医学部医学科 6年間の学び・カリキュラム

1年次

「良き医療人」をめざし人間形成を含めた基礎を築く

医師としての基礎を築くべく、「医学教育入門」「生命倫理学」「人の行動と心理」などを通じて医学の導入部分を学びます。また、入学直後より医療現場を見学・体験できる「早期臨床体験(Early Clinical Exposure)」を実施。医師になるためのモチベーションを高め、医療人としての自覚形成を促します。さらに、「解剖学A」「組織学」では、基礎医学ならびに臨床医学を学ぶために、その基礎として必要な人体の構造と機能の基礎的知識を習得します。

どんな授業をしている?

早期臨床体験 (Early Clinical Exposure)

1年次の早期段階では、医療的な専門知識の習得を前に、基盤となる心構えを養うための実習を実施。授業は2部構成となっており、1学期はコメディカルスタッフの業務を、2学期では臨床各科の様子をそれぞれ見学します。

読書ゼミナール —科学研究の基礎Ⅰ—

医学を始めとする諸学を学ぶ上で必要な基礎的思考能力の習得と言語による表現力の啓発を目的としています。医療の世界は既にインフォームド・コンセントが広く浸透しており、患者さんやご家族の心情を汲み取った上で適切かつ的確に、かつ曖昧さを極力排して、言葉や文章によって説明できるという能力が医療従事者には強く要求されます。体験型学習の中でコミュニケーションについて学びます。

2年次

人体の構造と機能を理解し臨床医学に備える

基礎医学の講義が本格化。医学を学ぶ基盤をつくります。「解剖学B」「病理学」といった人体構造学、「生理学」「生化学」などの人体機能学、「微生物学」「ウイルス・寄生虫学」をはじめとする生体防御学など、医師としての力量に関わる非常に大切な学習ばかりです。基礎をしっかり身につけることで、3年次からの学習の理解度をより高いものにしてくれます。また、最も重要な医学研究方法である「疫学」「医学統計学」は、Evidence Bused Medicine(EBM)の考え方に基づく医療実践、医薬品の有効性評価などに関係し、その理解は不可欠なものといえます。

どんな授業をしている?

ウイルス・寄生虫学

ウイルス学は、ウイルス感染症の病態、疫学、予防を中心とした医学ウイルス学と、ウイルスをモデルとしての生命科学の2本柱からなります。寄生虫学においては、臨床的・免疫学的に重要な寄生虫症に重点を置き、各寄生虫の生物学的特性や寄生虫症の病態、免疫、症状、診断、治療などの基本的知識を習得します。また、変遷している感染症についても学習します。

解剖学B

解剖学は、医療においてすべての基礎となる学習です。医師としての力量を図る一つの指標として用いられることもあるほど、非常に重要な知識といえます。授業では献体していただいた人体を用いて解剖をおこないます。多くの人の力によって支えられている実習であることを自覚し、取り組む姿勢も必要です。

3年次

基礎医学から臨床医学へ幅広い領域を学習

基礎医学の学習から臨床医学系の学びへと歩みを進めます。医療面接の体験をおこなう「基本的診療技能Ⅰ」をはじめ「血液系」「神経系」「運動器系」「呼吸器系」から「腫瘍学」「成長・発達・小児系」まで、幅広い専門領域を学習。臨床への対応能力を徐々に身につけていきます。初診患者の診察に沿った症例学習をおこなう、少人数制の問題解決型学習「PBLⅠ」もスタート。本学のPBLは、他大学とは一線を画すオリジナルのシステムを確立しており、より質の高い学習とスキルアップが可能となっています。

どんな授業をしている?

PBLⅠ(Problem Based Learning)

PBL(Problem Based Learning)は問題解決型授業といわれ、少人数のグループで一つの課題に取り組み、課題を見つけ、調べ、結論を導くという3段階の過程を経て、知識や思考方法を習得する学習です。日本において実践が難しかったPBLを本学独自のシステムに改良。「藤田式PBL」として他大学からも注目を集めています。

Medical English Ⅱ

皆さんが学んでいく医学の情報は凄まじい勢いでグローバル化が進んでおり、英語は医師にとって他の外国語と比較にならぬ程の重要性を持っています。自ら収集した英語情報(文献やインターネットなど)を理解し、さらに、自ら英語によってプレゼンテーションできる力や医学英語領域の文献を読み解き、内容を説明できる能力を習得します。10名前後のスモールグループで学習していきます。

4年次

臨床実習に向けて知識の整理・統合を図る

臨床医学の知識を深めると同時に、基本的な手技を身につけることを学ぶ1年となります。総合医学系の科目となる「総合医学」では、これまで蓄積した知識を整理しながら統合し、臨床実習に向けた準備をおこないます。また、3年次から引き続きおこなわれる「PBLⅡ」では、より実践的な内容を通じて一歩踏み込んだ学習に。知識をいかに活用するかをしっかり考えることが大切です。さらに、「地域医療・安全管理」「法医学」では、社会と医療の関係を学ぶことで視野を広げます。

どんな授業をしている?

