急性期・周術期分野

分野教員

教授 林睦晴
准教授 酒井博崇
講師 松田奈々
大学院生 M2:13名
M1:17名

 

課題研究担当教員

 
 担当教員
林睦晴(問い合わせ先:muhayasi@fujita-hu.ac.jp)
中井滋
植西憲達
伊東昌広
船曵知弘
酒井博崇

  • 林 睦晴

  • 酒井博崇

概要

急性期・周術期分野を修了すると、修士の学位と同時に「特定行為に係る看護師の研修制度」に定められた特定行為全21区分38行為の研修修了証が授与されます。また、日本NP教育大学院協議会主催のNP資格認定試験の受験資格を得ます。当分野では「クリティカル領域」に重点を置き、「プライマリー領域」でも活躍できるNP(Nurse Practitioner)の養成を到達点に教育を行っています。
NPは、高度な医学的知識と、特定行為の修得により、患者ニーズにタイムリーに対応できる医療の提供と、チーム医療の要となることができ、自律して活躍できるという魅力があります。
藤田医科大学大学院は2015年10月1日から施行された「特定行為に係る看護師の研修制度」の指定研修機関として厚生労働大臣から認可されました。研修制度の教育基準に適合するカリキュラムは医師が教育を行います。それにより、フィジカルアセスメント、病態生理学、臨床薬理学、特定行為実践等を体系的に修得できます。
1年次は講義と演習を行い、筆記試験やOSCEで、知識と判断力・技術力・マナーなど実際の臨床現場で必要とされる臨床技能の習得を適正に評価します。2年次の臨床実習は、内科、外科、救急、集中治療室、手術室で行い、これらあらゆる分野の臨床実習は臨床指導医とFNP(Fujita Nurse Practitioner)が指導・評価を行います。また、本学の特徴として、大学病院ですべての実習を行います。この分野は出願資格として、看護師免許を有し、入学時で5年以上の実務経験を有することが必要です。
当分野では、2018年より在宅訪問診療の講義と選択実習を行い、プライマリー分野の教育も行っております。クリティカル領域でしっかりとした知識・技術を修得し、慢性期、在宅医療で展開していく事が望ましいと考えます。

研究テーマ

 
担当教員 研究テーマ
林睦晴
中井滋
植西憲達
伊東昌広
船曵知弘
  1. 特定行為を行うNPの教育システム開発に関する研究
  2. NPが担う特定行為の拡充に関する研究
  3. 心疾患を含めた急性医療における、NPの介入に伴う治療成績向上・臨床効果の研究
  4. チーム医療の観点から、周術期管理・救急医療・災害医療・高度先進医療(ロボット手術・移植医療・低侵襲手術・補助人工心臓治療など)・医療安全・医療経済に関連した研究

研究業績(発表論文・学会発表)

