社会実装看護創成研究センターの学術活動紹介

今後の活動予定

2021年度

学術集会[国内]

  • 第41回日本看護科学学会学術集会
    LIVE配信:2021年12月4日(土)・5日(日)
    オンデマンド配信:2021年11月19日(金)~12月28日(火)
    English Session
    Dai M, Nakagami G, Sato A, Koyanagi H, Kohta M, Sanada H, Sugama J. Association between access to specialists and history of cellulitis among lymphedema patients in Japan.
    Oral presentation, The 41th Annual Conference of JANS.
  • 第36回日本環境感染学会学術集会 2021年9月19.20日(ハイブリッド)
    手術関連針刺し・切創防止のために何が重要か?-当院49,872件の手術データ分析-
    小澤口晶子、本村良子、三橋美野、間平珠美、小柳礼恵、深柄和彦
   一般演題:光田 益士
  • 第5回日本リンパ浮腫治療学会学術総会 2021年9月25日
   シンポジスト:臺 美佐子

セミナー・研究会等[国内]

  • 第53期藤田医科大学医学会
    口頭発表
    臺 美佐子小柳 礼恵光田 益士須釜 淳子.下肢リンパ浮腫患者の蜂窩織炎既往歴と真皮低エコ—所見との関連性

学術集会[国際]

  • The 10th International Lymphoedema Framework Conference(https://2021ilfconference.org/ ),2021年11月18日~20日
    Workshop1: Ultrasonography for prediction of cellulitis in lymphoedema
    Speakers: Junko Sugama, Misako Dai

受賞歴

  • 優秀論文賞2021:Misako Dai, Miho Shogenji, Kiyoko Matsui, Keiko Kimori, Aya Sato, Hiroko Maeba, Mayumi Okuwa, Chizuko Konya, Junko Sugama, Hiromi Sanada.Validity of pocket ultrasound device to measure thickness of subcutaneous tissue for improving upper limb lymphoedema assessment. Lymphoedema Research and Practice, 6:10-20, 2018
  • 優秀演題賞:沖田 翔平,大貝 和裕,大橋 史弥,大桑麻由美,須釜 淳子.褥瘡治癒部における生理機能と細菌叢の多様性における経時的変化,一般演題口演,第30回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会・The 9th Asia Pacific Enterostomal Therapy Nurse Association Conference (2021年7月,オンライン)

2022年度

学術集会開催

  • 第52回日本創傷治癒学会 2022年11月19日・20日
    会長:須釜 淳子 (事務局:光田 益士)

2023年度

  • 第12回国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会 2023年度
    会長:臺 美佐子