医学部医学科 学科概要

世界標準最前線で活躍する医師を養成します

医学部長 岩田 仲生

藤田医科大学医学部は1972年の設立以来、医学・医療のさまざまな分野でリーダーとなる多くの人材を世に送り出し、日本および世界の発展に貢献してきました。そして医学部設置50周年に向けて新たなステージへ大きな変革を進めています。

「リサーチマインドの育成」、「グローバル化」、「医療、介護、最先端医療、地域医療を担う新医療人」という医学教育改革の三本柱を基軸とした教育内容の刷新を常に進めています。

私たちの目標は「医学教育日本一」です。参加型臨床実習充実のためStudentdoctorは365日医療スタッフの一員として医療現場に参画し、実臨床の中で生きた知識・技能・態度を身につけると同時に、多職種間の専門職連携を実践的に学ぶ環境は本学医学教育の大きな特徴です。伝統である、熱意ある教員による学生への密な手厚い指導の中、一人ひとりの学生諸君と実症例を共に学ぶことで血肉となる医学を身につけていくのが藤田の医学教育です。

COVID-19パンデミックの中、ICTを全面的に活用した双方向の学習システムを即座に整備し、つまずきやすい部分を抽出する試験支援システムや講義が録画され何度でも受け直せるシステム、修学度を見える化して適切な指導につなげる学修成果可視化システムなどの導入で、今まで以上に効率的かつ効果的な学びが可能になっています。
研究においては世界大学ランキングで高い評価を受けており、再生医療、がん、精神・神経、ゲノムを中心に世界レベルの研究拠点を整備しています。優れた研究の現場において学部学生が専任してリサーチに携われるStudentResearcher制度等を利用し多くの学生が在学中から世界最先端の研究活動に参加しています。

日本は今後超高齢化・人口減少社会に突入していきます。藤田医科大学は私立大学としての可能性を最大限活用し今後はアジアを中心とした世界標準での活動を基軸に発展を目指しています。一人でも多くの人の命と健康を守り、人々の幸せを実現していくため、私たちとともに学び、力を合わせていきましょう。

医学部の使命

独創的な学究精神を持った謙虚で誠実な医師を育成する。

教育目標

「独創一理」の建学の理念の下に、「リサーチマインドの涵養」、「グローバル化」、「医療、介護、最先端医療、地域医療を担う新医療人」という医学教育改革の三本柱を基軸とした教育プログラムにより、医学・医療の様々な分野でリーダーとなり得る、独創的な学究精神と国際的視野を持った謙虚で誠実な「良き医療人」を育成する。

ディプロマポリシー

藤田医科大学医学部は、「独創的な学究精神を持った謙虚で誠実な医師」となるため、所定の課程を修め医学部卒業コンピテンス・卒業コンピテンシーに定める能力を身につけた者に対して、学士(医学)の学位を授与します。

医学部卒業コンピテンス・卒業コンピテンシー

医学部の使命に基づいて、卒業時に全ての医学生が身につける能力として「卒業コンピテンス(Ⅰ〜Ⅶの7領域)」及び「卒業コンピテンシー(合計:35領域)」を定める。

Ⅰ.医師としてのプロフェッショナリズム
藤田医科大学医学部学生は、卒業時に倫理観、責任感、協調性を持って行動できる。
また、生涯にわたり、向上心を持ち自己研鑽に励むことができる。
  1. 医師として常識ある行動がとれる。
  2. 医療にかかわる法令を理解し遵守できる。
  3. 医療倫理について理解し、それに基づいて行動ができる。
  4. 個人の尊厳を尊重し、利他的、共感的に対応できる。
  5. 自己評価を怠らず、自己研鑽できる。
  6. 適切な助言、指導ができ、助言、指導を受け入れることができる。
  7. 社会から期待される医師の役割を説明できる。
  8. 生涯にわたって自律的に学び続けることができる。

Ⅱ.コミュニケーション能力
藤田医科大学医学部学生は、卒業時に、お互いの立場を尊重して、相手から信頼される関係を築き、適切なコミュニケーションを実践することができる。
  1. 患者ならびに家族との良好な人間関係が構築できる。
  2. 患者の心理・社会的背景を踏まえながら、患者ならびに家族の意思決定を支援できる。
  3. 3.医療スタッフとの円滑な意思疎通ができる。

