成人・老年看護学分野

分野教員


教授 須釜淳子中村小百合
准教授 加藤睦美織田千賀子三浦由佳
講師  
助教 石亀敬子影浦直子近藤彰竹差美紗子堀田由季佳河裾永恵
助手 桂川清多
大学院生 M2:3名

 

特別研究担当教員

 
 担当教員
須釜淳子(問い合わせ先:Junko.sugama@fujita-hu.ac.jp)
中村小百合(問い合わせ先:sayuri@fujita-hu.ac.jp)
三浦由香(問い合わせ先:yuka.miura@fujita-hu.ac.jp)

  • 須釜淳子

  • 中村小百合

  • 三浦由佳

概要

 慢性的な健康問題をもつ成人・老人患者・家族の看護ケアに関する研究を看護実践との統合を図りながら行い、修士論文を作成する。特論・演習で学んだ理論や看護モデルを活用しヘルスプロモーションや慢性的障害のセルフケアに関する諸問題について探究する。  

研究テーマ

  
担当教員 研究テーマ
須釜淳子
  1. 加齢、疾患に起因するセルフケア能力低下を有する高齢者に生じる健康課題(褥瘡などの皮膚障害など)に関する研究
  2. 住み慣れた地域で生活を続ける高齢者を支える、テクノロジーを活用したケアモデルに関する研究
中村小百合
  1. 成人期にある糖尿病患者の支援に関する研究
  2. 生活習慣病の予防に関する研究
  3. コミュニケーションスキル育成に関する研究
  4. 保健医療における多職種連携に関する研究
三浦由香
  1.  加齢、疾患に起因するセルフケア能力低下を有する高齢者に生じる健康課題(摂食嚥下障害など)に関する研究
  2. 摂食嚥下機能が低下する高齢者のWell-beongを支える機器開発に関する研究

2023年度 成人・老年看護学分野新入生3名

成人・老年看護学分野教員

研究業績(発表論文・学会発表)

