教育・研究施設紹介

教育病院

藤田医科大学病院(第1教育病院)

藤田医科大学に隣接する藤田医科大学病院は、一つの医療施設としては国内最多のベッド数(1,435床)を誇り、高度な医療を提供する特定機能病院です。教室との「近さ」を活かして、どの学科でも多くの実習をこの病院でおこない、医療職の先輩や患者さんとともに時間を過ごす中で、リアルな医療の現場を学びます。

藤田医科大学 ばんたね病院(第2教育病院)

名古屋の副都心・金山エリア近くに位置し、先進医療を提供する、都市型の総合病院です。現在、23診療科がありますが、各診療科の得意分野・専門分野をより系統的に活かせるセンター化を進めています。

ばんたね病院Webサイトへ

藤田医科大学 七栗記念病院(第3教育病院)

三重県津市。緩和ケアと回復期リハビリテーションに特化したユニークな病院です。週7日間集中的にリハビリをおこなう「FITprogram」は、多大な成果をあげ高い注目を集めています。

七栗記念病院Webサイトへ

藤田医科大学 岡崎医療センター(第4教育病院)

2020年4月開院の第4教育病院。愛知県岡崎市を拠点に、救急医療や大学病院ならではの高度医療を提供します。

岡崎医療センターWebサイトへ

藤田医科大学 地域包括ケア中核センター

急性期医療からのスムーズな在宅ケア移行、質の高い在宅医療・介護・福祉サービスの提供、地域包括ケア人材の教育・育成を目指す、その第一段階として「居宅介護支援事業所」「訪問看護ステーション」を開所します。地域の医療・介護・福祉各施設等と協力連携し、人材不足の解消、ケア体制の充実、高品質な医療サービスの提供を実現します。また、今後の地域医療・介護における人材の教育・研究機関として、その成果を全国へ発信します。

藤田医科大学 地域包括ケア中核センター Webサイトへ

藤田医科大学 中部国際空港診療所

中部国際空港(セントレア)内にあり、国際線・国内線の旅客や、空港を支える官庁・企業の方々などを対象に診療にあたっています。

中部国際空港診療所 Webサイトへ

研究施設

総合医科学研究所

1972年の医学部創設とともに始まった研究所。5つの研究部門を持ち、基礎および臨床医学を包括した幅広い研究が行われています。医学部生は、在学中の学生研究を通じて、本研究所を利用します。

総合医科学研究所Webサイトへ

研究支援推進センター

「科研費」などの外部資金獲得研究費の管理、「治験」関連など、さまざまな研究プロジェクトを下支えする専門組織です。疾患モデル教育研究施設や共同利用研究推進施設なども管理しています。

研究支援推進センターWebサイトへ

共同利用研究推進施設

医学部(基礎・臨床)、医療科学部、総合医科学研究所などの教職員および大学院生や学部学生が、多種多様な先端研究機器を利用できる共同利用研究施設です。

共同利用研究推進施設Webサイトへ

疾患モデル教育研究施設

医学、医療系大学には欠かせない疾患モデルに関する教育と研究をおこなう機関として設立され、全学の教員、大学院生および学部学生が研究を実施しています。

疾患モデル教育研究施設Webサイトへ

その他の教育施設

図書館

日々進化する医療技術。常に最新の情報にふれることができるよう、17万冊以上の蔵書と3千冊以上の学術雑誌を揃えています。また、館内には充分な閲覧スペースが用意されており、静かで落ち着いた雰囲気のなか、じっくりと知識を深めることができます。

図書館Webサイトへ

ビジュアルセンター

動画コンテンツ制作、大型ポスター印刷、視聴覚教材・Audio Visual機器・学習室の貸出等を行っています。 学内LANを経由して、デジタルコンテンツの動画配信もおこなっています。

ビジュアルセンターのページへ