FUJITA EDUCATION

藤田医科大学 単位互換制度

単位互換制度とは、単位互換協定を締結している大学・短期大学に所属する学生が、その締結大学が開講する科目を履修し、そこで修得した単位を所属大学の単位として認定しようとする制度です。
本制度により、自身の専攻をさらに深めることや、自身の大学にない科目を学ぶことができ、学生の皆さんの幅広い関心と興味に応じた履修の機会が大幅に拡がります。是非、活用してください。
なお、年間で履修できる科目数や取得できる単位数は、所属する大学・短期大学によって取扱いが異なりますので、事前に所属大学にて確認してください。

藤田医科大学 単位互換推進プログラム 2020年度プレビュー版 開始

本学では、2021年度よりWeb配信を活用した単位互換を計画しています。
そのプレビュー版を、2020年11月より「プラタナス」と題し、現在の医学・医療について幅広く興味深い講義(全6回)を実施します。
多くの学生の皆さんの受講をお待ちしております。

※詳細ページを公開する際は、このページにリンクを作成します。

国内外における包括協定の締結状況

学術交流協定(MOU)を締結している海外の大学

世界の17カ国、27校とMOUを締結しています。(2020年4月現在)

包括協定を締結している国内大学・自治体

教育機関

自治体

アセンブリ教育

「アセンブリ教育」は「専門職連携教育(IPE:Interprofessional Education)」です。専門職連携とは異なった専門職(他職種)と連携し、「患者の健康問題」に取り組むことです。
本学は専門職連携の重要性に開学時から着目し、アセンブリ教育を実践してきました。建学の理念である「独創一理」のもと、全ての学生が学部・学科の垣根を越えて、教員と一緒に活動します。
1年生から最終学年にかけてアセンブリⅠ~Ⅳの累進型でプログラムを提供しています。