社会実装看護創成研究センター センター概要

センター長挨拶

社会実装看護創成研究センター
センター長 須釜 淳子

藤田医科大学に社会実装看護創成研究センターが創設されて2年目を迎えました。

臨床現場の技術革新が進む中、看護領域においてもロボットやInformation and Communication Technology(ICT)、Artificial Intelligence(AI)などのテクノロジーの有効活用が求められています。一方で、医工連携と異なり、看工連携の社会実装に関する理論および方法論は、未だ確立されていないのが現状です。

本センターでは、大学病院や地域包括ケア中核センターと協力し、看護実践の場でこれらの研究を推進するとともに、次世代を担う人材の育成にも取り組みます。

社会実装看護創成研究センター組織構成

社会実装看護創成研究センターは、ニーズや課題の抽出、データベース化および実装研究を行う共創型研究部門と、同部門が抽出した課題に対し看護理工学からアプローチする課題焦点型研究部門の2部門で構成されます。 生体・生活情報を導出するシステム構築やデバイス開発を通じて、健康増進や保健・医療、さらには包括ケアやまちづくりに寄与することを目指します。

  • 博士課程1年
    佐野 友香
    Sano Yuka. MHS, RN, WOCN

    ひと言

    「第一期生として、また、働きながらの学生生活は期待と共に不安も大きいです。でも、大学院の先生達と看護部からのご指導、ご支援を頂きながら頑張りたいと思います。
    同期生と共に、様々なことを学ぶ時間や研究に専念できる時間の確保は、学生の時しかできません。貴重な時間を、効率的に使えるように努力していきたいと思います。」

  • 博士課程1年
    間脇 彩奈
    Mawaki Ayana. MHS, RN

    ひと言

    「薬物療法による浮腫の研究を行います。経験豊富な先生方のご指導と様々な分野で活躍中の学生との討論を重ねて、浮腫を抱える方々のQOL向上につながる看護ケアの開発をしていきたいと思います。」

  • 修士課程1年
    田村 茂
    Tamura Shigeru. RN, CNDN

    ひと言

    「臨床で働きながらの履修となりますが、現場に活かせる研究ができるよう頑張っていきます。」

  • 修士課程1年
    西本 由美
    Nishimoto Yumi. RN, WOCN

    ひと言

    「失禁患者さんに対して皮膚トラブルとなる新たな要因を検討し、皮膚トラブルが発生しないケアの構築を目指します。」

社会実装看護創成研究センターでは大学院生を募集中です

教室説明や面談をご希望の方、当研究室への入学・進学を検討されている方は、下記連絡先までご連絡ください。
連絡先: junko.sugama .at. fujita-hu.ac.jp(教授 須釜淳子)
※メールをお送りの際は.at.を@に置き換え、送信頂きますようお願いいたします。

センター場所

藤田医科大学

センター長室:大学8号館4階(旧 医療科学部7号館)
准教授・講師各研究室:大学9号館4階(旧 情報教育センター棟)

研究会議室:大学9号館5階
実験室:大学9号館5階