圏域のPCR検査を担う
-1日最大4,000件体制の構築-

愛知県からの委託に応え、保健所や空港等からの
2万5千件のPCR検査を実施

藤田医科大学は、愛知県からのPCR検査増大化の要請に応え、2020年12月22日より大学1号館3階に「藤田医科大学産学連携推進センター受託解析研究ユニット(PCR検査センター)」を新設し、三河地区保健所(豊川、新城、西尾、衣浦東部)からの検体を1日最大1,500件検査できる体制を整備しました。2021年2月には、「川崎重工業株式会社 藤田医科大学内PCR検査センター」を設置。1日最大2,500件のPCR検査を本格稼働させる事になりました。

● 2020年8月
  愛知県からのPCR検査受託開始

● 2020年10月、11月
  渡航者向けPCR検査および陰性証明書発行の実施開始
  中部国際空港PCR検査センター稼働

● 2020年12月
  藤田医科大学内に大学教員による受託解析研究ユニット稼働

● 2021年2月
  川崎重工業株式会社 藤田医科大学PCR検査センター本格稼働
  ➡ロボットによる検査実施により、検査スタッフ感染リスクゼロへ
入院患者を含めたPCR検査総数 45,000件
※2021年9月現在