医療科学部 臨床連携ユニット
細胞機能解析学分野

ニュース&トピックス

  • 2021年8月18日
 秋山教授が「第15回日本臨床検査学教育学会学術集会」を主催致しました。
  • 2021年3月14日
 2020年度の卒業式が開催されました。卒論生のみなさん卒業おめでとうございます!

分野紹介

細胞機能解析学分野は、血液細胞、免疫細胞、細菌、ウイルスなどの細胞を取り扱い、細胞死、移植免疫、ウイルスの遺伝子解析、微生物の毒性などを研究しています。また、臨床連携ユニットとして、大学病院での輸血部、微生物・遺伝子検査室、一般臨床検査室との臨床連携をしています。さらに、大学PCRセンターでも新型コロナウイルス感染症のPCR検査も担当しています。各教員は個性的ですが、教育・研究に対する情熱は大変に熱いものがあります。是非とも、一度、研究室を訪問して下さい。大学院生も大いに歓迎します。
 

メンバー

教員

大学院生

博士課程:土井 洋輝(D3)、小笠原 篤(D2)
修士課程
:高木 利於(M2)

学部生:24名

研究内容

・植物に含まれる天然成分の細胞増殖抑制効果
・細胞死誘導メカニズムの解析

Muse Cell Analyzer

研究テーマとして、植物に含まれている天然由来成分物質の細胞増殖抑制効果とそのメカニズムを研究しています。現在は、植物ハーブであるセンシンレン(Andrographis Paniculata)に含まれているアンドログラフォリド(Andrograholide)のアポトーシス誘導メカニズムがテーマです。 実験では、白血病細胞株を使用し、アポトーシス関連項目であるAnnexin Vおよびcaspase-3/7陽性率、ミトコンドリア膜電位およびDNA断片化などを測定しています。また、ウエスタンブロット解析では、ミトコンドリア関連タンパク質としとBax、シトクロムcなども測定しています。
(秋山 秀彦)

・細菌芽胞のmicrowaveに対する抵抗性

CW培地におけるレシチナーゼ反応の確認

有芽胞菌による食中毒の原因は、作り置きによる場合が多い。芽胞の耐熱性が原因であるが、再加熱する際にmicrowaveを用いることにより食中毒が予防できるかを調べる。

Money bacteriaによる薬剤耐性菌の伝播について


開発途上国での学童の糞便より、薬剤耐性菌の検出が報告されている。抗生物質の管理が不十分であること、衛生状態が良くないことなどにより、紙幣を介して薬剤耐性菌が伝播しているかを調査する。
(今村 誠司)

・不規則抗体産生因子解析および新規治療法に関する研究
・安全で適正な輸血・細胞治療及び移植医療の推進に係る後方視的検討

HLA-DNAタイピング

安全で適正な輸血医療に関する研究を行っています。輸血は他人の細胞を輸注するという意味で広義の移植と考えられています。私たちは、患者が安心して輸血医療を受けられるようにすることを目的に研究を行っています。そのため、研究の対象は輸血の管理、輸血検査、輸血に伴う生体内での免疫反応など輸血医療全般となります。また、造血幹細胞移植や臓器移植にも携わっており、組織適合性に関する研究も行っています。研究は、藤田医科大学病院輸血部と連携して実施しています。
(松浦 秀哲)

・ヒトヘルペスウイルスの新規分子生物学的検査法開発・新規バイオマーカー探索
・ロタウイルスの分子疫学的解析

間接蛍光抗体法によるHHV-6抗体価測定

主にHuman herpesvirus 6B (HHV-6B)、ロタウイルス、水痘帯状疱疹ウイルスについての臨床ウイルス学的研究を行っています。臨床検査技師であることから、分子生物学的手法を用いた迅速診断法・変異型解析法の開発に注力しています。ワクチン導入によるロタウイルスの血清型変化の後方視的解析、水痘ワクチン接種後罹患(Breakthrough varicella)の迅速診断法を開発や、突発性発疹(HHV-6B初感染)に合併する熱性けいれんおよび急性脳炎脳症鑑別のバイオマーカー探索に取り組んでいます。
研究連携:医学部小児科学、医学部ウイルス・寄生虫学
(東本 祐紀)