須釜・三浦の業績はこちらもご覧下さい。▷社会実装看護創成センター

         2024年    
論文
 
発表 
  1. 竹差美沙子,光田益士,石亀敬子三浦由佳須釜淳子. 軽尿失禁を有する地域在住の成人女性に対する失禁関連皮膚炎とQOL低下の関連性. 第33回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会. 山口 2024年5月26日
  2. 川﨑明子,小栁礼恵,須釜淳子. 体圧分布可視化が看護師の褥瘡予防に関する知識、意識、行動に与える影響:文献レビュー. 第33回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会. 山口 2024年5月26日
 その他  
   2023年
 論文
  1. Oe M, Saad SS, Jais S, Sugama J. Differences in caracteristics between first-ever foot ilcer and recurrent foot ulcer in patients with doabetes: prospective ovserbational study. Health Sci. Rep. 2024; 7 e2018. DOI: 10.1002/hsr2.2018
  2. Sayuri Nakamura, Naoko Kageura, Makoto Oe, Yuko Matsui, Tomomi Horiguchi, Terumi Ueda, Natsuko Seto, Toshihiko Yanagita, Junko Sugama.Assessment of insulin balls: A scoping review.Journal of International Nursing Research.2024,(3)1
  3. 影浦直子中村小百合,堀田由季佳, 織田千賀子,近藤 彰,鈴木敦詞,須釜淳子,竹原君江.大学病院に入院した成人期における糖尿病患者のヘルスリテラシーとその関連要因.糖尿病,2023,66(12)839-849.
  4. Tomomi Horiguchi, Sayuri Nakamura, Yuko Matsui, Terumi Ueda, Naoko Kageura, Makoto Oe, Natsuko Seto, Toshihiko Yanagita, Junko Sugama. Effectiveness of management protocol for insulin balls in diabetics: a scoping review.Diabetology International (in press).2023
  5. 中村小百合, 影浦直子, 大江真琴. 松井優子, 堀口智美, 上田映美, 瀬戸奈津子, 柳田俊彦, 須釜淳子.日本看護科学学会と日本薬理学会との共同学術企画の紹介:インスリンボールのアセスメントと予防ケアに関するスコーピングレビュー. 日本薬理学雑誌. 2023;158:178-181.
  6. 織田千賀子, 加藤睦美. 臨床判断を意図した〔VRクリティカル看図アプローチ〕の検討. 協同と教育. 2023;18:75-92.
  7. 橋本茜, 河相てる美, 堀田由季佳, 中田智子. 臨地実習における初回離床援助を見据えたLTDとシミュレーションを活用した演習の検討. 看護サイエンス学会誌. 2024;22:137-148.
発表
  1. Mawaki A, Kohta M, Yoshimura A, Haneda C, Nakatani T, Nagao S, Sugama J. In Vivo Pilot Study on the Effect of Docetaxel Injection on Vascular Permeability in Mice. 2024EAFONS. (香港 March 6-7, 2024)
  2. 堀口智美,大江真琴,松井優子,上田映美,中村小百合影浦直子,瀬戸奈津子,柳田俊彦,須釜淳子.インスリンボールの管理方法:スコーピングレビュー (ポスター).第43回日本看護科学学会学術集会.(2023.12.10,山口県下関市)
  3. 中村小百合影浦直子,大江真琴,松井優子,堀口智美,上田映美,瀬戸奈津子,柳田俊彦,須釜淳子.インスリンボールのアセスメント:スコーピングレビュー (ポスター).第43回日本看護科学学会学術集会.(2023.12.10,山口県下関市)
  4. 浅岡裕子.「被介護者への暴力」からの離脱を可能にした家族支援ー高齢者に対する家族内暴力事例からの考察ー (ポスター).第43回日本看護科学学会学術集会.(2023.12.9,山口県下関市)
  5. 稲熊容子,太田充彦,中村小百合,大槻眞嗣.アセンブリ教育による共感能力の向上.第16回日本保健福祉連携教育学会学術集会.(2023.11.26,愛知県豊明市)
  6. 近藤彰,加藤睦美,織田千賀子.きゅうちゃんを用いた成人看護学実習中の学生の気持ちの変化.日本協同教育学会第19回大会.(2023.11.5,広島県広島市)
  7. 朝居朋子,織田千賀子.VR看図アプローチを活用した教科横断型の授業実践報告.日本協同教育学会第19回大会.(2023.11.5,広島県広島市)
  8. 加藤睦美,織田千賀子,近藤彰,中村小百合.成人看護学演習におけるマインドマップの導入の試み.日本協同教育学会第19回大会.(2023.11.5,広島県広島市)
  9. 石田ゆき,織田千賀子.看図アプローチを活用したPBL「きゅうちゃん看護物語」の授業実践-手術療法の看護を学びあう-.日本協同教育学会第19回大会.(2023.11.5,広島県広島市)
  10. 織田千賀子,近藤彰,加藤睦美,中村小百合.「VR術後観察看図アプローチ」を経験した学生の実践報告〜病棟実習でどのような効果があったか〜.日本協同教育学会第19回大会.(2023.11.5,広島県広島市)
  11. 浅岡裕子,織田千賀子,加藤睦美,影浦直子,近藤彰,堀田由季佳,中村小百合. 看護基礎教育の演習科目におけるユニフィケーションの実態-A県面接調査からの報告-. 第55回藤田医科大学医学会学術大会.(2023.10.26,愛知県豊明市)
  12. 織田千賀子, 近藤彰, 加藤睦美, 須釜淳子, 村山陵子, 三浦由佳, 浅岡裕子, 石橋ひろ子, 中村小百合. 「リアル×VR×看図アプローチ」によるイメージギャップの変化 -主体的・対話的・対話的で深い学びがきたす効果. 第33回日本看護学教育学会学術集会. (2023.8.26,福岡) 《交流集会》
  13. 田村茂, 三鬼達人, 山崎美代, 石谷朋紀, 生駒俊裕, 會川美冬, 光田益士, 三浦由佳,須釜淳子,眞野惠好.リクライニング角度表示及びヘッドリフト機能付きベッド上での咽頭残留予防に関するエコーを用いた評価.第11回看護理工学会学術集会.(2023.6.10~6.11, 兵庫県神戸市)
  14. 西本由美, 三浦由佳, 小町茉亜莉, 湯野智香子, 中田晴美, 下出弘美, 須釜淳子. 嚥下調整食を摂取している患者の便の粘性のラインスプレッドテスト法による測定実施可能性.第32回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会. (2023.7.8~7.9,宮城県仙台市)
  15. 三浦由佳, 須釜淳子. ワークショップ救急(POCUS・横断)ポイントオブケア看護エコー最前線, 誤嚥と咽頭残留を可視化するポイントオブケア嚥下エコー. 日本超音波医学会第96回学術集会.
  16. Yuko Asaoka,Chiharu Kawakami, Megumi Yoshida, Tomoko Kato, Taketo Watsuji, Junko Honda, Mari Ikeda. Report on support by Nurse specialists in Family health nursing for cancer patients and families treated at home 16th International Family Nursing Conference.2023; June 20 – 23.
その他
【学会開催】
  1. 中村小百合.第16回日本保健福祉連携教育学会学術集会,実行委員長.