Ⅲ.専門職連携
藤田医科大学医学部学生は、卒業時に、専門職連携を実践できる。
  1. 他職種の役割を理解し、尊重することができる。
  2. 医師の役割を理解し、これに基づいて行動することができる。
  3. 患者の健康問題を解決するために、多職種で協力することができる。

Ⅳ.医学および関連領域の知識
藤田医科大学医学部学生は、卒業時に医療の基盤となる基礎、臨床、社会医学等の知識を持ち、これらを応用できる。
  1. 人体の正常な構造と機能発達・成長・加齢・死などの生命現象および心理・行動について説明できる。
  2. 患者の病態・診断・治療を医科学やEBMなどの根拠に基づいて説明できる。
  3. 診療に必要な基礎的な医学英語力を有する。

Ⅴ.独創的探究心
藤田医科大学医学部学生は、医学研究の必要性を十分に理解し、卒業時にグローバルな視野に立って科学に興味を持ち、疑問点に対して解決するために行動することができる。
  1. 自らの考えや疑問点を検証するための科学的方法論を学び、学術・研究活動に関与することができる。
  2. 論文等の情報を適切に収集することができる。
  3. 収集した情報を論理的、批判的に吟味し、自分の意見を加えて発表できる。
  4. 海外での研究に従事することができる基礎的な語学力を有する。
  5. 研究倫理・コンプライアンス・利益相反(COI)について理解する。

Ⅵ.診療の実践
藤田医科大学医学部学生は、卒業時に患者およびその家族に対しての共感的態度をもち、科学的根拠に基づいた安全な診療を実施できる。
  1. 病歴を正確に聴取し、必要な身体診察ができる。
  2. 基本的臨床手技を安全に実施できる。
  3. 病歴・身体所見より鑑別診断を挙げ、必要な検査を選択し、その結果を評価できる。
  4. 頻度、又は、緊急性や重症度の高い疾患・病態の診断・治療の計画を立てることができる。
  5. 診療計画を立てる際、患者や家族の価値観を考慮できる。
  6. 診療録を正確に記載し、診療情報をプレゼンテーションすることができる。
  7. 症例についての要約(サマリー)を作成し、情報共有することができる。
  8. 病状説明や患者教育に参加することができる。
  9. 安全な医療を提供できる。
  10. 個人情報保護を理解し、厳守できる。

Ⅶ.社会への貢献
藤田医科大学医学部学生は、卒業時に保健・医療・福祉の施策に協力し、これらを推進し、公衆衛生の向上と増進に寄与できる。
  1. 社会と健康の係わりを理解し、疾病予防と健康増進に取り組むことができる。
  2. 保健・医療・福祉の現状を把握し、社会資源を活用してその改善を図ることができる。
  3. 地域医療・介護に貢献することができる。

カリキュラムポリシー

藤田医科大学医学部は、医学部卒業コンピテンス・卒業コンピテンシーに定めた能力を身につけた人材を育成するため、以下の方針に基づいてカリキュラムを作成し、実施します。

  1. 建学の理念である独創一理を体現する学生を養成するため、卒前から卒後に至るまで一貫した、学習成果基盤型の医学教育を行う。
  2. 段階的な教育を行うため、カリキュラムを以下の3つの課程に分ける
    1. 医・人間学系では、準備教育として自発的に学習に取り組む技術と能力の修得、並びにコミュニケーション能力の向上や多様な価値観及び文化の理解に繋がる教育を行う。
    2. 基礎系では、生命科学であると同時に臨床医学の根幹を成す基礎医学教育を行う。
    3. 臨床系では、卒業時に十分な臨床能力の修得を目指した参加型臨床実習を中心とする多様な形態の教育を行う。
  3. 医療人としてのプロフェッショナリズムを確立するため、準備教育から臨床過程に至るまで、学習段階に応じて繰り返し学ぶ学習プログラムを実施する。
  4. 準備教育から基礎、基礎から臨床など課程をまたいで教育される項目については垂直的に統合した教育プログラムを実施する。
  5. 複数の専門分野が取り扱う項目については、教育プログラムを水平的に統合して学習効率を高める。
  6. 医療チームのリーダーたりうる資質を備えるべく、専門職連携を学習する機会を持つ。
  7. 地域に貢献する医療人としての見識を備えるため、社会的及び国際的な観点から医療を考える機会を持つ。