・肝細胞癌の増大に関わるindoleamine 2 3-dioxygenase 2(IDO2)の役割

IDO2欠損マウスでは脂質代謝関連分子の発現が低下する。

indoleamine 2 3-dioxygenase 2(IDO2)は肝臓や腎臓などの一部の臓器で発現しており、自己免疫や癌に関わる免疫調節分子として知られているが、その生理的機能については不明な点が多い。我々は、腫瘍細胞の増殖とIDO2との関連に着目し、マウス肝細胞癌モデルにおける腫瘍の増大に関わるIDO2の役割について検討している。現在までに、1)IDO2は腫瘍部において強く発現する、2)IDO2欠損マウスでは腫瘍径が増大する、3) IDO2欠損マウスでは脂質代謝関連分子の発現が低下することが明らかとなっており、IDO2が腫瘍を抑制する働きを持つという仮説のもと、脂質代謝異常とIDO2の関連について研究を進めている。
(仲本 賢太郎)

年間行事

準備中

フォトギャラリー

  • 2021年度卒論生(秋山教授)

  • 2021年度卒論生 (東本講師)
    データ解析

  • リアルタイムPCR法での解析

  • 2021年度卒論生(仲本助教)
    安全キャビネットでの操作

  • バイオセーフティ室

学術業績

原著論文

2021

  • Inaba M, Higashimoto Y, Toyama Y, Horiguchi T, Hibino M, Iwata M, Imaizumi K, Doi Y. Diagnostic accuracy of LAMP versus PCR over the course of SARS-CoV-2 infection. Int J Infect Dis. 2021 Jun;107:195-200. doi: 10.1016/j.ijid.2021.04.018. Epub 2021 Apr 20.
  • Hiroki Miura, Masaru Ihira, Kei Kozawa, Yoshiki Kawamura, Yuki Higashimoto, Fumihiko Hattori, Tetsushi Yoshikawa. Effect of Lactococcus lactis Strain Plasma on HHV-6 and HHV-7 Shedding in Saliva: A Prospective Observational Study. Microorganisms. 9(8)
  • Kawamura Y, Hattori F, Higashimoto Y, Kozawa K, Yoshikawa T. Evaluation of varicella vaccine effectiveness during outbreaks in schools or nurseries by cross-sectional study. Vaccine 39(21) 2901-2905
  • Kawamura Y, Higashimoto Y, Miura H, Ihira M, Inaba M, Ito R, Kozawa K, Yoshikawa T. Immune response against SARS-CoV-2 in pediatric patients including young infants. Journal of medical virology 93(3) 1776-1779
  • Mizuno G, Hoshi M, Nakamoto K, Sakurai M, Nagashima K, Fujita T, Ito H, Hata T. Evaluation of red blood cell parameters provided by the UF-5000 urine auto-analyzer in patients with glomerulonephritis. Clin Chem Lab Med. 2021 Apr 28;59(9):1547-1553. doi: 10.1515/cclm-2021-0287. PMID: 33908221.
  • Takahiro Matsuno, Hideaki Matsuura, Sumie Fujii, Ami Tanaka, Masahiro Satake, Tomohiro Kinoshita, Akihiro Tomita, Yusuke Matsui, Yukari Sugiura, Yasuo Miura. Prolonged incubation period of hepatitis B in a recipient of a nucleic acid amplification test-negative hepatitis B virus window donation. Transfusion 2021.