【講演】

  1. 須釜淳子. 様々な褥瘡要因に対応する体圧分散マットレスの進化. 第19回日本褥瘡学会中部地方会学術集会 (福井 2024年3月17日) 特別教育講演.
  2. 織田千賀子,朝居朋子, 藤原郁. 看護の魅力を発信. 日本私立看護系大学協会(2023.12.25) 
  3. 織田千賀子. 飽きさせない授業の作り方・進め方〜看図アプローチ協同学習を中心に〜. 岐阜県看護協会主催令和5年度看護人材現任者研修.
  4. 織田千賀子. 看図アプローチワークショップ : 看図アプローチの理論とVR×看図アプローチの実践報告,VR体験. 協同学習を用いた看護教育研究会.
  5. 織田千賀子. 協同学習を用いてVRで学ぶ教材作成の提案「リアル」✖「バーチャル」✖「看図アプローチ」, 長崎湊メディカルセンター集中治療室看護教育研修.
  6. 織田千賀子. 飽きさせない授業・研修の作り方と進め方, 日総研オンラインセミナー.
  7. 浅岡裕子. 高齢者虐待家族への支援,愛知県訪問看護ステーション協議会管理者研修.

【刊行物など】

  1. 織田千賀子.「看図アプローチ」を活用して患者理解などの感情・思考領域を教える.看護人材育成.日総研,202312-1月号,14-21.
  2. 緒方巧, 鹿内信善, 織田千賀子. 今あらためて考える協同学習の意味と効果 ; 「VR看図アプローチ : 臨場感溢れる体験から深い学びを得る看護教育の可能性」 看護教育 64 (4) 491-496.

【地域貢献】

  1. 石亀敬子, 他.豊明市・健康教育/6回コース×2回.
2022年
論文
  1. Sugama J, Ishiasi M, Ota M, Kamakura Y, Saio E, Sanada H, Nakayama T, Nomura T, Yamada M, Nakagami G, Sato N, Shibata S, Hase T, Fukada J, Miki T, Arita M, Urai T, Okawa Y, Kitamura A, Dai M, Takahashi T, Tamai T, Tobida I, Nogudhi H, Matsumoto M, Miura Y, Mukai K, Mugita Y, Yoshida M, Kurachi M, Sirasaka T, Yamane Y. Japanese clinical practice guidelines for aspiration and pharyngeal residual assessment during eating and swallowing for nursing care, Japan Journal of Nursing Science. 2022;19(4), e12496.
  2. Misako TAKESASHI, Yuko ARAHORI, Atsuko MINAGAWA, Yuki MURASE, Jun SHIMIZU. Characteristics and Aspects of Communication Skills of Japanese Nursing Students toward International Students Derived by Text Mining International Journal of Japanese nursing care practice and study. 2022;11(1):1-7.
  3. Tetsuya Nakamura, Sayuri Nakamura, Naoko Kageura, Akira Kondo, Yukika Hotta, Chikako Oda. Relationships between cognitive appraisal and roles/personality traits in basic life support, Fujita Medical Journal. 2022;9(1):22-29.
  4. 織田千賀子, 加藤睦美.「VRクリティカル看図アプローチ」による臨床判断の授業実践. 全国看図アプローチ研究会研究誌. 2022;12:10-24.
  5. 織田千賀子, 澤井彩, 足立はるゑ. 病棟勤務看護師が認知するタイムマネジメント阻害要因の検討. 日本看護医療学会雑誌. 2022;24(1):20-27.
発表
  1. 三浦由佳, 玉井奈緒, 松本勝, 永田みさ子, 須釜淳子, 真田弘美.パネルデディスカッション3「The嚥下エコー」, 誤嚥と残留物を可視化する嚥下エコーのこれまでと将来展望. 第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会.
  2. 小柳礼恵, 中村雅恵, 須釜淳子. 二分脊椎患児の成長発達段階における褥瘡 発生要因の検討. Award・Grant 選考委員会企画.第 24 回日本褥瘡学会学術集会.
  3. 影浦直子中村小百合堀田由季佳織田千賀子近藤彰須釜淳子. 成人期にある糖尿病患者のヘルスリテラシーとその関連要因. 第5回日本ヒューマンヘルスケア学会学術集会.
  4. 桂川清多中村小百合.大学病院に勤務する看護師の主観的健康感の実態とその要因の検討—仕事環境・生活習慣・職業性ストレスとの関連—. 第5回日本ヒューマンヘルスケア学会学術集会.
  5. 長谷川綾子,朝居朋子,田﨑あゆみ,中村小百合. 脳死下臓器提供事例経験が病棟看護師の負担感に与える影響. 第58回日本移植学会総会.
  6. 加藤睦美織田千賀子近藤彰中村小百合. 成人看護学実習クリティカル・周手術実習のコロナ禍での取り組み. 第54回藤田医科大学医学会学術大会.
  7. 加藤睦美織田千賀子近藤彰. 看図アプローチを用いたバーチャルナーシング藤田版の術後観察 ‐成人看護学実習直前の意気込み-. 日本協同教育学会 第 18 回大会.
  8. 織田千賀子, 川頭綾子, 加藤睦美, 近藤彰.看図アプローチを用いた バーチャルナーシング藤田版の術後観察 —手術後看護を学び始めた2年生での取り組み—. 日本協同教育学会第18回大会.
  9. 堀川眞知子, 織田千賀子, 牧野典子.コロナ禍から見えてきたLTD-NPカンファレンスの意味. 第42回 日本看護科学学会学術集会 交流集会.
  10. 織田千賀子, 加藤睦美, 近藤彰, 中村小百合浅岡裕子須釜淳子,村山陵子, 三浦由佳.臨床判断能力の育成に向けた「VR×看図アプローチ」教材 の導入 -仲間に教えたくなるそのヒミツ‐. 第42回日本看護科学学会交流集会 .
  11. 影浦直子,中畑ひとみ,梅村慶子,三吉友美子,小柳礼恵,須釜淳子. 心不全症状を増悪させないために熟練看護師が行っている看護実践. 第42回日本看護科学学会学術集会.
  12. 浅岡裕子.慢性期疾患看護の理解を促す教育手法の検討-LTD話し合い学習法を用いた取り組み-. 日本協同教育学会第18回大会.

