学科概要

大学と病院がひとつになり、
看護実践力を育みます

看護学科 学科長 三吉 友美子

確かな実践力を持ち、誠実で謙虚な看護師を育成すること。
それが本学科の教育方針です。
実践力は、大学キャンパス内に大学病院や地域包括ケア中核センターがあり、最先端医療から在宅看護まで、実習を通して身につけます。大学病院には、多くの卒業生が勤務しており、技術や知識を教えるだけでなく、良き医療人としての考え方、在り方も伝えます。また、本学は医療系総合大学として、他の医療職をめざす学生との交流により専門職連携がしっかり学べることも特色としています。
大学と大学病院が一体となって、これからの時代に求められる看護師を育てています。

教育目標

看護学科の教育目標は、本学の教育理念を踏まえ、次のとおりとします。
  1. 看護の対象を総合的に理解し、基礎的な看護を実践できる。
  2. 看護の責任と役割を認識し、看護の自律性を身につけ、責任ある行動をとることができる。
  3. 国際的な視点を身につけ、豊かな感性を培い、多様な文化や価値観をもつ人々とのコミュニケーション能力を身につける。
  4. 対象の人権を尊重し擁護する行動をとることができる。
  5. 看護の社会的ニーズを認識し、保健・医療・福祉チームの一員として協働する能力を身につける。
  6. 看護の向上をめざして、リーダーシップ能力を発揮することができる。
  7. 専門職業人としての自己を見つめ、自主的な学習を生涯継続していく姿勢がとれる。

アドミッションポリシー

藤田医科大学保健衛生学部のアドミッションポリシーに基づいて、看護学科では以下のような学生を入学者として求めています。
  1. 人の生命のかけがえのなさを理解し、誠実で責任ある態度で臨む人
  2. 今日の社会に深い関心をもち、さまざまな文化と価値観を受け入れることができる人
  3. 他者の言葉に耳を傾け、相手を理解しようとする姿勢と協調性のある人
  4. 自分の意見や考えを、臆することなく人に伝えられる自己表現の能力をもつ人
  5. 自由な発想と独創的な探究心によって、医療の課題とその解決に自主的に取り組むことができる人
  6. 看護を通じて社会に貢献することを望み、困難な課題にもくじけない意思をもつ人
選抜方法については、保健衛生学部のアドミッションポリシーに準じます。看護学科では、基礎的学力の評価として一般入試、センター利用入試、センタープラス入試では外国語(英語)を必須とし、数学、理科(物理・化学・生物)に国語を含めた科目選択式の選抜試験を実施しています。推薦入試では、小論文と個人面接による選抜試験を実施しています。アセンブリ入試では、国際適性試験、科学適性試験などの一次選抜試験を実施し、さらに専門職連携の適性を重視した二次選抜試験を実施しています。

カリキュラムポリシー

藤田医科大学保健衛生学部のカリキュラムポリシーに基づいて、看護学科では、以下のような指針に基づいて教育課程(カリキュラム)を編成しています。
  1. 看護の対象である人を総合的に理解するために、人間性・倫理性・自発性・柔軟な論理的思考および創造性をもつ人材を育成する。
  2. 保健医療福祉のチームの一員としての責任感と協調性をもつとともに、看護の責任と役割に基づいて自律的な看護を実践できる人材を育成する。
  3. アクティブラーニングなど多様な学習形態を活用しつつ、個別指導の充実を目指した教育を行う。
  4. 実習だけでなく講義や演習においても、臨床現場の看護者と一体化した教育を行う。
  5. 国際的な視点を身につけ、多様な文化や価値観をもつ人たちとコミュニケーションをできる人材を育成する。

ディプロマポリシー

藤田医科大学保健衛生学部のディプロマポリシーに基づいて、看護学科を卒業されるみなさんは、以下の能力を修得していることになります。
  1. 看護職の基盤となる知識と技能を有している。
  2. 看護の対象である人を総合的に理解し、基礎的な看護を実践できる。
  3. 人権を擁護する看護の責任と役割、および自律性を認識し、看護職としての責任ある言動をとることができる。
  4. 専門職業人としての自己をみつめ、自主的かつ持続的な学習を生涯継続していく姿勢を身につけている。
  5. 多様な価値観があることを受入れ、適切な援助的コミュニケーションをとることができる。
  6. 保健医療福祉のチームに関わる人たちと協調し、リーダーシップやフォロワーシップを発揮することができる。
  7. 地域包括ケアの概念を基盤に、人々の生活の質を高める看護職の役割を担うことができる。
  8. 国際的視点に根ざして日本の保健・医療・福祉の動向に関心をもち、疑問を解決する姿勢をもち続けることができる。