2020

  • Fujigaki H, Takemura M, Osawa M, Sakurai A, Nakamoto K, Seto K, Fujita T, Hata T, Akiyama H, Doi Y, Saito K. Reliability of serological tests for COVID-19: comparison of three immunochromatography test kits for SARS-CoV-2 antibodies Heliyon 2020 Sep 10;6(9):e04929.P1-6.
  • Kozawa, K. Miura, H. Kawamura, Y. Tanaka, M. Kudo, K. Higashimoto, Y. Ihira, M. Yoshikawa, T. Frequency of subclinical herpes zoster in pediatric hematology-oncology patients receiving chemotherapy: A retrospective cohort analysis. Journal of Medical Virology. Volume 92, Issue 8, Pages 1260 - 12651 August 2020.
  • Hattori, F. Kozawa, K. Miura, H. Kawamura, Y. Higashimoto, Y. Yoshikawa, A. Ihira, M. Yoshikawa, T. Trend in varicella patients 4 years after implementation of universal two-dose varicella vaccination in Japan. Vaccine. Volume 38, Issue 46, Pages 7331 - 733627 October 2020.
  • Ihira M, Kawamura Y, Miura H, Hattori F, Higashimoto Y, Sugata K, Ide T, Komoto S, Taniguchi K, Yoshikawa T. Molecular characterization of rotaviruses obtained from patients with rotavirus-associated encephalitis/encephalopathy. Microbiol Immunol. 2020 Aug;64(8):541-555.doi: 10.1111/1348-0421.12827. Epub 2020 Aug 4
  • Hoshi M, Osawa Y, Nakamoto K, Morita N, Yamamoto Y, Ando T, Tashita C, Nabeshima T, Saito K. Kynurenine produced by indoleamine 2,3-dioxygenase 2 exacerbates acute liver injury by carbon tetrachloride in mice. Toxicology. 2020 May 30;438:152458. doi: 10.1016/j.tox.2020.152458. Epub 2020 Apr 11. PMID: 32289347.
  • Tashita C, Hoshi M, Hirata A, Nakamoto K, Ando T, Hattori T, Yamamoto Y, Tezuka H, Tomita H, Hara A, Saito K. Kynurenine plays an immunosuppressive role in 2,4,6-trinitrobenzene sulfate-induced colitis in mice. World J Gastroenterol. 2020 Mar 7;26(9):918-932. doi: 10.3748/wjg.v26.i9.918. PMID: 32206003; PMCID: PMC7081011.

2019

  • Higashimoto, Y. Kawamura, Y. Kuboshiki, A. Hattori, F. Miura, H. Nishimura, N. Ozaki, T. Ihira, M. Yoshikawa, T. Reliability of direct varicella zoster virus loop-mediated isothermal amplification method for rapid diagnosis of breakthrough varicella. Journal of Clinical Virology. Volume 119, Pages 53 - 58October 2019.
  • Yoshikawa, T. Ihira, M. Higashimoto, Y. Hattori, F. Miura, H. Sugata, K. Komoto, S. Taniguchi, K. Iguchi, A. Yamada, M. Ariga, T. Persistent systemic rotavirus vaccine infection in a child with X-linked severe combined immunodeficiency. Journal of Medical VirologyVolume 91, Issue 6, Pages 1008 - 1013June 2019.
  • Yamasuge W, Yamamoto Y, Fujigaki H, Hoshi M, Nakamoto K, Kunisawa K, Mouri A, Nabeshima T, Saito K. Indoleamine 2,3-dioxygenase 2 depletion suppresses tumor growth in a mouse model of Lewis lung carcinoma. Cancer Sci. 2019 Oct;110(10):3061-3067. doi: 10.1111/cas.14179. Epub 2019 Sep 25. PMID: 31444833; PMCID: PMC6778659.

2018

  • Higashimoto, Y. Ihira, M. Miyazaki, Y. Kuboshiki, A. Yoshinaga, S. Hiramatsu, H. Suzuki, R. Miyata, M. Miura, H. Komoto, S. Yukitake, J. Taniguchi, K. Kawamura, Y. Yoshikawa, T. Monitoring shedding of five genotypes of RotaTeq vaccine viruses by genotype-Specific real-Time reverse transcription-PCR assays. Journal of Clinical Microbiology. Volume 56, Issue 6June 2018
  • Hiroki Doi, Taei Matsui, Tamae Ohye, Seiji Imamura, Yuki Higashimoto, Jun Yukitake, Kuniaki Saito, Itsuro Katsuda, Hidehiko Akiyama Andrographolide derived from Andrographis paniculata (herb) shows anti-proriferative activity and anti-inflammatory effects on human monocytic leukemia cells. Fujita Medical Journal Volume 4 Issue 3 2018
  • Das P, Tokunaga E, Akiyama H, Doi H, Saito N, Shibata N. Synthesis of fluoro-functionalized diaryl-λ3-iodonium salts and their cytotoxicity against human lymphoma U937 cells Beilstein J. Org. Chem. 2018, 14, 364–372. 
  • Hiroki Doi, Taei Matsui, Tamae Ohye, Kuniaki Saito, Itsuro Katsuda, Hidehiko Akiyama. Andrographolide from the herb Andrographis paniculata induces apoptosis on cultured human leukemic cells. Fujita Medical Journal Volume 3 Issue 3 2017

アクセス

  • 細胞機能解析学分野へのアクセス ⇒ 大学3号館3階315

リンク