アドミッションポリシー

  1. 「独創的な学究精神をもった謙虚で誠実な医師」の育成を使命とする藤田医科大学医学部は、卒業までに身につける能力として卒業コンピテンス・卒業コンピテンシーを定めました。本学でこれらを達成するために必要な能力・資質を有する者として、以下のような人の入学を求めています。
    1. 藤田医科大学医学部および藤田医科大学病院の理念を理解し、その発展のために尽くす決意のある人
    2. 地域の健康と福祉に貢献する熱意を有し、そのための努力を怠らない人
    3. 職業人として長く社会に貢献する意思のある人
    4. 他の医療専門職と連携して、患者および地域住民の健康問題を解決するため、主体性を持って多様な人々と協働して学び、行動しようとする姿勢を有する人
    5. 誠実で協調性に優れ、柔軟な心と広い視野を持つ人間性あふれる人に成長していくための素直な心を持ち、努力を続けられる人
    6. 自律的に自らの健康管理、社会規範の遵守ができ、計画的な行動と多面的かつ慎重な判断ができる人
    7. 以下に代表される多面的で高い学力を有する人
      英語:
      英語で記述された教科書や医学論文等を理解し、海外での臨床実習や国内外の国際的状況において十分なコミュニケーションが取れるようになっていくために必要な基礎的英語力
      数学:
      論理的、数量的な思考が十分可能であることを示す数学力
      国語:
      人間と人間との関係の中で、互いの立場や考えを尊重しながら、言語を通して円滑に相互伝達、相互理解を進めていくのに十分な国語能力と、問題を解決しようとする創造的かつ論理的な思考力
      理科:
      自然に対する関心と探究心、観察力および実験能力を前提とした深い理解とそれらによって培われた科学的態度
      地理歴史・公民:
      多様な価値観を有する国際社会において主体的に生きることや、生を尊べる平和で民主的な社会を形成するための資質と自覚に繋がる社会科の能力

アセスメントポリシー

藤田医科大学医学部は、教育課程及び科目の各レベルにおいて、達成すべき質的水準と具体的実施方法を以下の通り定め、学生の学修成果を評価します。

1.教育課程レベル
ディプロマ・ポリシーで定めた能力の達成状況を評価します。医師国家試験の合格状況・卒業要件達成状況(単位取得状況・GPA)・学生の学修達成度自己評価等の結果から、教育課程全体を通した学修成果の達成状況を評価します。
 
2.科目レベル
授業等科目のシラバスで提示された成績評価および学修目標に対する達成状況等の結果から、科目ごとの学修成果を評価します。

【データの収集と分析・改善】
 IR推進センター・教務委員会が上記データを収集し、集計を行います。集計結果は、医学部学修プログラム評価委員会、自己点検評価委員会に報告し、両委員会で評価します。評価結果は、医学部教授会及び全学教学運営委員会に報告し、医学部における継続的かつ効果的な教育の改善等に活用します。

医学部の運営体制

医学部は下記の体制で運営されています。
医学部の各種方針は、医学部長、副医学部長、教務委員長、学生指導委員長と医学部長が指名する教職員により構成させる医学部企画室会議で策定され、その方針に基づいて各委員会で具体的方策が協議され、教務・学生指導合同委員会、医学部教授会、全学教学運営委員会での審議を経て、正式に決定されます。
教育に関する立案・管理・運営は、教務委員長が責任者となり、教務委員会の下部に設置された13の委員会と常設組織である「医学教育企画室」「医学情報教育推進室」が担っています。
学生生活の改善と指導については、学生指導委員長が責任者となり、学生部・健康管理室・学友会・PSA委員会・父母の会等の関連組織や指導教員と連携をとりながら進めています。
その他、入学者選抜、ファカルティディベロプメント・スタッフディベロプメント、広報活動、個人情報の適正管理、防災対策についても専門の委員会が設置されています。

運営体制図

医学部長:岩田仲生 
副医学部長:長崎弘、廣瀬雄一 
教務委員長:高橋和男
学生指導委員長:下野洋平