業の予習・復習や応用的活動を通じて自律的な学修ができるようにする。
・教員のオフィスアワーを設け、授業内容の質問、履修計画やキャリアデザイン相談などができるようにする。

3) 学修成果の評価方法
・学修成果は、シラバスに明示された学修目標に即して総合的に評価する。
・学生の自己評価、学修状況や授業評価などを活用して教育方法の改善につなげる。

ディプロマ・ポリシー

医療検査学科では、医療科学部のディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す5つの力を身につけた者に『学士(医療検査科学)』の学位を授与する。

課題を解決する力
1) 幅広い教養ならびに臨床検査学あるいは臨床工学の専門的な知識・技術を身につけている。
2) 課題を発見し、科学的根拠に基づいた思考と判断により解決に向けて取り組むことができる。

連携する力
3) 医療プロフェッショナルのあり方や役割を理解し、多職種連携を実践することができる。
4) 社会におけるチームの一員として相互理解に努めることができる。
 
自律して達成する力
5) 健康・医療に関わる者として生命の尊さを認識し、倫理観と責任感をもって自らの役割を果たすことができる。

社会に貢献する力
6) 健康・医療・生命科学の学びを総合的に活用して多様な社会の課題に取り組むことができる。

創造する力
7) ものごとを自由な発想でとらえて科学的な探究と創造的な取り組みができる。