その他

【学会開催】

  1. 須釜淳子. 褥瘡ケアにおける社会実装.第52回日本創傷治癒学会:学会主催,大会長.

【講演】

  1. 須釜淳子. 褥瘡ケアにおける社会実装.大会長講演.第52回日本創傷治癒学会.
  2. 浅岡裕子. 終末期家族看護, 豊明東郷医療介護サポートセンターかけはし一歩塾.
  3. 浅岡裕子,中谷洋子,川口真紀,渡邉恵. 家族の関係性を紐解いてみませんか 家族支援の視点から.第25回日本腎不全看護学会学術集会ワークショップ.
  4. 中村小百合影浦直子,大江真琴,松井優子,堀口智美,上田映美,瀬戸奈津子,柳田俊彦,須釜淳子. スコ-ピンレビューからみたインスリンボールの予防ケア.日本薬理学会年会第95回学術集会シンポジウム.
  5. 中村小百合. 多職種連携教育の中での看護師教育,日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会第16回大会シンポジウム.
  6. 織田千賀子.コロナ禍からみえてきた看護実践能力を高めるDXの活用. 第42回日本看護科学学会学術集会メインシンポジウム.

【刊行物など】

  1. 三浦由佳, 玉井奈緒, 松本勝, 永田みさ子, 真田弘美. 嚥下機能評価におけるエコー利用の可能性. 週間医学界新聞 (看護号) 第3467号 .
  2. 織田 千賀子, 加藤 睦美, 近藤 彰.公開!私たちのオリジナル学内演習・院内研修用動画(第8回) 看図アプローチを用いたバーチャル体験による術後観察. 看護展望 47(11) 1071-1075.
  3. 織田千賀子.新しい時代の看護実習③ VRで診る・読み解く. 日本私立大学協会 教育学術新聞 (2870).

