藤田医科大学
橋渡し研究統括機関

橋渡し研究統括機関

  • 機関長 星長 清隆

  • 機構長 湯澤 由紀夫

  • 拠点統括 岩田 仲生

 2022年4月より藤田医科大学橋渡し研究統括機関を設置しました。
 本機関は、機関長である理事長の強いリーダーシップにより組織された「橋渡し研究統括機構(以下、統括機構という)」の下に、これまで橋渡し研究関連事業に従事してきた教育推進本部、研究推進本部、病院局の機能をそれぞれ受け継いだ3つのセンター、すなわち医師及び医師以外の橋渡し研究支援人材をトータルに教育・育成する「橋渡し研究支援人材統合教育・育成センター (2023年4月設立予定)」、学内外の最先端医療技術のシーズ探索・創出とインキュベーション機能を担う「橋渡し研究シーズ探索センター」、アカデミアで生み出された研究シーズを実臨床へ橋渡しし、薬事承認申請を目的とした社会実装機能を担う「治験・臨床研究支援センター」を3本柱とし、さらにプロジェクト全体の知財マネジメントを担当する「産官学連携推進センター」を配置した4センターによる組織体制になっています。
 従来の大学のミッションである「教育と研究」に加え、第三の柱になりつつある「社会貢献(社会的課題の解決等)」を実現し、アカデミア型の革新的医療技術の創出に貢献できるよう活動してまいります。