   2023年    
 論文
  1. Masanori Abe, Kan Kikuchi, Atsushi Wada, Shigeru Nakai , Norio Hanafusa Intermittent infusion hemodiafiltration is associated with improved survival compared to hemodialysis Renal Replacement Therapy. 2024;10 23 doi.org/10.1186/s41100-024-00540-4
  2. Norio Hanafusa, Masanori Abe, Nobuhiko Joki, Junichi Hoshino, Kan Kikuchi, Shunsuke Goto, Eiichiro Kanda, Masatomo Taniguchi, Shigeru Nakai, Toshihide Naganuma, Takeshi Hasegawa, Kenichiro Miura, Atsushi Wada, Yoshiaki Takemoto. Annual dialysis data report 2020, JSDT renal data registry Renal Replacement Therapy. 2024;10 14 doi.org/10.1186/s41100-024-00531-5
  3. Mutsuharu Hayashi.Predictors of in-hospital mortality in elderly patients with heart failure treated with tolvaptan .Fujita medical journal.2023;9 (2).
  4. Hirotaka Sakai. The effect of introducing a nurse-practitioner-led peripherally inserted central venous catheter placement program on the utilization of central venous access device: A retrospective study in Japan. The Journal of Vascular Access. June 21, 2023.
  5. Nakai S, Ito T, Shibata K, Ozawa K, Matsuoka T, Maeda K, Ohashi Y, Hamano T, Hanafusa N, Shinzato T, Ookawara S, Masakane I. Body fluid volume calculated using the uric acid kinetic model relates to the vascular event. J Artif Organs. 2023;Online ahead of print. doi: 10.1007/s10047-023-01421-z.
  6. Ohashi A, Nakatani M, Hori H, Nakai S, Tsuchida K, Hasegawa M, Tsuboi N. Effects of N-acetyl-L-tryptophan on desorption of the protein-bound uremic toxin indoxyl sulfate and effects on uremic sarcopenia. Ther Apher Dial. 2023;27(6) 1023-1027 doi: 10.1111/1744-9987.14047.
  7. Norio Hanafusa, Masanori Abe, Nobuhiko Joki, Tetsuya Ogawa, Eiichiro Kanda, Kan Kikuchi, Shunsuke Goto, Masatomo Taniguchi, Shigeru Nakai, Toshihide Naganuma, Takeshi Hasegawa, Junichi Hoshino, Kenichiro Miura, Atsushi Wada and Yoshiaki Takemoto. Annual dialysis data report 2019, JSDT Renal Data Registry. Renal Replacement Therapy 2023;9 47 doi.org/10.1186/s41100-023-00478-z
  8. Oyama S, Takahashi H, Hayashi H, Koide S, Nakai S, Takahashi K, Inaguma D, Hasegawa M, Ishii J, Yuzawa Y, Tsuboi N. Combination of brain natriuretic peptide and urinary albumin as a predictor of cardiovascular-renal events in outpatients with chronic kidney disease. Fujita Med J. 2023;9(2) 105-112 doi: 10.20407/fmj.2022-004.
  9. Hoshino J, Abe M, Hamano T, Hasegawa T, Wada A, Nakai S, Hanafusa N, Masakane I, Nitta K. Glycated albumin to glycated hemoglobin ratio and mortality in diabetic patients on dialysis: a new association. Nephrol Dial Transplant. 2023;38(5) 1309-1317 doi: 10.1093/ndt/gfac297.
  10. Hori H, Sakai K, Ohashi A, Nakai S. Chitin powder enhances growth factor production and therapeutic effects of mesenchymal stem cells in a chronic kidney disease rat model. J Artif Organs. 2023;26(3) 203-211 doi: 10.1007/s10047-022-01346-z.
  11. Shibata K, Shinzato T, Toma S, Nakai S, Kobayashi Y, Hashimoto T, Tamura K. Novel Capped-Needle Device: A Novel Safety Feature to Eliminate Air Bubbles in Hemodialysis.  Blood Purif. 2023;52(1) 54-59 doi: 10.1159/000524357.