地域貢献】

  1. 石亀敬子, 他.豊明市・健康教育/6回コース×2回.石亀敬子, 他.豊明市・健康教育.
2021年
論文
  1. 須釜淳子.看護学研究の社会実装をめざして、インプリメンテーション研究とデータサイエンスへの期待,論文をとおして学ぶ看護学におけるインプリメンテーション研究.看護研究54(6):468-477 (査読なし).
発表
  1. Sugama J:New pressure ulcer assessment using bioengineering nursing technologies. The 4th INHSP Conference, Keynote Lecture.
  2. 加藤睦美,河野啓子,高田真澄,後藤由紀,畑中純子,畑中三千代.担当社員が入院中に生活習慣保健指導を臨床看護職からうける必要性 -産業看護職の立場から-. 日本産業看護学会第10回学術集会.
  3. 織田千賀子. バーチャル体験と看図アプローチを活用した成人看護学の学内実習展開の試み. 新型コロナウイルス感染症下における看護系大学の臨地実習の在り方に関する有識者会議(第2回).
  4. 織田千賀子, 堀川 眞知子, 内田 浩江, 牧野 典子.臨地実習におけるカンファレンスに関する研究の動向と課題 . 日本看護学教育学会 2021年9月.
  5. 織田千賀子, 加藤睦美, 近藤彰, 浅岡裕子, 小池武嗣.バーチャル体験と看図アプローチを用いた手術後患者の観察の展開の試み. 2021年度 私情協 教育イノベーション大会 .
  6. 織田千賀子, 加藤睦美.バーチャル体験と看図アプローチを用いた「臨床判断」授業実践 —成人看護学学内実習における学生の学びの分析— . 日本協同教育学会 第17回大会.
  7. 堀川眞知子, 織田千賀子, 内田浩江, 牧野 典子.実習体験を教材にしたLTD-NPを用いたカンファレンスの検討-日々のカンファレンスに視点をあててー. 第41回日本科学学会学術集会交流集会.
  8. 織田千賀子, 加藤睦美. 看図アプローチを用いたバーチャル体験による臨床判断. 第16回医療系eラーニング全国交流会年次大会 .
その他

【講演】

  1. 須釜淳子.高齢者の褥瘡再発予防‐局所の外力低減ケア.第23回日本褥瘡学会学術集会(シンポジウム)
  2. 織田千賀子. バーチャル体験と看図アプローチを活用した 成人看護学の学内実習展開. 日本協同教育学会 第3回オンライン協同学習カフェ.

【刊行物】

  1. 織田 千賀子.【オンラインで学びを深める協同学習】オンラインでの授業実践とバーチャル体験による学習 コロナ禍で行った協同学習の取り組み. 看護教育 62(8) 0766-0776

【地域貢献】

  1. 石亀敬子, 他.豊明市・健康教育/6回コース×2回.
2020年
論文
  1. Sayuri Nakamura, Mihoko Itoh, Yoichiro Miki, Toshiaki Kido, Hiroyuki Kamei, Shigetaka Suzuki, Masatsugu Ohtsuki. Relationship between peer   evaluation and interprofessional self-evaluation in a joint healthcare team-based learning class involving three universities, Fujita Medical Journal. 2020;6(4):102-109.
  2. 谷口未佳子,剣持 敬,朝居朋子,明石優美,田﨑あゆみ,中村小百合. 腎移植患者の自己管理行動及び満足度に関連する要因の分析. 日本移植学会誌. 2020;55(3):307-317.
  3. 浅岡裕子. 中高年女性が入院することによって抱く役割葛藤とその関連要因. 家族看護学研究. 2020; 25(2):90-101.
発表
  1. 中村小百合,伊藤美保子,三木洋一郎,木戸利秋,亀井浩行,鈴木茂孝,宮本美穂,大槻眞嗣. チーム基盤型学習(TBL)を活用した専門職連携教育の自己評価とピア評価との関連. 第13回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会.
  2. 堀場文彰,中村小百合,太田充彦,東本祐紀,梅沢栄三,宮本美穂,伊藤美保子,小池俊行,大槻眞嗣.IPEとしてのオンライン小グループ学修の構築. 第13回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会.
  3. 織田千賀子, 堀川眞知子, 内田浩江, 牧野典子.協同学習(LTD-NP)を活用した臨地実習最終カンファレンスの試み. 日本看護研究学会.
  4. 織田千賀子, 牧野典子, 堀川眞知子, 内田浩江.実習体験を教材にした協同学習(LTD-NP)の 活用カンファレンスの試み. 第40回日本看護科学学会学術集会.
  5. 浅岡裕子. 高齢者に対する家族内暴力の要因に関する検討 家族内勢力と家族の価値観に着眼した家族支援. 第27回日本家族看護学会学術集会.
  6. 中村哲也,中村小百合織田千賀子近藤彰影浦直子堀田由季佳. 一次救命処置(BLS)実施に伴う心的ストレス要因の検討. 第52回藤田医科大学医学会学術集会.
  7. 中山朋香,中村小百合,水野暢子,皆川敦子. 術前外来で必要とする看護と不安の実態. 第52回藤田医科大学医学会学術集会.
その他   【刊行物】
  1. 織田 千賀子.【教え上手になるために!協同学習を取り入れた授業の実際】ジグソー学習法を活用した成人看護学の授業展開. 看護人材育成 17(4) 82-89.