法医学

法律上あるいは社会的に問題となる医学的事項を研究します。医学・医療のさまざまな局面において、医師は基本的人権や公共の福祉に深く関わっていることを認識し、その上で法医学的に的確な判断をするための医学的常識を習得します。また、近年社会的にも関心の高まっている生命倫理学や医事法制など、社会と医学の接点に存在する事項についても学習します。

画像診断Ⅱ

現代の医学において、各種画像診断の占める割合は大きく、その対象は身体のあらゆる部位に及び、関連する診療科もほとんど全科にわたっています。3年次で習得した各々の画像診断法の原理と特長をもとに、4年次には、それぞれの応用と疾患ごとの各論を習得します。放射線医学に関しては、その基本に始まり、放射線診断学、核医学、放射線治療学(放射線腫瘍学)を学びます。

5年次

臨床の現場で知識と技術を定着させる

教育病院である藤田医科大学病院、ばんたね病院、七栗記念病院を中心に臨床実習をおこないます。本学では、診療参加型の臨床実習「クリニカル・クラークシップ」を導入。指導教授のもと、医療チームの一員として実際に患者さんと接しながら、この4年間で培ってきた知識や技術を定着化させ、さらに臨床に必要なレベルにまで高めていきます。臨床実習においても、自分自身で課題を見つけ、問題を解決していく姿勢が求められます。患者さんを“師”として、学ぶ姿勢を忘れずに取り組むことが大切です。

どんな授業をしている?

臨床実習(クリニカルクラークシップ)

4年次の後期から、臨床現場において実際に患者さんと接し、診療に従事しながら、これまで学んだ知識を実践的に応用。臨床に必要な知識や技術を身につけていく実習です。“医学は患者さんから学べ”の言葉どおり、患者さんの考え方・生活なども含め問題点を発見し、問題解決に向けて医者らしい思考・態度ができるようトレーニングします。そのため、臨床実習によって臨床現場を経験することは非常に重要な過程となります。学生用電子カルテを用いて患者さんのカルテを記入し、実践的な実習をおこなえるようシステムを整えています。実習時間もトータルで50週以上となりますので、これまで以上に患者さんと接する機会が増えます。

6年次

すべての学びを統合し国家試験に向けて集中する

これまでの集大成として、すべての知識や技術の再点検をおこなう1年。5年次同様、臨床実習をおこないながら実践能力を高めていくと同時に、各々の医師としてのビジョンを実現させるべく海外実習などの機会も設けています。「選択制総合医学」では、希望に応じてタイのコンケン大学をはじめ、イタリア、韓国、アメリカなどの大学へ留学が可能。日本とは違う医療の現場にふれることで、確実に視野を広げることができます。6年次の後半は、国家試験に備えた準備も集中して実施。最後の総まとめをおこないます。

どんな授業をしている?

総合医学3

5年間で身につけた知識を確かめ定着をはかる6年次において、その手助けをおこなうカリキュラムの一つです。6年次の前期におこなわれ、国家試験の出題基準をもとに、出題頻度の高い主要疾患や症候、病体生理などについて問題形式で授業を実施。実践的に知識の習得度をチェックします。 最近の国家試験では、基礎的な知識だけではなく、治療法や検査方法など臨床医的な視点が求められる問題が重視されています。視覚的教材なども使用した臨床実地問題形式の実習を通じて、臨床現場において知識をどのように適用し解釈していくかを学びます。

選択制総合医学

6年次初頭の6週間にわたり、自主的に選択した学内や学外、海外の実習先にて臨床実習プログラムを実施。多様な医療分野を体験することで知識や技術を深めていきます。中でも、医学の国際化に対応した選択制総合医学海外実習プログラムでは、海外の提携大学への留学が可能です。文化も医療状況も違う現場での体験を通して、人間としての視野も広がります。