  12. 中井 滋、菊地 勘、若井建志、和田篤志、阿部雅紀、花房規男 2022年末慢性透析患者数 “減少” の背景を分析する 日本透析医会雑誌(0914-7136) 2024 57(2) 1-17. doi.org/10.4009/jsdt.57.51
  13. 花房 規男, 阿部 雅紀, 常喜 信彦, 星野 純一, 和田 篤志, 菊地 勘, 後藤 俊介, 小川 哲也, 神田 英一郎, 谷口 正智, 中井 滋, 長沼 俊秀, 長谷川 毅, 三浦 健一郎, 武本 佳昭. わが国の慢性透析療法の現況 (2022年12月31日現在).  日本透析医学会雑誌 2023 56(12) 473-536 doi.org/10.4009/jsdt.56.473.
  14. 黒田 沙織, 井本 千秋, 種田 美和, 門嶋 洋子, 不動寺 美紀, 宮下 美子, 中井 滋, 政金 生人, 在宅血液透析における介助者の現状と継続的支援にむけての課題 日本在宅血液透析学会誌(2435-2519) 2023 3(2) 99-108.
  15. Ogata S, Nakai S. Response to "Association Between Dietary Potassium Intake and Serum Potassium in CKD". Kidney Int Rep. 2023;8(7) 1480 doi: 10.1016/j.ekir.2023.04.020.(短報)
  16. 中井 滋 透析医療の現状とこれから…日本と世界 日本透析医会雑誌(0914-7136) 2023 38(1) Page3-13.(総説)
  17. 中井 滋 【透析と麻酔】(PART1)透析医療について 透析患者の動向 LiSA 別冊(1344-932X) 2023 30巻別冊'23秋号. Page3-10 DOI:10.11477/mf.3104200348(総説)
発表
  1. 中井滋,伊藤孝仁,柴田和彦,小澤潔,松岡哲平,前田兼徳,大橋靖,濱野高行,花房規男,新里高弘,政金生人,大河原晋尿酸モデル指標は血管イベント予後と関係する. 第68回日本透析医学会学術集会総会.神戸 2023年6月16日.
  2. 高須立平,牧野真子,杉浦美佐子,鈴木むつみ,新典雄,堀秀生,大橋篤,井平勝,中井滋,長谷川みどり,坪井直毅狭窄予測のための経時的なシャント音解析. 第68回日本透析医学会学術集会総会.神戸 2023年6月16日.
  3. 蔦村琴子,大橋篤,細江眞生,高須立平,石田大賀,新典雄,堀秀生,井平勝,川口和紀,中井滋,長谷川みどり,坪井直毅.ビタミンE被覆血液透析濾過膜による血清アルブミンの酸化修飾抑制. 第68回日本透析医学会学術集会総会. 神戸 2023年6月16日.
  4. 中井 滋 .【シンポジウム7 透析導入疾患の変遷】 透析導入疾患の変遷 透析医学会統計調査より見た透析導入原疾患の変遷. 第68回日本透析医学会学術集会総会.神戸 2023年6月16日.口演(シンポジウム).
  5. 黒田 沙織, 井本 千秋, 種田 美和, 門嶋 洋子, 不動寺 美紀, 宮下 美子, 中井 滋.【ワークショップ11 在宅血液透析の課題と展望】 在宅血液透析の課題と展望 在宅血液透析介助者への継続的支援.第68回日本透析医学会学術集会総会.神戸2023年6月16日.口演(ワークショップ).
その他
【刊行物】
  1. 中井 滋 【第18章】 血液浄化療法の現況. 血液浄化療法ハンドブック(2024). 透析療法合同専門委員会 編 協同医書出版社 東京 2024 405-419
  2. 中井 滋 【第19章】 血液浄化療法の現況. 血液浄化療法ハンドブック(2023). 透析療法合同専門委員会 編 協同医書出版社 東京 2023 409-422
2022年
論文
  1. Ogata S, Akashi Y, Kato S, Oka Y, Suda A, Yoshizaki S, Maeda Y, Nishimura K, Maeda K, Nakai S. Association Between Dietary Potassium Intake Estimated From Multiple 24-Hour Urine Collections and Serum Potassium in Patients With CKD. Kidney Int Rep. 2022 8(3) 584-595 doi: 10.1016/j.ekir.2022.12.005.
  2. Aoki T, Nakai S, Uchino J, Shibata K, Shinzato T, Masakane I, Toma S, Fukui H, Matsuoka T, Kato S, Ookawara S, Ito T. Comparison of Body Fluid Volumes Determined by Kinetic Modeling and by Bioimpedance Spectroscopy. Blood Purif. 2022 51(10) 866-874 doi: 10.1159/000521563.
  3. Ogata S, Akashi Y, Sakusabe T, Yoshizaki S, Maeda Y, Nishimura K, Maeda K, Nakai S. A multiple 24-hour urine collection study indicates that kidney function decline is related to urinary sodium and potassium excretion in patients with chronic kidney disease. Kidney Int. 2022 101(1) 164-173 doi: 10.1016/j.kint.2021.10.030.
  4. 花房 規男, 阿部 雅紀, 常喜 信彦, 星野 純一, 和田 篤志, 菊地 勘, 後藤 俊介, 小川 哲也, 神田 英一郎, 谷口 正智, 中井 滋, 長沼 俊秀, 長谷川 毅, 三浦 健一郎, 武本 佳昭. わが国の慢性透析療法の現況 (2021年12月31日現在). 日本透析医学会雑誌 2022 55(12) 685-723 doi.org/10.4009/jsdt.55.665
  5.  中井 滋 【腎代替療法のすべて】(第4章)血液透析、血液透析濾過 透析効率の評価 腎と透析(0385-2156) 2022 92巻増刊 Page213-216(総説)
  6. 尾形 宗士郎, 西村 邦宏, 中井 滋 腎臓内科学 慢性腎臓病患者のナトリウム・カリウム排泄量と腎機能予後 医学のあゆみ(0039-2359) 2022 282(13) 1139-1140(総説)