【地域貢献】

  1. 石亀敬子, 他.豊明市・健康教育/6回コース×2回.
2019年
論文
  1.  Misako TAKESASHI, Rumi SEKO, Chiharu KONDO, Mizue AMANO. Relationship between Quality of Nursing,Difficulty of Nursing and Stress Coping Ability for Patients with Dementia in University Hospitals.International Journal of Japanese Nursing care practice and study.2019;8(1):7-17.
  2. 佐藤裕子,中村小百合. 看護師の健康関連QOLに属性、仕事環境、生活習慣、ストレス・コーピングが及ぼす影響.日本ヒューマンヘルスケア学会誌. 2019;4(2):37-48.
発表
  1. 近藤彰,加藤睦美,織田千賀子.きゅうちゃんを用いた成人看護学実習中の学生の気持ちの変化.日本協同教育学会第19回大会.(2023.11.5,広島県広島市)
  2. 朝居朋子,織田千賀子.VR看図アプローチを活用した教科横断型の授業実践報告.日本協同教育学会第19回大会.(2023.11.5,広島県広島市)
  3. 加藤睦美,織田千賀子,近藤彰,中村小百合.成人看護学演習におけるマインドマップの導入の試み.日本協同教育学会第19回大会.(2023.11.5,広島県広島市)
  4. 石田ゆき,織田千賀子.看図アプローチを活用したPBL「きゅうちゃん看護物語」の授業実践-手術療法の看護を学びあう-.日本協同教育学会第19回大会.(2023.11.5,広島県広島市)
  5. 織田千賀子,近藤彰,加藤睦美,中村小百合.「VR術後観察看図アプローチ」を経験した学生の実践報告〜病棟実習でどのような効果があったか〜.日本協同教育学会第19回大会.(2023.11.5,広島県広島市)
  6. 浅岡裕子,織田千賀子,加藤睦美,影浦直子,近藤彰,堀田由季佳,中村小百合. 看護基礎教育の演習科目におけるユニフィケーションの実態-A県面接調査からの報告-. 第55回藤田医科大学医学会学術大会.(2023.10.26,愛知県豊明市)
  7. 織田千賀子, 近藤彰, 加藤睦美, 須釜淳子, 村山陵子, 三浦由佳, 浅岡裕子, 石橋ひろ子, 中村小百合. 「リアル×VR×看図アプローチ」によるイメージギャップの変化 -主体的・対話的・対話的で深い学びがきたす効果. 第33回日本看護学教育学会学術集会. (2023.8.26,福岡) 《交流集会》
  8. 田村茂, 三鬼達人, 山崎美代, 石谷朋紀, 生駒俊裕, 會川美冬, 光田益士, 三浦由佳須釜淳子,眞野惠好.リクライニング角度表示及びヘッドリフト機能付きベッド上での咽頭残留予防に関するエコーを用いた評価.第11回看護理工学会学術集会.(2023.6.106.11, 兵庫県神戸市)
  9. 西本由美, 三浦由佳, 小町茉亜莉, 湯野智香子, 中田晴美, 下出弘美, 須釜淳子. 嚥下調整食を摂取している患者の便の粘性のラインスプレッドテスト法による測定実施可能性.第32回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会. (2023.7.8~7.9,宮城県仙台市)
  10. 三浦由佳, 須釜淳子. ワークショップ救急(POCUS・横断)ポイントオブケア看護エコー最前線, 誤嚥と咽頭残留を可視化するポイントオブケア嚥下エコー. 日本超音波医学会第96回学術集会.
  11. Yuko Asaoka,Chiharu Kawakami, Megumi Yoshida, Tomoko Kato, Taketo Watsuji, Junko Honda, Mari Ikeda. Report on support by Nurse specialists in Family health nursing for cancer patients and families treated at home 16th International Family Nursing Conference.2023; June 20 – 23.
その他  【地域貢献】
  1. 石亀敬子, 他.豊明市・健康教育/6回コース×2回.