 発表
  1. 中井滋.2012年発表の透析患者数推計の検証と新たな推計の試み. 第67回日本透析医学会学術集会 総会.横浜 2022年7月1日 口演
  2. 大橋篤,中井滋,堀秀生,川口和紀,中谷直史,小出滋久,長谷川みどり,坪井直毅.透析患者の蛋白質結合型尿毒素ISの除去. 第67回日本透析医学会学術集会 総会. 横浜 2022年7月1日
  3. 柴田和彦,新里高弘,當間茂樹,中井滋.クリーンボタンホール穿刺の感染防止効果. 第67回日本透析医学会学術集会 総会. 横浜 2022年7月1日
  4. 尾形宗士郎,明石優美,加藤聡史,岡祐馬,西村邦宏,前田憲志,中井 滋.慢性腎臓病患者における高カリウム血症予防のためのカリウム摂取量の提案. 第65回日本腎臓学会学術総会. 神戸 2022年6月11日
  5. 酒井博崇. 高度救命救急センターにおける診療看護師(NP)の役割.第5回日本ヒューマンヘルスケア学会学術集.
その他

【学会開催】

  1. 酒井博崇. Diversity & Specialtyから開ける診療看護師(NP)の未来.第8回日本NP学会学術集会. 学会主催, 大会長.
【講演】
  1. 中井 滋.透析医療の現状とこれから・・・日本と世界. 日本透析医会 2022年度秋期研修セミナー.高松2022年 10月9日.講演.
  2. 酒井博崇. Diversity & Specialtyから開ける診療看護師(NP)の未来.第8回日本NP学会学術集会.会長講演.

【刊行物等】

  1.  酒井博崇.Nscanデキる看護師の検査値note:南山堂
 2021年
論文
  1. Mutsuharu Hayashi.Impact of heart failure severity on bone mineral density among older patients with heart failure. Heart and vessels,2021; 36(12) 1856-1860.
  2. Mutsuharu Hayashi.Combined Assessment of D-Dimer with the Get with the Guidelines—Heart Failure Risk Score and N-Terminal Pro-B-Type Natriuretic Peptide in Patients with Acute Decompensated Heart Failure with Preserved and Reduced Ejection Fraction.Journal of Clinical Medicine,2021; 10(16) 3564-3564.
  3. Mutsuharu Hayashi.Circulating miR-489 as a potential new biomarker for idiopathic dilated cardiomyopathy. Fujita medical journal ,2021;7(1) 18-22.
  4. Mutsuharu Hayashi.Effect of cardiac rehabilitation on circulating microRNA expression in heart failure: a preliminary study. Fujita medical journal,2021; 7(3) 76-82.
  5. Mutsuharu Hayashi.Impact of physical function on indeterminable anaerobic threshold in patients with heart failure. Fujita medical journal,2021; 7(2) 65-69.
  6. Sakai Hirotaka .External validation of the MPC score for predicting the risk of peripherally inserted central catheter-associated bloodstream infections: A single-center study in Japan. Infection Control & Hospital Epidemiology.
発表
  1. 酒井博崇.高度救命救急センターで医師と協働するFujita Nurse Practitioner(FNP).第49回日本救急医学会学術集会.
  2. 酒井博崇.診療看護師(NP)における超音波検査の教育機会と臨床のおける使用頻度に関する調査.第7回日本NP学会学術集会.
その他

 【講演】

  1. 酒井博崇.SpO2モニターについて.第10回ばんたね病院健康講座.

【刊行物等】

  1.  酒井博崇.PICCの教科書: 失敗しない!挿入から管理までのポイント.南山堂.
2020年
 発表
  1. Mutsuharu Hayashi.Predictive impact of early mobilization on rehospitalization for elderly Japanese heart failure patients. Heart and vessels,2020; 35(4) 531-536 .
  2. Mutsuharu Hayashi.Urinary Liver-Type Fatty-Acid-Binding Protein Predicts Long-Term Adverse Outcomes in Medical Cardiac Intensive Care Units. Journal of clinical medicine,2020; 9(2) .
  3. Mutsuharu Hayashi.The difference in determinant factor of six-minute walking distance between sarcopenic and non-sarcopenic elderly patients with heart failure. Journal of cardiology,2020; 75(1) 42-46.
その他   【講演】
  1. 酒井博崇.高度実践看護師の役割拡大の現状と解決すべき課題.第40回日本看護科学学会学術集会交流集会.
  2. 酒井博崇.横隔膜超音波検査による予後予測の文献的検討.第6回日本NP学会学術集会.
  3. 酒井博崇.診療看護師(NP)が行うPICC挿入の有用性について-PICCチーム創設に向けて-.第6回日本NP学会学術集会.
2019年
論文
  1. 酒井博崇.救急集中治療領域における末梢挿入式中心静脈カテーテルの安全性と有用性.日本集中治療医学会誌.
発表
  1. 酒井博崇.NPによるFASTの正診率向上を目的とした教育と評価の検討.第56回日本腹部救急医学会.
  2. 酒井博崇.海外におけるNPの医療過誤から考えるNPのリスクマネージメントのあり方.第5回日本NP学会学術集会.